「COBOL」のスキルは要らない メインフレーム統合ができる“魔法”の正体脱メインフレームの難しさ、どう解決?【中編】

メインフレームを巡って、プログラミング言語「COBOL」といったスキルの不足が問題になっている。COBOLができなくてもメインフレームのシステム連携を成功に導く方法とは。

2023年07月26日 05時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

API | 開発プロセス | メインフレーム


 金融系を中心に、一部の組織においてはメインフレームのニーズが根強く残っている。メインフレームを使い続ける際の課題になるのは、クラウドサービスで稼働するシステムなど、他システムとの連携だ。メインフレームと他システムを連携するためのソフトウェアを提供するRocket Softwareは、メインフレームのユーザー組織をどう支援しているのか。

「COBOL」のスキルは不要? その魔法の正体

 Rocket Softwareは、メインフレームを分散システム(複数のコンピュータが処理を分担するシステム)に移行するためのソフトウェアを提供している。同社でアジア太平洋地域担当のバイスプレジデントを務めるプラヴィーン・クマール氏によると、同社のソフトウェアを使えば、プログラミング言語「COBOL」のスキルを持っていなくても、メインフレームを分散システムに移行できる。

 他にもRocket Softwareは、ローコード/ノーコード開発ツールを使用し、「RESTful API」を構築する方法を提供している。RESTful APIは、Webアプリケーション設計のモデル「REST」(Representational State Transfer)を実装するAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)だ。RESTful APIは、メインフレームと他システムとの連携に使える。

 クマール氏によれば、RESTful APIを活用することで、メインフレーム管理者が不足している中でも、分散システムへの移行作業に取り組むことが可能になるという。「RESTful APIによってメインフレーム用に構築済みのアプリケーションを転用できるので、IT部門の負荷を大きく減らせる」(同氏)


 後編は、クラウドネイティブなアプリケーションが台頭する中でメインフレームはどうなるのか、その「今後」を考える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...