「VPNって何?」に答えられる人の割合は?Z世代のVPN事情【前編】

以前は一部の技術者やマニア向けだったVPNを、さまざまな人が積極的に利用するようになった。VPNベンダーの調査結果を基に、VPN利用の実態を探る。

2023年08月17日 07時15分 公開
[Adrian BridgwaterTechTarget]

 2010年ごろ、「VPN」(仮想プライベートネットワーク)は技術者や一部のマニアしか知らない技術だった。ところが2020年代に入り、VPNは広く使われるツールとなった。ある調査から見えてきた、VPNの利用に関する実態とは。

VPNに慣れ親しむ人々

 VPNサービス「NordVPN」を提供するNordSec(Nord Securityの名称で事業展開)は外部機関に委託して、VPNの利用状況に関する調査を実施した。調査期間は2020年8月から2023年3月、調査対象は18カ国15万1400人だ。その結果、「VPNが何かを知っているか」という問いに、英国の回答者のうち67.9%、米国の回答者のうち66.8%が「はい」と回答した。

 調査によれば、米国の利用状況について、VPNを利用している割合が最も高いユーザー層は25歳から44歳の男性だった。この傾向は他の国でも同様だったという。米国におけるVPNユーザーの43.0%はプライバシーを守るため、33.0%のユーザーは自分のデバイスやアカウントを安全に保つためにVPNを使うと回答した。


 中編は、Z世代(1990年代半ばから2010年ごろに生まれた世代)がVPNをどう評価しているのかを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...