TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
組み込み開発の視点で見る、「IoTと組み込みセキュリティ」その概念と実装
 「Internet of Things」(IoT)はすっかり時代を象徴する言葉となった。IoTはサービス化されたインフラやプラットフォームを組み合わせることで、小さな投資で大きな効果を得られる、いわば「美しい物語」の立役者であるが、ITやICTといった技術に強く依存するためイン...(2017/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック
 従来の機械音でなく、人の声を合成して、より人間らしく自然な音声データを作成できる「音声合成ソフト」。音声ファイルの高品質化はもちろん、利用拡大とともに用途や目的別の製品も充実してきた。 外国人向けへの音声ガイダンスを作成したいなら、30カ国語以上の言語...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2017/2/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

レポート
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Windows 7は多くの個人ユーザーやユーザー企業のIT担当部門からの評価がすこぶる高い。そのような世代のWindowsで発生する移行に関する問題は、「この慣れたOSをいつまでも使い続けたい」というユーザーの要望と「当時導入した業務用アプリの新世代OS対応バージョンの開発...(2017/2/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革
 「市民が安心して暮らせるまちづくり」を目指して、ICT活用を推進する焼津市役所。同所では、職員用のノートPCがリース期限満了を迎えたことを機に、2-in-1のWindowsタブレットを導入した。「全職員へのタブレット配布」は、全国の自治体では初めてだという。 当初はこ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

事例
地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト
 総合金融グループとして福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を傘下に抱える、ふくおかフィナンシャルグループ。同グループでは、渉外行員が顧客情報を持ち出す際に規制が多く、機動力を発揮できていなかったことから、約2000台のタブレットを導入する大規模プロジェクトを実行...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
ノンコーディングアプリ開発をさらに高速に――導入前に確認したい支援サービス
 工数を削減しつつ、信頼性の高いアプリケーションを作成できるノンコーディング開発ツール。その魅力は活用の幅の広さにある。ツールのメリットをさらに引き出すためには、支援ツールやベンダーのサポートも有効に活用したい。 例えば、ベンダーが提供する支援ツールを...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
システムリリース前に脆弱性を徹底的に排除する、「シフトレフト」の導入
 セキュリティに取り組む企業は増えているものの、情報漏えい事件が減らない理由を「攻撃手法の進化」だけのせいにすることはできない。「情報漏えい事件の経路の92%はアプリケーション層が原因である」という報告を目の当たりにすると、アプリケーションから脆弱性を排...(2017/1/31 提供:株式会社アスタリスク・リサーチ)

製品資料
鍵を掛ければデータ保護は万全? 暗号化が最大効果を生む4つのポイント
 どのような企業や業務でも“社外秘”の機密情報は存在し、万が一にも漏えいしないよう慎重な取り扱いを行っているはずだ。その対策方法はさまざまだが、最近の注目は「暗号化」である。 機密データの暗号化と保管を厳重に行うのが第一歩である。次に、暗号化に用いた鍵...(2017/1/27 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

技術文書
読込時間を大幅短縮、HTTP/2活用の基礎知識――ECC対応版サーバ証明書はこう使う
 Webブラウジングを高速化するプロトコルとして、HTTP/2が脚光を浴びている。Webサイトの運営者は、ユーザーに快適な閲覧環境を提供でき、特にECサイトなどでは訪問者の離脱防止効果が期待できる他、リピーターの獲得にも期待が高まる。 Webブラウザとサーバの両方で対...(2017/1/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
暗号鍵を守る“金庫”――鍵がなければ盗難データも解読されない
 企業におけるセキュリティ対策の優先度は高まる一方であり、その重要事項の1つが暗号化である。データを暗号化・復号する際に使用される暗号鍵の保管は特に重要であり、鍵が適切に管理されていない場合、漏えいや盗難の危険性がある。つまり、どんなに強固な暗号アルゴ...(2017/1/16 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」
 クラウドが一般的になるにつれて、開発の基盤はハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアからコンテナに移行している。コンテナが評価されているのは、生成が早いためアイデアの実装に有利な点と、再現性が高いため大幅で試験的な変更も加えやすい点だ。 コンテナのメリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
“AIっぽい”サービスを作りませんか? Web APIからパーツを簡単呼び出し
 AIを利用したシステムが数多く登場している。自社でもAIを取り入れたいと考える企業もあるだろう。しかしAIの構築となれば、統計学的解析を行う機械学習、ニューラルネットワークを利用する深層学習、条件付け適応現象を実現する強化学習など、容易ではなかった。 こう...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
基礎解説:デジタルビジネスの成功に不可欠な「API公開」のポイントとは?
 あらゆる業種の企業で、モバイル、IoT、Fintechなどの新しいテクノロジーの活用により、人・デバイス・企業を結び付け価値創造するデジタルビジネスへの取り組みが始まっている。このビジネスモデルで欠かせない技術の1つとして脚光を浴びているのが「API」だ。 企業は...(2016/12/21 提供:株式会社オージス総研)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
ようこそ悩める運用管理担当者の皆さま、WaaSでアプリ互換検証の秘訣
 Windows 10では「Windows as a Service(WaaS)」という新たな提供モデルが取り入れられた。これまで数年に一度のバージョンアップやサービスパック提供が、年2回ほどの頻度で機能アップデートされる。アプリケーションの互換性検証をどうするのか。 日本マイクロソフ...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading