TechTargetジャパン

製品資料
意外と厄介な「スケジューラ増加」問題、Office 365やDynamics 365をどう連携?
 近年は、多くの企業が「Office 365」のようなグループウェアに加え、SFAやCRMなどを積極的に活用している。しかし、幾つもの製品を導入し、社内で複数のスケジュール管理機能が使われるようになった結果、スケジュールの入力や確認の手間が増え、二重登録などのミスにつ...(2017/6/30 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「PLM」入門
 PLMとは、“Product Lifecycle Management”の略であり、日本語では「製品ライフサイクル管理という。 PLMの主な目的は、企業利益の最大化のために、製品の企画、設計から生産、販売、廃棄に至るまでの“ライフサイクル全体”における製品情報を一元管理することである...(2017/7/26 提供:アイティメディア株式会社)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

事例
中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着
 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざ...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
スマホで社内Webに接続したい
 今やスマートフォンやタブレット端末を使って社外から社内Webにアクセスする仕組みそのものを構築することは難しくはない。しかし、昨今の情報漏えい事例を参照し、いかなる場合でもセキュリティを確保できる体制を構築することは簡単ではない。しかも企業の情報システ...(2016/12/21 提供:株式会社コネクトワン)

プレミアムコンテンツ
IoT開発で重要なのは、徹底した“ユーザー理解”である
 「沖縄のIT企業」と聞くと、多くの方が「営業部隊が東京などで獲得してきた案件を、沖縄にいる制作・システムチームが受託開発する」というイメージを持たれるのではないだろうか? しかし、今回紹介する「レキサス」は違う。IT・Webのサービス開発に強みを持つ同社は...(2016/12/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ徹底解剖、導入・運用・拡張をシンプル化する方法
 サーバやストレージ、ネットワークスイッチ、テープ装置などを組み合わせた旧来のシステムは、物理配線も複雑になり、運用管理に多くの工数や時間を要する。また、システムリソースの増強などが迅速に行えず、ユーザーニーズへの即応も困難となる。 そこで、これらの課...(2016/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
7つの課題に悩む“ガリガリ君の赤城乳業”を救ったクラウド
 赤城乳業といえば“人に話さずにはいられない”ネタアイスを次々と世に送り出すことで有名なアイス専業メーカーだ。赤城乳業の開発ポリシーは「遊び心にきちんとまじめに取り組む」こと。社員が遊び心いっぱいの人生を送り、商品の開発から製造、流通に至るまで遊び心を...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

事例
会社支給のiPhoneでOffice 365やBoxを活用、マクニカのモバイル端末管理法とは?
 業務におけるモバイル活用を進めるために、社員にモバイル端末を支給する企業は多い。しかし、それを十分に活用できるシステムを同時に提供できなければ、メールやスケジュール管理くらいにしか使うことができず、業務の効率化は実現できない。 半導体やネットワーク機...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

事例
テープからの移行でバックアップ運用を刷新――4社の成功事例が教える改善効果
 大容量データを低コストでバックアップする手段として普及が進んだテープメディアは、現在も多くの企業で稼働している。しかし、最近では運用の煩わしさやバックアップ時間の長さなどを理由に、ディスクメディアへと移行を図るケースが増えている。 実際の事例を見ると...(2016/7/29 提供:株式会社大塚商会)

製品資料
ネットワーク製品の専門スキル、ニッチなものでもマーケットならすぐ見つかる
 特定の高度なスキルを持つ専門家の不在で、新規顧客や新規プロジェクトの獲得機会を失うことは少なくない。必要に応じて外部のリソースを活用しようとしても、突発的に訪れた機会に対して最適な人材を見つけることは非常に難しいからだ。 しかし、ネットワーク分野に関...(2016/7/1 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

レポート
インテルが実践するOSアップグレードの「ベストプラクティス」とは?
 Windows XPからWindows 7、そしてWindows 8.1へ。インテルは過去10年間で10万台以上の社内PCを新しいOSへと移行してきた。同社ではこれらの経験を基に、新しいOSの定期的な評価やテスト手法、OS導入に関するベストプラクティスを更新している。 さらに、ベストプラクテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
いまさら聞けない「サービスロボット」基礎
 これまで、ロボット市場の中心的存在といえば「産業用ロボット」であった。しかし、ソフトバンクロボティクスが手掛ける人型ロボット「Pepper」に代表される「サービスロボット」の登場により、“人間のパートナー”としてのロボットの新たな可能性が示されようとしてい...(2016/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ従来のCRMでは「顧客に期待以上の特別な経験」を提供できないのか?
 従来のCRMシステムは、顧客に情報を伝達する手段やチャネル、その情報を管理するための組織やプロセス、技術について部門間で連携を取っていないために、一貫性のない体験を顧客に提供していた。「店舗で商品を見る」「Webサイトで情報を閲覧する」「コンタクトセンター...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
1カ月で400人時を節約、カスタマイズを重ねたサービス管理から簡単に移行する方法
 英国最大のエネルギー供給事業者のCentrica。一般家庭や企業へのガス、電力供給の他、ボイラーや電気製品などの修理も行っている。こうした業務を担当する事業部門は多様なため、同社のIT部門は約3万5000人のエンドユーザーから寄せられる広範囲にわたるサービス要件に...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
モバイル活用のために乗り越えるべき4つの課題――3社の事例に学ぶ
 多くの企業がモバイル活用を進めているが、IDC Japanが2015年3月に行った調査では、電子メールとスケジュール管理を除き、3つ以上のモバイルアプリケーションを使っていると答えた企業はわずか17%であった。 こうした現状を変えるためには、モバイル活用のための課題...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

事例
クラウドとオンプレミスのデータ転送、田辺三菱製薬が非FTP・自動化・SSL化できた理由
 営業活動の成果を多角的に分析するには、営業支援システムに入力されたデータと基幹系システムが持つデータを組み合わせることが必要だ。そして昨今のクラウドと社内システムとの連携では、さまざまな注意点が存在する。 例えば、営業支援システムはSaaSを利用し、基幹...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2015/12/22 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
保険外交員の方の個人端末利用を許可するセキュリティ手引き
 個人端末として使用できる端末のOSは、iPhone/iPad、Android、在宅PCのWindowsなどがある。利用者の個人端末にDoCANブラウザをインストールすると、ユーザーのスクリーンショットを禁止し、またウイルス検疫機能を内蔵しているため、ウイルスやスパイウェアによる情報...(2015/12/11 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
「Windowsタブレット」はどこまで広がるのか? 企業の関心と最新動向を調査結果で示す
 業務の生産性向上などで当たり前になりつつあるスマートデバイスの社内利用。しかし、実際に導入しようとするとさまざまな問題が浮上する。TechTargetジャパンではスマートデバイスの業務利用に関する課題と解決策を探るため、読者調査を実施した。 調査で聞いたのはス...(2015/10/14 提供:株式会社 日本HP)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
セイコーエプソンがアプリの開発工数を3割削減、効率化に成功した秘密とは?
 製品の一部として、あるいはマーケティングツールとして一般企業もモバイルアプリの開発や配信を手掛けるようになった現在、アプリの開発、管理、保守に掛かる手間やコストの増大に悩む企業は多い。これらの問題を解決する手法として注目されるのが、iOS・Android OSな...(2015/10/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading