TechTargetジャパン

事例
Yahoo! JAPANの月間558億PVを支える電源管理の課題解決に一役買った製品とは?
 日本を代表するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー。月間平均558億PVという膨大なアクセスを受け入れる同サイトのインフラ運用は効率化を図るためさまざまな施策が展開されている。電力管理も重要な要素の1つで、同社では電力消費量を常時把握するため、イ...(2014/10/27 提供:ラリタン・ジャパン株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
事例:ヤフーを支えるセキュアなインフラ刷新、その評価のポイントとは?
 ヤフーでは既存のコンテンツ配信プラットフォーム(CDN)の運用を開始してから4〜5年が経過し、モバイルアクセスの伸びによるトラフィック量やcps(コネクション/秒)の増大に対応するため、CDNの全面刷新を計画。新しいCDNでは従来の5倍の200Gbpsの高帯域ネットワーク...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
ヤフー、楽天、Samsungなど、OpenStackを使いこなすユーザー企業たち
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、大規模なシステムを抱えるエンタープライズ分野でも利用が進む「OpneStack」。数千、数万台の仮想サーバを含むシステムインフラを支える技術がオープンソースで使えるとあって、プライベートクラウドを検討する企業には...(2015/6/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの5万台の仮想マシンを想定したOpenStack基盤拡張計画
 日本有数のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、ビジネスの成長に伴って急増した物理サーバを集約するため、主にアプリケーション開発用にプライベートクラウド基盤を2009年から運用してきた。自社開発のAPI活用で、仮想マシン、ストレージ、ネットワ...(2014/12/5 提供:ネットアップ株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの膨大なトラフィックを支えるネットワークインフラの裏側
 1996年4月にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を開始して以来、数々の革新的事業を展開し続けているヤフー。その成長戦略に基づき同社のサービス基盤を担うのが、各地に展開するデータセンターだ。同社では、増え続けるトラフィックに対応し、安定したサービスを提供する...(2010/12/8 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
 環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成さ...(2015/11/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
システム開発商談が年間約19案件、システム開発の見込み客を効率的に発掘する方法
 ITシステムの開発・受託企業にとって、新規案件の発掘は永遠の課題だ。しかし、問い合わせを増やしたいと考えても広告予算を捻出できなかったり、新規の営業経験が少なく、どうやって営業すれば受注できるか分からないといった企業も少なくない。 本コンテンツはITサー...(2016/3/4 提供:発注ナビ株式会社)

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
 Computer Weekly日本語版 2月3日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10の将来は意外に安泰?■Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情■航空機メーカーAirbusに学ぶ、長期IT契約の切り方と契約の注意点■SEOに今すぐ使えるWeb診断・分析...(2016/2/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?
 Webはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をなくすことができずにいる。 1990年代ごろからWebサイトを脅かし続けているのが、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だ。攻撃者が悪質なクライアントサイドコードをWebページに仕込んでセキュリティを破...(2015/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
20万円から始める「標的型攻撃メール対策」の訓練と教育
 標的型攻撃は、バラマキ型ではなく、明確な目的を持って特定企業に不正なメールを送りつける。これを受け取った社員が開封し、添付ファイルをクリックすることでウイルスがシステム内に侵入、さまざまな重要情報が盗まれていく。この手口は日本年金機構での被害によって...(2015/10/5 提供:株式会社プロット)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月5日号:BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?
 Computer Weekly日本語版 8月5日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 7のサポート終了後に市場を制する「ハイブリッドデバイス」 企業は2020年のWindows 7延長サポート終了の準備を始めなければならない。そのとき、市場ではイブリッドデバイスの重要性が...(2015/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
【特別講演】大組織におけるリーン・スタートアップ
 事業や意思決定における圧倒的なスピード感を意味する「爆速」をスローガンに掲げ、矢継ぎ早に変革を進めるヤフー株式会社。2012年4月の経営陣刷新以降は、モバイルファーストの方針のもと、スマートフォンやタブレット向けの新サービスを次々と投入し、より一層の成長...(2013/11/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
攻撃ステップごとに解説、標的型攻撃の「多層的セキュリティ対策」
 企業規模の大小を問わず特定の企業や組織を標的に、機密情報を盗むことを目的に仕掛けられる標的型攻撃が猛威を振るう。こうしたサイバー攻撃に関する統計としては、「攻撃者が検出されるまでに被害者のネットワーク内に潜伏している平均日数は200日以上」「企業が被る...(2015/9/30 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
デジタル時代のプロジェクト管理製品導入戦略ガイド
 プロジェクト管理は常に頭痛の種であり、プロジェクトポートフォリオの可視性を保つことは優秀なCIOにとってもストレスが多い。 かつてほとんどの長期プロジェクトは、プロジェクト管理ソフトウェアがあればそれで十分だった。クリティカルパスの維持、計画の変更の位...(2015/9/30 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 2015年セキュリティトレンド
 常に変化し続けるITセキュリティ。攻撃者の手段を理解し、新たな脆弱性を知り、次世代の防御手段を導入することが常に求められる。 本PDFでは、攻撃者が多用したセキュリティ脆弱性、ウェアラブルデバイスで顕在化したセキュリティリスク、進化を続ける認証手段のトレ...(2015/9/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
OpenStack環境のストレージ 選定ポイント
 OpenStack環境のインフラとしてストレージに着目し、製品選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。第1章ではOpenStackのストレージ関連コンポーネントについて、第2章では各ストレージベ...(2015/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ソフトウェア定義型製品導入戦略ガイド
 ソフトウェアで何もかも定義するコンセプトはまだ登場したばかりで、適切な組み合わせの発見が成功の鍵を握る。 本稿ではコンピューティング、ネットワーク、ストレージなどを含め、あらゆるソフトウェア定義型アプローチの現実性を検討する。CIO は暫定的な製品を採用...(2015/8/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
LINE、任天堂、KONAMIも被害に、猛威を振るうリスト型攻撃への対策はあるのか?
 不正アクセス事件の発生が止まらない。従来の不正アクセスは「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)で行われていた。ハッカーが平易な単語や短いパスワードを使い、あわよくば不正ログインしようというものだ。しかし、最近では総当たり攻撃では見られない高確率で...(2015/7/31 提供:SecureWorks Japan株式会社)

レポート
スマホ時代の必須対策「常時SSL」に潜む隠れたコストと運用負荷。解決の切り札「SSL CDN」とは?
 Webサイトの常時SSL化については、GoogleがサイトランキングにおいてSSLサイトを優遇すると宣言しているように、マーケティングの観点からも導入が急がれる。常時SSL化は、非SSL通信(80ポート通信)を廃止し、SSL(443ポート通信)のみにするというものだ。米国ではSNS...(2015/7/14 提供:株式会社Jストリーム)

製品資料
設計品質のためのナレッジ活用、「3つの課題」への解決策
 製造業の設計部門では、品質問題の流出防止の他、開発リードタイムの圧縮など、広い意味での設計品質に関する問題が山積みとなっている。そして、これらの打ち手(解決策)の1つとして設計関連情報の共有強化(以下「ナレッジ活用」と呼ぶ)を挙げる企業が多く、特に中...(2015/6/4 提供:株式会社図研)

レポート
「OpenID」「SAML」はどう違う? 「シングルサインオン(SSO)」完全ガイド【後編】
 一組のID/パスワードで複数システムへのログインを可能にする「シングルサインオン」(SSO)。SSOの関連技術はさまざまだが、その中でここ数年で大きく動きつつある技術の1つに「OpenID」がある。 2005年の登場以来、米Googleをはじめとする多数のクラウドサービス事...(2015/6/3 提供:株式会社シマンテック)

Loading