TechTargetジャパン

事例
Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行
 ストレージの入出力性能は大規模システムほどボトルネックになりがちな要素だ。そこで登場するのがオールフラッシュストレージである。原理上、高速性のみならず、故障しにくさ、省スペース、低発熱などメリットが多い。 かつては容量当たりの価格がディスクよりも高か...(2017/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの月間558億PVを支える電源管理の課題解決に一役買った製品とは?
 日本を代表するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー。月間平均558億PVという膨大なアクセスを受け入れる同サイトのインフラ運用は効率化を図るためさまざまな施策が展開されている。電力管理も重要な要素の1つで、同社では電力消費量を常時把握するため、イ...(2014/10/27 提供:ラリタン・ジャパン株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
事例:ヤフーを支えるセキュアなインフラ刷新、その評価のポイントとは?
 ヤフーでは既存のコンテンツ配信プラットフォーム(CDN)の運用を開始してから4〜5年が経過し、モバイルアクセスの伸びによるトラフィック量やcps(コネクション/秒)の増大に対応するため、CDNの全面刷新を計画。新しいCDNでは従来の5倍の200Gbpsの高帯域ネットワーク...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2016/9/12 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ヤフー、楽天、Samsungなど、OpenStackを使いこなすユーザー企業たち
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、大規模なシステムを抱えるエンタープライズ分野でも利用が進む「OpneStack」。数千、数万台の仮想サーバを含むシステムインフラを支える技術がオープンソースで使えるとあって、プライベートクラウドを検討する企業には...(2015/6/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの5万台の仮想マシンを想定したOpenStack基盤拡張計画
 日本有数のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、ビジネスの成長に伴って急増した物理サーバを集約するため、主にアプリケーション開発用にプライベートクラウド基盤を2009年から運用してきた。自社開発のAPI活用で、仮想マシン、ストレージ、ネットワ...(2014/12/5 提供:ネットアップ株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの膨大なトラフィックを支えるネットワークインフラの裏側
 1996年4月にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を開始して以来、数々の革新的事業を展開し続けているヤフー。その成長戦略に基づき同社のサービス基盤を担うのが、各地に展開するデータセンターだ。同社では、増え続けるトラフィックに対応し、安定したサービスを提供する...(2010/12/8 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
 デジタルマーケティングでは、ユーザーの興味や好みに合わせた“おすすめ”商品などの情報をデジタル広告やダイレクトメールで提案する形で行う。そこで、絶対に欠かせない基本情報となるのがユーザーの行動データだ。 従来は、このデータの収集は、ユーザーが入力した...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
 環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成さ...(2015/11/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

事例
防災無線からロボットまで、人間のように話せる音声合成技術の活用法
 実在の芸能人を再現したアンドロイドや、人とコミュニケーションするロボットなど、人のように話せるロボットが人気を集めている。そこで、自然な音声ファイルを作成するために使われているのが音声合成エンジンだ。 その活用範囲は広く、大規模災害などの情報を全国に...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

技術文書
今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?
 Webはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をなくすことができずにいる。 1990年代ごろからWebサイトを脅かし続けているのが、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だ。攻撃者が悪質なクライアントサイドコードをWebページに仕込んでセキュリティを破...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグテータ分析の進化をコスト削減とともに実現する「データレイクの効用」
 データレイクは、Apache Hadoopの新しい機能として開発された「YARN」というアーキテクチャと関連性が深い。YARNは多種多様なワークロードを分散処理する司令塔として、構造化・非構造化を問わず、常にシステム内に流れ込んでくる、あるいはERPやCRMなどで蓄積されてい...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
基礎から速習する「SSL導入実践ガイド」――常時SSL時代に乗り遅れないために
 Webサイトの運営者でもそれが何かを説明できないことが多い「SSL」(Secure Socket Layer)。Web運営には欠かせないため、実際に導入を提案する際には、SSLが具体的にどのように役立つのかを分かりやすく説明できるノウハウも必要となる。 説明上手になるためには、ま...(2016/7/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
【特別講演】大組織におけるリーン・スタートアップ
 事業や意思決定における圧倒的なスピード感を意味する「爆速」をスローガンに掲げ、矢継ぎ早に変革を進めるヤフー株式会社。2012年4月の経営陣刷新以降は、モバイルファーストの方針のもと、スマートフォンやタブレット向けの新サービスを次々と投入し、より一層の成長...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“売れる”ECサイトは何が違う? リターゲティング広告を成功させる5つのヒント
 1人のユーザーがデスクトップPCやスマートフォン、タブレットなどの複数端末を使いこなすクロスデバイス時代となり、ECサイトの業務負荷は膨らむ一方だ。そのマーケティングでも端末間の「隙間」が生じ、見込み客を取りこぼすリスクが増加している。 このような状況で...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用の大前提となる「データ形成プロセス」を効率化するには?
 ビッグデータ分析を行う企業の中で、構築した分析環境に回すデータそのものの形成をストレスなく実行できている企業は少ない。また分析対象のデータの種類を増やしたり、IoTからのデータフローを分析したりするようになってから、データ形成時間の短縮やデータの信頼性...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
IDCフロンティアの「1分で接続できるVPN」を支えるルーターとは
 複数の拠点で構築したクラウドを、安全かつ高速なネットワークを利用しながら接続することで、さまざまな可能性が生まれる。互いにバックアップデータを持ち合うことで、災害対策やBCPの充実を図ることもできるし、アプリケーションの不具合が発生した場合なども、互い...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
約8割の中小企業が失敗する検索広告――成功につなげるための「5つの鉄則」とは?
 情報を探しているユーザーに直接アプローチするリスティング広告(検索広告)は、購買行動に結び付けやすいため、大企業を中心に多く企業が活用している。しかし、地域密着型の中小企業がリスティング広告で成果を挙げるのは極めて難しいとされている。 その代表的な理...(2016/7/11 提供:ReachLocal Japan Services合同会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2016/9/23 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

Loading