TechTargetジャパン

事例
「情報は量が重要」、ヤフーに学ぶ社内情報共有による業務スピード向上
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、情報共有のために社内標準の情報共有システムを構築している。それを全社、全部門、約7000人の一般社員や経営陣が日々、利用している。利用頻度も非常に高く、1日約15000ページが新規作成または更新されているという。 同社では...(2017/8/1 提供:リックソフト株式会社)

事例
Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行
 ストレージの入出力性能は大規模システムほどボトルネックになりがちな要素だ。そこで登場するのがオールフラッシュストレージである。原理上、高速性のみならず、故障しにくさ、省スペース、低発熱などメリットが多い。 かつては容量当たりの価格がディスクよりも高か...(2017/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの月間558億PVを支える電源管理の課題解決に一役買った製品とは?
 日本を代表するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー。月間平均558億PVという膨大なアクセスを受け入れる同サイトのインフラ運用は効率化を図るためさまざまな施策が展開されている。電力管理も重要な要素の1つで、同社では電力消費量を常時把握するため、イ...(2014/10/27 提供:ラリタン・ジャパン株式会社)

事例
ヤフーの「爆速経営」に追随できるVDI環境構築を可能にしたHCI導入成功の秘策
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって必須業務であるWebサイトの登録審査と登録済みサイトのパトロールでは、マルウェア感染のリスクが非常に高い。実際、この業務に用いるPCのマルウェア感染率は一般業務のPCと比べても高いという。 同社は、この問題を解決する...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ
 企業活動に欠かせないデータのバックアップは、多くの企業が取り組む課題だ。だが、Yahoo! JAPANほどの規模となると、その実現も容易ではない。求められる要件は1日当たりのデータ転送量が数十TB、バックアップサイトのデータ容量がP(ペタ)バイトレベルという極めて大...(2017/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
事例:ヤフーを支えるセキュアなインフラ刷新、その評価のポイントとは?
 ヤフーでは既存のコンテンツ配信プラットフォーム(CDN)の運用を開始してから4〜5年が経過し、モバイルアクセスの伸びによるトラフィック量やcps(コネクション/秒)の増大に対応するため、CDNの全面刷新を計画。新しいCDNでは従来の5倍の200Gbpsの高帯域ネットワーク...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2017/1/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ヤフー、楽天、Samsungなど、OpenStackを使いこなすユーザー企業たち
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、大規模なシステムを抱えるエンタープライズ分野でも利用が進む「OpneStack」。数千、数万台の仮想サーバを含むシステムインフラを支える技術がオープンソースで使えるとあって、プライベートクラウドを検討する企業には...(2015/6/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの5万台の仮想マシンを想定したOpenStack基盤拡張計画
 日本有数のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、ビジネスの成長に伴って急増した物理サーバを集約するため、主にアプリケーション開発用にプライベートクラウド基盤を2009年から運用してきた。自社開発のAPI活用で、仮想マシン、ストレージ、ネットワ...(2014/12/5 提供:ネットアップ株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの膨大なトラフィックを支えるネットワークインフラの裏側
 1996年4月にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を開始して以来、数々の革新的事業を展開し続けているヤフー。その成長戦略に基づき同社のサービス基盤を担うのが、各地に展開するデータセンターだ。同社では、増え続けるトラフィックに対応し、安定したサービスを提供する...(2010/12/8 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
 デジタルマーケティングでは、ユーザーの興味や好みに合わせた“おすすめ”商品などの情報をデジタル広告やダイレクトメールで提案する形で行う。そこで、絶対に欠かせない基本情報となるのがユーザーの行動データだ。 従来は、このデータの収集は、ユーザーが入力した...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
 従来のマスメディアを活用したマーケティングリサーチでは、消費者のニーズをつかむことが難しくなっている。そこで注目されるのが、SNSやECサイト、Q&Aサイトなどに日々投稿されるソーシャルビッグデータだ。消費者の生の意見が反映されたソーシャルビッグデータは...(2017/8/22 提供:ネイチャーインサイト株式会社)

製品資料
顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例
 Webマーケティングを取り巻く環境が多様化する中、その施策にどう取り組めばよいか分からないという企業は少なくない。そこで指針の1つとなるのが今回紹介する「Web広告費の最適化」「コンバージョンの最大化」「アトリビューション分析」「ユーザー軸の分析」の4領域だ...(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

レポート
情報・ナレッジ共有の3原則――生産性を向上させる情報基盤の作り方
 業務品質や生産性を向上させようと情報・ナレッジ共有ツールを導入したのに、想定したように情報共有が進まない。そんな課題に直面している企業の中には、その前段階である情報登録までしかシステム化できていないケースが散見される。 必要なメンバーに情報・ナレッジ...(2017/8/1 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
 環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成さ...(2015/11/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方
 複雑性の排除や限界のない拡張性などのメリットを持ち、今後企業インフラの主流になると見込まれるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。IT専門の調査企業IDCによればTCOを最大で60%削減できる製品も登場しており、多くの企業が注目している。 ただ、一口にHCIと言っ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

レポート
小売分析の「6つのトレンド」――小売業界の先例に学ぶデータ分析の傾向
 小売ビジネスも、いまや店舗に在庫を並べて売れるのを待つだけというスタイルでは通用しなくなっている。小売業や消費者向け製品を扱う企業の多く、特にリーダー企業が既に分析戦略を優先的に進めるようになっており、そのデータを経営陣や社員に開示する傾向も強まって...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

レポート
「ワークスタイル変革」の実践で分かった、日本企業の生産性が低い本当の理由
 近年、国を挙げて「ワークスタイル変革」が叫ばれる背景には、日本企業の生産性が欧米と比べて低下していることが挙げられる。これに関しては「労働時間の差」が議論されることも多いが、日米の就業者の年平均労働時間は、それほど大きくはないという。 それでは、「10...(2017/3/31 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?
 Webはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をなくすことができずにいる。 1990年代ごろからWebサイトを脅かし続けているのが、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だ。攻撃者が悪質なクライアントサイドコードをWebページに仕込んでセキュリティを破...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading