2013年07月10日 08時00分 公開
特集/連載

会計のプロが見た、クラウド会計ソフト「freee」の評価と課題新製品合同レビュー

クラウドベース、銀行口座の入出金情報を自動取得などこれまでの会計ソフトにはない先進的な機能を盛り込んだクラウド会計ソフト「freee」が注目されている。公認会計士など会計のプロはfreeeをどう評価するのか。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 これまでパッケージソフトでの提供が多かった会計ソフト。しかし、「freee」はクラウド上にプログラムを置き、Webブラウザから利用する新しい会計ソフトだ。しかも銀行口座の入出金情報やクレジットカードの取引情報を自動で取得し、複式簿記を知らなくても経理処理を行うことができる(詳しい機能については以下の記事を参照「Macでも使える「freee」は「会計ソフト難民」を救うか」)。会計のプロはこのfreeeをどう見るのか。以下の3人が集まり、freeeを開発したCFOの代表取締役 佐々木 大輔氏の話を聞いた。

レビュワー

  • 公認会計士A。個人の会計事務所を持ち、多くの中小企業を顧問先として持つ。ITベンダーやコンサルティングファームにも過去に所属し、ITシステムにも詳しい
  • 公認会計士B。大手監査法人に所属し、大企業を中心に監査業務に取り組む。経理処理のプロセスに詳しい
  • ITコンサルタント。会計パッケージの開発元に所属した経験を持ち、ITシステムや経理業務全般に詳しい

freeeへの評価

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。