2013年12月09日 08時00分 公開
特集/連載

ITよりも保守的? 若者の製造業離れが深刻に退職ラッシュで人材確保はタイムリミット寸前

「ジェネレーションギャップ」という言葉は服装や生活のスタイル、流行語など、世代ごとに大きな差異が見られる場合に用いられる。だが製造業にとって、この世代間格差ははるかに厳しい意味合いを持っている。

[Brenda Cole,TechTarget]

 米ThomasNet.comが発表した報告書『2013 Industry Market Barometer(2013年産業市場のバロメータ)』によれば、製造業には若い世代からの求職が少ないため、定年退職者の穴を埋めるのに間に合わず、製造に携わる人材が不足しているという。向こう数十年にわたって製造業界に影響を及ぼしかねない状況だ。

 ThomasNetの顧客であり、今回のIndustry Market Barometer(以下、IMB)調査に参加した米American Crane and Equipment Corporationも、こうした問題を抱える会社の1つだ。

 「必要な人材を見つけることはできている。だが、応募者の数が減りつつあり、新入社員の再教育にこれまでよりも多くの時間とコストを費やさなければならないのは確かだ」。American CraneのマーケティングおよびIT担当副社長を務めるカレン・ノーハイム氏は、そう語る。American Craneは全米に3つの工場を有し、クレーンやホイスト(巻揚げ機)など各種の資材運搬機の他、原子力応用分野の部品製造などを手掛けている。

ベテラン社員の退職ラッシュが変えた企業の意識

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...