ユーザーの「使いにくいアプリケーションは嫌だ」をなくす、新しいIT職種とはIT部門に求められるビジネスへの関与

社内、社外問わずアプリケーションのユーザーエクスペリエンスが企業で重要になっている。それに伴い、新しいIT職種が求められるようになってきた。

2016年08月04日 15時00分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]
APMツールはエンドユーザーの視点でシステムのレスポンスを監視する(TechTargetジャパン記事「【導入効果】仮想化・クラウド時代のシステム障害対策『アプリケーションパフォーマンス管理製品』」)

 アプリケーションを提供する相手が社員か、パートナーか、顧客か、またはその全てかにかかわらず、企業はユーザーエクスペリエンスにますます注力している。アクセスしにくい、あるいは複雑なアプリケーションは、生産性を損ない、ユーザーが他のアプリケーションに移ってしまうからだ。企業がそのアプリケーションの使用を認めておらず、サポートしていなくても、ユーザーは気にしない。

 ユーザーエクスペリエンスの重要性が、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)への新たな関心を呼び起こしている。APMは新しい考え方ではない。従来のIT管理者は、アプリケーションが成長していることをレポーティングするために、ツールを使って監視や管理をしていた。だが現在は、予防分析や予防修正に対応できる新しいIT職種が求められるようになっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。