2016年10月17日 07時00分 公開
特集/連載

学校の無線LANはなぜつながらない? 分析ソフトで解決できるケースもNFLでの実績が採用の決め手に

IT部門は、無線LAN分析ソフトウェアから、ネットワークパフォーマンスの可視性が得られる。競技場、学校、病院などの組織では、無線LAN分析ソフトウェアを活用している。

[Ramin Edmond,TechTarget]
大学キャンパスのネットワーク環境は、ユーザーによるアクセス言々の違いや予想できな転送量など、スポーツイベント以上に難しいという

 米国オーラルロバーツ大学では、学期始めに学生が登校したタイミングで無線LANに大きな負荷が掛かっていた。同大学の最高情報責任者(CIO)を務めるマイケル・マシュース氏は、キャンパスにおけるネットワークの接続性を改善し、データ伝送速度に関する可視化を進めたいと考えていた。

 キャンパスにおけるネットワークの使い勝手についてマシュース氏は、「全ての学生が同じタイミングで学校に戻ってくるだけでなく、彼らは多数のデバイスを使っている。学長がキャンパスを歩いていると、学生たちが『ネットワークがおかしい』と不満を漏らしているのを耳にする」と説明している。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...