2016年10月17日 07時00分 公開
特集/連載

学校の無線LANはなぜつながらない? 分析ソフトで解決できるケースもNFLでの実績が採用の決め手に

IT部門は、無線LAN分析ソフトウェアから、ネットワークパフォーマンスの可視性が得られる。競技場、学校、病院などの組織では、無線LAN分析ソフトウェアを活用している。

[Ramin Edmond,TechTarget]
大学キャンパスのネットワーク環境は、ユーザーによるアクセス言々の違いや予想できな転送量など、スポーツイベント以上に難しいという

 米国オーラルロバーツ大学では、学期始めに学生が登校したタイミングで無線LANに大きな負荷が掛かっていた。同大学の最高情報責任者(CIO)を務めるマイケル・マシュース氏は、キャンパスにおけるネットワークの接続性を改善し、データ伝送速度に関する可視化を進めたいと考えていた。

 キャンパスにおけるネットワークの使い勝手についてマシュース氏は、「全ての学生が同じタイミングで学校に戻ってくるだけでなく、彼らは多数のデバイスを使っている。学長がキャンパスを歩いていると、学生たちが『ネットワークがおかしい』と不満を漏らしているのを耳にする」と説明している。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...