“10Gbps”を目指す無線LAN規格「IEEE 802.11be」とは? センサー機能も搭載「LAN」新規格の動向【中編】

IEEEは無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に続く新規格「IEEE 802.11be」の標準化を既に進めている。これまでになかった無線LANの用途を実現するというIEEE 802.11beの機能を見てみよう。

2020年04月03日 05時00分 公開
[Jennifer EnglishTechTarget]

関連キーワード

IEEE | Wi-Fi | 無線LAN


 標準化団体のIEEE(米電気電子技術者協会)は、2020年に標準化が完了する見通しの無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の次世代に当たる「IEEE 802.11be」の標準化を進めている。一般的にIEEEの委員会は、標準化に数年という長い期間を要する。IEEEの委員会が、先行する規格を改善するためにどのような仕様が必要かを見極めるために長い時間をかけるからだ。

 2020年2月時点で、IEEE 802.11beは2027年に標準化が完了する見通しだ。IEEE 802.11beの策定では、スループット(データ伝送の実効速度)やスペクトル効率(一定の帯域幅において伝送可能なデータ量)の向上、アクセスポイント(AP)を制御する機能の強化が重視されている。

IEEE 802.11beの「Wi-Fiをセンサーにする」新機能

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...