2020年04月03日 05時00分 公開
特集/連載

“10Gbps”を目指す無線LAN規格「IEEE 802.11be」とは? センサー機能も搭載「LAN」新規格の動向【中編】

IEEEは無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に続く新規格「IEEE 802.11be」の標準化を既に進めている。これまでになかった無線LANの用途を実現するというIEEE 802.11beの機能を見てみよう。

[Jennifer English,TechTarget]

関連キーワード

IEEE | Wi-Fi | 無線LAN


 標準化団体のIEEE(米電気電子技術者協会)は、2020年に標準化が完了する見通しの無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の次世代に当たる「IEEE 802.11be」の標準化を進めている。一般的にIEEEの委員会は、標準化に数年という長い期間を要する。IEEEの委員会が、先行する規格を改善するためにどのような仕様が必要かを見極めるために長い時間をかけるからだ。

 2020年2月時点で、IEEE 802.11beは2027年に標準化が完了する見通しだ。IEEE 802.11beの策定では、スループット(データ伝送の実効速度)やスペクトル効率(一定の帯域幅において伝送可能なデータ量)の向上、アクセスポイント(AP)を制御する機能の強化が重視されている。

IEEE 802.11beの「Wi-Fiをセンサーにする」新機能

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...