2020年07月01日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」はなぜ「エッジコンピューティング」でこそ使うべきなのか?「5G」がもたらす「IoT」の変化【前編】

「IoT」やその延長線上にある「エッジコンピューティング」の普及と、「5G」の台頭が同時に起きていることには、どのような意味があるのだろうか。5Gでエッジコンピューティングはどう変わるのか。

[Bruce Kornfeld,TechTarget]

 移動通信システムは、世代を経るごとにデータ伝送の高速化を実現してきた。「5G」(第5世代移動通信システム)は、現在広く利用されている「4G」(第4世代移動通信システム)よりもはるかにデータ伝送が高速になることが分かっている。

 5Gの登場とほぼ同時に進行しているのが、地球上のあらゆる場所で生成されたデータがネットワークに流れ込む動きだ。データを生み出すさまざまなデバイスの近く「エッジ」で、ほぼリアルタイムにデータを処理し、分析する「エッジコンピューティング」を採用する動きも生じている。

 高速のデータ通信を利用できるスマートフォンなどのモバイルデバイスはエンドユーザーのポケットの中にあり、高度な計算機能を搭載している。スマートフォンを持っていれば、どんな人でもエッジコンピューティングの拠点だと見なすことができる時代になった。

 Verizonの推計では、ネットワークにつながるIoT(モノのインターネット)デバイスは、2020年までに204億台を超す見通しだ。IoTデバイスが増えれば、エッジにおけるデータ発生が加速する。こうして加速度的にデータが増える中で、ネットワークも進化する必要がある。データ伝送の低遅延化や高速化が重要だ。5Gなどの新たな技術を活用しつつ、どのようにシンプルで効率的なエッジコンピューティングの運用を実現できるかを検討しなければならない。

5G×エッジコンピューティングがもたらすメリット

 5Gがエッジコンピューティングにもたらすのは、データ伝送速度の劇的な高速化、ひいてはデータ処理の効率化だ。数百万台ものデバイスのデータを収集、分析するシステムを実現する場合、膨大な量のデータを迅速に処理し、分析する必要が生じる。

 現状、エッジコンピューティング用のネットワークは無線であることもあれば有線であることもある。例えば日々の売り上げなどのデータをオフィスやクラウドにあるデータセンターに送り、データをアーカイブしたりバックアップしたりする用途にネットワークが使われている。そのネットワークを有線から、配線などの手間が不要な5Gに切り替えることができれば、エッジコンピューティング用の環境構築は容易になり、エッジを増やしてデータ活用を広げることができる。5Gが登場する以前には想像できなかった新しいIoTの用途が生まれる可能性もある。

 今後、5Gをベースにしたネットワークサービスを提供するベンダーも増えてくると予測できる。エッジ拠点は規模が小さく専任のIT管理者を配置できないこともある。そうした場合は高速なデータ伝送を実現するサービスであるかどうかに加えて、運用管理が簡単で、かつ低コストであるかどうかも重要だ。今後は5Gをベースにして運用管理の負荷やコスト削減ができる製品やサービスも増えてくるだろう。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...