2021年05月22日 05時00分 公開
特集/連載

“陽キャ”なプロ開発者「デベロッパーアドボケート」とは? 転身できる4条件製品や技術を世に広める

コーディングが好きで、ITに関する知識を誰かに伝えたいと思っている人は「デベロッパーアドボケート」の適正がある。どのような役割を持ち、どのような人が向いているのか。

[Michael Levan,TechTarget]

 ソフトウェア開発組織は、自社製品が人気を博し、広く普及するように、開発者やエンドユーザーに自社製品をアピールする必要がある。そこで「デベロッパーアドボケート」の出番となる。

 デベロッパーアドボケートは、製品を潜在ユーザーに紹介したり、製品の新しい使い方をベテランユーザーに知らせたりといった幅広いミッションを担う人だ。製品の支持を集めるために、技術のエキスパートとしてカンファレンスでの講演や会合、対面トレーニングなどを通じて、開発者コミュニティーと交流する役割がある。

「デベロッパーアドボケート」とは? なるための“あの条件”

 デベロッパーアドボケートとして開発者コミュニティーに身を置いている人は総じて、根っからのエンジニアだ。プログラムを書いたり、最新技術を扱ったりするのを好む。技術のファンであり、技術を学ぶ必要がある人に技術を教えるのが好きな人だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...