「Azure」がAWSに“大逆転勝利”するナデラ氏の秘策とはMicrosoftがコロナ禍でも増収増益した理由【後編】

「Microsoft Azure」はMicrosoftの成長事業だ。クラウドサービス市場でAzureのシェアをさらに拡大させ、競合Amazon Web Servicesに勝つための同社の取り組みを説明する。

2021年11月30日 05時00分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 クラウドサービス群「Microsoft Azure」は、クラウド市場におけるMicrosoftの成功を象徴する。競合企業のAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービス群との差は着実に縮まりつつある。IT調査会社Gartnerが2021年6月に発表したデータによると、世界のIaaS(サービスとしてのインフラ)市場は、首位のAWSの2020年の売上高が約262億ドルで、売上高ベースで約41%のシェアを握る。これに対してMicrosoftの同年の売上高は約127億ドルだった。

Azureの成長を握る要素とは

 MicrosoftのCEO、サティア・ナデラ氏は、成功の鍵はAzureリージョン(地域データセンター群)の増設と、米国のAT&TやVerizon、欧州のTelefonicaやBT Group、アジア太平洋のTelstraやSingtel(Singapore Telecommunications)といった通信事業者との提携にあると話す。「あらゆる組織が、アプリケーションを迅速に開発して導入するために、クラウドインフラとエッジコンピュータにまたがる分散型のコンピューティングリソースを必要としている」とナデラ氏は主張。MicrosoftがAzureのコンセプトを「世界のコンピュータ」と決めたのは、そうした背景があるという。

 新しいリージョンに積極投資してデータセンターを増やすことで、Microsoftはこのコンセプトを実行に移していると、ITサービスベンダーEnsonoのパブリッククラウド担当CTO(最高技術責任者)を務めるゴードン・マッケンナ氏は解説する。「Microsoftはテレワークによって需要が拡大しているクラウドサービス分野で成長を続ける」(マッケンナ氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。