2022年05月19日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6」と「5G」は全然違う 使っているだけでは何に気付けないのか?無線LANとモバイル通信の新世代比較【中編】

「Wi-Fi 6」と「5G」は使用している中での大きな違いは生じないが、根本的に異なる通信技術だ。今後は両方の無線通信を使用する動きが広がると考えられる中で、押さえておくべき違いとは。

[Michaela Goss,TechTarget]

 「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)と「5G」(第5世代移動通信システム)は前編「『Wi-Fi 6』と『5G』を使うなら知っておくべき、5つの重大な違い」で紹介した通り、データ伝送速度においてよく似た特徴を持つ。ただしこれら2つの通信技術は、根本的に異なる。本稿は通信技術、免許の要否、ユーザー認証方法などにおける違いを解説する。無線LANとモバイル通信を併用する場合は、その違いを踏まえることが欠かせない。

使用中には分からない「Wi-Fi 6」と「5G」の大きな違い

 Wi-Fi 6と5Gの主な違いは、通信技術に起因する。5Gがモバイル通信規格であるのに対し、Wi-Fi 6は無線LAN規格だ。まず端末がネットワークに接続する仕組みが異なる。無線LANの場合、企業は無線LANアクセスポイントとルーターを使ってインターネットに接続するのが一般的だ。モバイル通信は、鉄塔タイプの基地局や、より狭い範囲の接続を担う基地局であるスモールセルを介してインターネットに接続する。

 通信技術による違いは接続の仕方だけではなく、ユーザー認証方法や用途にも影響する。

免許の要否

 モバイル通信の場合、通信事業者は認可された特定の周波数帯を使ってユーザーにモバイル通信サービスを提供する。通信事業者はその周波数を独占的に使用するので、電波の干渉は発生しにくい。一方、無線LANは免許を必要としない周波数帯を使用する。

ユーザー認証

 無線LANの周波数帯は免許が不要だが、許可なく誰でも接続できるわけではない。端末が無線LANアクセスポイントに接続するには、通常はSSID(サービスセット識別子)とパスワードが必要だ。Wi-Fi 6は、認証時の鍵交換プロトコル「SAE」(Simultaneous Authentication of Equals)を採用し、悪質な攻撃を防御するための対策を追加した。

 モバイル通信の接続は、無線LANで使うような接続時の手続きは必要なく、シンプルだ。5Gは端末固有の情報に基づく「端末認証」、SIMを使った認証プロトコル「EAP-AKA」、電子証明書を用いる認証プロトコル「EAP-TLS」などによってネットワークのセキュリティを強化できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...