英スーパーが“食品を売り切る”ために導入したシンプルな販売戦略小売業界が取り組むフードロス対策【第6回】

英国のスーパーマーケットチェーンは店舗におけるフードロスを防止するため、スウェーデンのIT企業が提供するモバイルアプリケーションを試験的に導入した。その特徴や効果とは。

2022年12月20日 05時00分 公開
[Ben SillitoeTechTarget]

 Walmart傘下のスーパーマーケットチェーンAsda Storesは、フードロス(食べることのできる食品が廃棄になること)削減に貢献するツールを探し求めてきた。同社が2020年に試験的に導入したのが、スウェーデンのIT企業Whywasteが提供するモバイルアプリケーションだ。どのような特徴を持つのか。

食品を売り切るシンプルな販売戦略

 Whywasteは、消費期限が近い商品を確認できるモバイルアプリケーション「Semafor」を提供する。同社の創業者クリストファー・ハグシュテット氏が重視するのは、フードロス問題の「予防」だ。

 2020年、Asda StoresはSemaforを店舗に試験的に導入した。同社は数日中に消費期限が切れる商品をSemaforで可視化し、店舗の従業員に商品の値引きといった対策を促せるようになった。「従業員は、消費期限切れ間近の商品を簡単に把握し、対処できる」とハグシュテット氏は話す。同社は2022年末までに全ての店舗にSemaforを導入する計画だ。

 Asda Storesで廃棄物プロセス管理者を務めるアンドリュー・ハドソン氏は、「当社はフードロス削減に活用できる技術やツールを常に探してきた」と話す。Semafor導入後は、店舗からさまざまな反響があった。「このツールが今後もたらす影響に期待している」とハドソン氏は語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...