プロゴルフのPGAツアーは「CDP」を使わずにデータ×手作業でファンの心をつかむPGAツアー幹部が語るIT戦略【後編】

米国男子プロゴルフの「PGAツアー」はファンに関するどのようなデータを活用し、どう生かしているのか。PGAツアーのファンエンゲージメント担当者が、データ活用の実態を語る。

2023年01月10日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CMS | CRM | 顧客満足 | データ分析


 プロゴルフ競技団体のPGA TOUR(PGAツアー)は、ファンを維持、獲得し続けるためにデータを生かしている。PGAツアーのファンエンゲージメント担当バイスプレジデントのトラヴィス・トレンバス氏に、データ活用の戦略を聞いた。


「CDP」を使わないPGAツアーのデータ活用策

―― 顧客データ活用の状況をお聞かせください。

トレンバス氏 私たちは、目指す方向性について長い時間をかけて考えてきた。ようやくその方向性に従って動き出したところだ。具体的にはAmazon Web Services(AWS)のクラウドインフラを利用し、そこでSnowflake製品によるデータレイクを構築している。データサイエンティストは、データレイクにさまざまなチャネルにおけるファンデータを取り込み、裏でプロファイルをつなぎ合わせている。

 データレイクには、さまざまなソースから非常に豊富なファンデータを保有している。チケット購入者、デジタルプラットフォームへの登録者、ニュースレターへの登録者、公式サイトで提供するゲーム「PGA Tour Fantasy Golf」のプレイヤーのデータなどだ。

―― 次のステップは「CDP」(顧客データプラットフォーム)なのでしょうか。

トレンバス氏 私たちはCDPを使っていない。現時点では、Snowflakeベースのデータレイクでデータをセグメント化(グループ分け)し、適切なツールに手動でデータをプッシュしている。具体的にはLiveRampのデータ接続ツールにセグメント化したデータを送り、広告のターゲティングを手動で実行している。自然な流れとして、次はCDPを導入することになると考えている。

―― CDPが実現することを既に実現しているにもかかわらず、CDPを導入するということは、CDPの利点は自動化なのでしょうか。

トレンバス氏 その通りだ。私たちは基本的にデータ活用に必要な作業を全て自前でやっている。それをする力はある。それでもデータサイエンティストが、より深い分析やセグメント化に集中する時間を確保できるならば、作業の自動化を進めた方がよい。

―― 新しいファンを獲得するために、導入を検討している技術は何でしょうか。

トレンバス氏 DFS(デイリーファンタジースポーツ:実在チームを使ったスポーツシミュレーションゲーム)やベッティング(賭け事)、NFT(非代替性トークン)などだ。ファン層を拡大・多様化させ、若いファンを取り込むための方法として、こうした新たなチャンスがたくさんある。特にベッティングは、大きな可能性を秘めている。

 ファンがスポーツを消費する方法について、必然的な過渡期に差し掛かっている。年配の、裕福な、ビジネス上の意思決定者といった従来のゴルフファンは、既存のテレビを通じて増え続けている。一方で若い人は、以前ほどはテレビを見なくなった。私たちは、適切なコンテンツを提供することで、若いファンを引き付けることに注力している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...