日本と英国が「政府DX」で協力するまで――これまでの道のりを振り返るDXで協力する日英政府の狙いと歩み【後編】

日本政府と英国政府は、公共部門のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた協力協定を締結した。それまでに、両政府はさまざまな形で協力してきた。足取りを振り返る。

2023年01月30日 05時00分 公開
[Lis EvenstadTechTarget]

関連キーワード

IT戦略 | ネットワーク


 行政サービスや政府機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた協力覚書(MoC)に、日本政府と英国政府が2022年10月に署名した。両政府はこのMoCを交わす前の2022年5月にも意見交換を実施し、デジタル分野に関する協力関係を深める意向を示していた。

「日本と英国がDXで協力」までの道のり

 日本の総務大臣である金子恭之氏と英国デジタル・文化・メディア・スポーツ省(Department for Digital, Culture, Media & Sport)大臣のナディーン・ドリーズ氏は2022年5月、日英のデジタル分野における政策課題について意見を交わし、協力を深化させる必要性を確認していた。この協力関係は、インフラ、データ、規制、標準化、デジタルトランスフォーメーション(DX)など、両政府がデジタル化の優先項目として挙げる要素が対象になる。

 日本と英国は2022年3月にも、通信ネットワークで使用する技術の多様化に向けた取り組みに関して、協力強化計画を発表していた。この取り組みは日英の政策アプローチに関する情報共有の強化も含む。こうした活動を通じて両政府は、「5G」(第5世代移動通信システム)や将来の無線ネットワークといった通信機器について、さらに競争力を高め、多様性を備えた世界市場の構築を目指している。

 これまでも日本と英国はさまざまな協力協定を締結してきた。2020年9月には「日英包括的経済連携協定」(CEPA)を締結。英国はCEPAによる年150億ポンドの貿易額増加を見込んでいる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...