Amazonで“大規模削減”が止まらない理由 “あのサービス”の従業員も対象にAmazonで進む人事改革【前編】

1万8000人以上の人員削減計画を表明したAmazon.comが、約9000人を追加で削減することを明らかにした。どの部門が人員削減の対象になるのか。同社が人員削減を続ける理由とは。

2023年05月06日 14時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

Amazon | 経営 | 人事


 Amazon.comは人員削減をさらに進めようとしている。2023年3月発表のプレスリリースによれば、同社は新たに従業員約9000人を削減する計画だ。

“あのサービス”の従業員も対象に 人員削減が続く理由はこれだ

 今回の人員削減の対象になったのは、

  • クラウドサービス事業子会社Amazon Web Services(AWS)
  • 映像ライブストリーミング配信サービス事業子会社Twitch Interactive
  • PXT Solutions(People Experience and Technology Solutions)部門
  • 広告部門

に所属する従業員。PXT Solutions部門はAmazon.comの人事部門に該当する。

 「われわれが策定した2023年の年間計画の主眼は、よりスリムになることだった」。Amazon.comのCEOアンディ・ジャシー氏は、同社従業員に宛てた文書の中でこう説明した。この計画の目的は「重要で長期的な顧客体験への力強い投資を継続することにある」とジャシー氏は説明。リソースを優先的に配分している戦略分野の事業では「限定的な人員採用を継続する」と明言する。

 Amazon.comが公開している決算報告書によると、2019年〜2022年の各第4四半期(10月〜12月)における、同社の従業員数(正規従業員と非正規従業員の合計。契約社員・派遣社員は除く)推移は次の通りだ。2022年第4四半期の従業員数は、2019年第4四半期の約2倍に達している。

  • 2019年第4四半期:79万8000人
  • 2020年第4四半期:129万8000人
  • 2021年第4四半期:160万8000人
  • 2022年第4四半期:154万1000人

 ジャシー氏は、Amazon.comが従業員数を増やしてきたことについて「われわれのビジネスと経済全体に起こったことを考えれば、理にかなっていた」と述べる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が発生して間もなく、IT企業は従業員を積極的に採用し始めた。オンラインショッピングをはじめとする、ITを活用したビジネスが急激に拡大したからだ。

 Amazon.comは今回の発表に先立つ2023年1月、1万8000人以上の人員削減計画を表明していた。同社が人員削減計画を継続的に進める理由について、ジェシー氏は「ビジネスの優先順位を見極めるプロセスが続いているからだ」と説明する。


 後編は、Amazon.comの季節雇用制度「Amazon CamperForce」の概要と、終了の理由を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。