IoTネットワークは「プライベート5G」と「Wi-Fi 6E」のどちらが正解?プライベート5GにWi-Fiが欠かせない理由【中編】

「プライベート5G」と「Wi-Fi 6E」は、どちらもIoTの可能性を広げるネットワークとして期待されている。企業はIoTを利用する際に、どちらのネットワークを使えばいいのか。

2023年07月25日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)は、無線LAN規格「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」を画期的だと考えている。Wi-Fi 6EはWi-Fi 6に比べて、接続可能なユーザー数や伝送容量、遅延が改善される可能性があり、モノのインターネット(IoT)において重要な役割を果たすと期待できるからだ。

 一方で、「5G」(第5世代移動通信システム)をユーザー組織が自営網として利用できる「プライベート5G」も、IoTの可能性を広げると期待できる。Wi-Fi 6Eとプライベート5Gの関係を、どう考えればいいのか。

「プライベート5G」と「Wi-Fi 6E」の違いとは

併せて読みたいお薦め記事

連載:プライベート5GにWi-Fiが欠かせない理由

5GとWi-Fi 6の関係を「深く」考える


 プライベート5Gはさまざまな産業用アプリケーションの要件を満たすことが可能だ。無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)は、プライベート5Gは製造、鉱業、小売り、医療、スマートシティーなど複数の業界で、IoTの用途で活用できると分析している。

 それに対しWi-Fi 6以降のWi-Fiにも以下のような独自のメリットがあり、企業は引き続き利用するとWBAは分析している。

  • 可搬性
  • 信頼性
  • 低遅延
  • セキュリティ

 こうしたメリットがある結果、Wi-Fiは

  • 教育分野での拡張現実(AR)
  • 化学薬品の漏えい検知
  • 水位や洪水の管理

といった、従来はWi-Fiが用いられてこなかった用途での活用が期待できる。


 後編はWi-Fiとプライベート5Gの融合について、WBAの関係者の見解を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...