TechTargetジャパン

技術文書
サプライチェーンと工場の生産計画の可視化・リードタイム短縮を実現するソフトウェアAsprova SCM
 新興国マーケットの急拡大、グローバルでの価格競争の激化を受け、日本の製造業界では海外で生産し、海外マーケットに販売する生産方式を実現することが急務となっている。一方で、海外拠点では予算規模などの問題によりITシステム投資が難しいという声も聞こえてくる。(2010/12/9 提供:アスプローバ株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IT管理工数を71%削減、シンプル化を極めるシステム構築・運用術
 IDCの調査によると、当初はVDI(仮想デスクトップ環境)が主な用途だったハイパーコンバージドシステムは、現在ではその用途も広がり、データベースやERP、CRM、SCMなどのビジネスアプリケーションにまで広がってきている。 大企業の情報システム部門では、5年後を予測...(2016/3/8 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧
 多くの企業で仮想化環境の採用が進むなか、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた高可用性を実現する方法にも変化が求められるようになった。その変化に対応するためには、まず仮想化環境における可用性と密接に関係する、網羅性、迅速性、適切性につい...(2016/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
ERPとSCMをカバーしたグローバル戦略商品 “MCFrame XA”のアーキテクチャ
サプライチェーン領域の基幹業務システムを構築する場合、ERPやSCM専用のパッケージの導入を検討される企業がほとんどです。10数年前までは、企業の基幹業務システムはお客様の要望に合わせたスクラッチ開発が主流でしたが、開発期間の長期化や保守コストの増大といったデ...(2011/4/5 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

レポート
BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク
 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワーク...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウドを支えるマネージドサービスはどのように選ぶべきか?
 IDCの調査によると、企業の多くが従来のマネージドサービスにプライベートとパブリックの両方のクラウドへの対応を組み込むことを望んでいるという。この背景には、ハイブリッド運用が進み、各インフラが互いに連携するようになったことが挙げられる。 IT環境をハイブ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
企業のIoT活用に関するアンケート調査リポート(2016年5月)
 TechTargetジャパンは、企業のIoT活用に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、IoTの導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員のIoT活用の導入・検討、業務利用の状況について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:...(2016/8/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

レポート
WAN高速化だけでは解消できないレイテンシ問題、IoT時代に向けて必要となる技術とは
 レイテンシとは、出発地点からリクエストが発信され、目的地へ到達するまでにかかる時間を指す。データセンターとエンドユーザーまでの距離が遠いほどレイテンシは長くなり、これが一般的に通信遅延の原因となる。企業にとって、世界中でERP、CRM、SCMといったアプリケ...(2015/8/31 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
【企業意識調査レポート】陳腐化するアドオンERPの今後と加速するERPのクラウド化
 ERPパッケージは約20年前から国内で導入が始まり、現在ではさまざまな業種で利用されている。導入から10年以上経過するケースも増えており、この数年で多くの企業がERPシステムのオーバーホールを検討するようになってくるという。 そこでポイントとなるのが、過去に積...(2016/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
ソフトウェア開発担当者必見、オープンソースのセキュリティ管理を強化する方法
 ソフトウェア開発の現場では、オープンソースの利用が一般的だ。オープンソース利用のメリットは、開発コストの削減や、開発スピードの向上などが挙げられる。一方で、ライセンス違反による第三者の権利侵害や、セキュリティ上の脆弱性が含まれる可能性などのリスクがあ...(2015/3/23 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

製品資料
決済システムのBCP構成を3カ月で構築――事例に学ぶDBシステム構築のポイント
 ビジネス要件に合ったデータベース(DB)サーバの設計、構築、運用に悩んでいるIT担当者は多い。自社にとって最適な利用形態の見極めが難しく、検証やチューニングなどに多くの時間がかかるからだ。 例えば、大量のデータ検索の際には、SQL処理をマルチコアで行う「パ...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
バックアップ対策に潜むリスク――失敗しないための3つのサイクル
 多くの企業がマイナンバーのバックアップ対策を行ったが、一般的なデータと異なり、厳格な管理が求められる。マイナンバーのバックアップについて、「自社システムで法制度を順守できるのか」「運用方法は適切といえるのか」という不安を感じるシステム担当者は少なくな...(2015/12/14 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
個別受注生産型の企業がリードタイムを短縮する4つのポイント
 日本の製造業はグローバルな競争にさらされている。そのなかで受注生産品の商談の場合、発注から納入までのリードタイムが、発注先選定のポイントになる場合が多い。 たとえばヨーロッパの顧客の商談で、日本の製造業が国内で製造するケースと、ヨーロッパのローカルベ...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
今こそ、物流は変化を迫られている――「戦略的ロジスティクス」改革の5項目
 一般に日本企業の物流管理は非常に高いレベルにある。しかし企業競争において求められているのは、物品を物理的に保管・移動する単なる「物流」機能の充実ではなく、販売部門に必要な物品を送り込むための、プロセス全体という意味での「ロジスティクス戦略」の確立であ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
グローバル化が加速する製造業を成功に導く経営改革とは
 IT革新によりグローバル化が加速、新興国の経済成長の原動力となっている。一方、日本企業はグローバル化の対応に出遅れた感は否めない。こうした背景の下、製造業ではこれまでになく高度な経営のかじ取りが求められている。 本項では、「グローバリゼーション3.0、こ...(2013/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
キンバリークラークやイオンアイビスの事例が語る「IT活用で成功するサプライチェーン経営」
 厳しい経済状況と変化するビジネス環境の中、生産から販売に至るロジスティクスに課せられた課題は多い。そんな中、戦略的ロジスティクスを確立し、経営視点に立ったサプライチェーン全体を最適化するには、IT活用が不可欠だ。流通・小売業が、ニーズの多様化、環境変化...(2014/10/31 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

技術文書
「この工場でしか作れない」は、もはや通じない――製造業が『止めずに作る』『どこでも作れる』を実現するには
昨今の製造業の生産過程では、効率の良さや安定性がかつてに増して最重要課題となっている。安く・早く・良いものを作る体制を整えるだけでなくBCP対策も必要となってきた。今や”この工場でしか作れない”では通用しない。製品の需要変動に応じて、柔軟に生産する拠点を...(2014/2/18 提供:日本電気株式会社)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

技術文書
プログラミング不要、5分でアプリを作成できる「IBM Bluemix」ハンズオンガイド
 「IBM Bluemix」(以下、Bluemix)は、多彩なアプリケーション開発に利用できるフレームワークやAPIを提供するクラウド型の開発基盤だ。アプリの種類とアプリ名をWebブラウザ上で指定すれば、仮想サーバとメモリを自動で割り当て、アプリ開発が行える。 本資料は、Blue...(2015/6/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
成功するSFAを見極める10のポイント
 インターネットの普及以降、ユーザーが自力で情報を集められる時代になった。これまでの「この製品がAさんとBさんに売れた」という製品中心の考え方から、「この顧客はA製品とB製品は買ったがC製品は買わなかった」という顧客中心の「なぜ買ってもらえなかったか」を考...(2015/4/13 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
約30秒でアプリケーションの実行環境を構築 「IBM Bluemix」の可能性を3者が語る
 クラウドやモバイルなどテクノロジーが進化し、市場ニーズが絶え間なく変化する現在においては、迅速に情報を収集、分析し、事業環境を対応させる仕組みが欠かせない。アプリケーション開発に求められるスピードも変化してきた。どれだけテクノロジーに精通していても...(2015/6/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「何が必要で、何を使えばよいのか」最適なフラッシュストレージ選定の鍵となるのは?
 フラッシュストレージを企業向けストレージとして導入する動きが進んでいる。米IT専門調査会社ESGの調査によると、企業のITプロフェッショナルの72%が、フラッシュテクノロジーを「使用中」「12カ月以内に導入予定」または「鋭意評価中」と回答している。 一方で、経...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

Loading