2015年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米TechTargetの2014年デスクトップ関連記事ランキング「Surface Pro」か「Windows 10」か、読者が最も熱中した話題は?

「Windows」と「Office」にさまざまな動きがあった2014年、米TechTargetで最も読まれたデスクトップ関連の記事は米Microsoftに関するニュースがほとんどを占めた。上位の記事を紹介する。

[Eugene Demaitre,TechTarget]
0115_kf_desktop190.jpg

 米TechTargetが2014年に取り上げた米Microsoft関連の記事は以前からの読者にはなじみのある内容だ。クライアントPCなど企業のエンドポイントデバイスは、2014年も引き続き、新型OSへのいや応なしのアップグレードを迫られた。「Windows XP」が依然として企業市場で全体の4分の1近くのシェアを占める中、IT管理者は「Windows 7」(Windows 7自体もサポート終了が近い)か「Windows 8.1」、あるいは「Windows 10」を待つかの選択に直面した。

 2014年に米TechTargetに掲載されたデスクトップ関連記事のトップ10を以下で紹介する。皆さんは、2014年のデスクトップ関連の最大のニュースは何だとお考えだろう。そして、2015年にはどのような記事をお望みだろうか。

1位.Surface Pro 3の導入が進み、Surface RTの存在感が低下

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...