2015年10月09日 20時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発、このやり方なら必ず失敗する最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

業務アプリのモバイル対応が進む中、ユーザーに見放されるアプリも多数存在します。その理由とは。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

モバイルアプリ開発 | Android | iPhone


増える業務用モバイルアプリ、それでも使われない理由とは?

photo マルチデバイス対応企業システムの構成例《クリックで拡大》

 編集部のお薦め記事は「使う気を本当になくすモバイルアプリ“4つのUXデザイン”」です。業務アプリのモバイル対応が進む中、アプリが使いにくかったり、複雑だったりすると、従業員はすぐに使うのを止めてしまうことがあります。この記事では、業務用モバイルアプリの成否を決定する最大の要因は、何にもましてユーザー体験(UX)デザインにあると定義し、UXに関する一般的な4つの失敗例を挙げています。今回は、モバイルアプリ開発に関する記事を紹介します。

モバイルアプリ開発、こうすれば必ず失敗する

 モバイルアプリ開発で企業が陥りやすい落とし穴について述べた記事です。自社の業務に合わせたモバイルアプリの開発については、時期尚早と判断する企業がこれまでは大半を占めていました。しかし成果を上げる企業も増加してくる中、うかうかしていられないと感じているIT部門も出てきています。この記事で指摘しているモバイルアプリケーション戦略に欠かせない3つのポイントは、社内で開発する場合はもちろん、社外のパートナーと協力して開発する場合でも有効なものです。アプリケーション開発は一定のルールにのっとり実施していかないと、後々大変な混乱を引き起こすことは分かっている、しかし具体的な制御の方法となると不安、という読者には大変役に立つ記事といえるでしょう。

モバイルアプリ開発基盤のメリット、デメリット

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」に関する記事です。MADPは、アプリ構築を容易にする再利用可能なコードとクロスプラットフォーム機能を提供し、時間やコストを無駄にすることなく、複数のOSで動作するモバイルアプリを作成することを可能にします。業務アプリのモバイル化を進めようとしても自社で構築する余裕のない企業にとっては、MADPは現状打破を実現する基盤といえます。MADP導入メリットを詳細に解説するとともに、デメリットについても具体的に説明しています。マイナス面としてはカスタマイズ性に関する制限やベンダーロックインに対する懸念が挙げられますが、どんなアプリをどのような形で開発、活用したいのかでMADP選択の成否は決まってくるでしょう。

モバイルアプリ開発を容易にする「MADP」の魅力

 こちらもMADPの記事です。MADPは、企業のアプリケーション開発スピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できます。この記事では、MADP導入のメリットを中心に解説しています。MADPを使うことで、アプリケーションの開発だけでなく、社内で一から開発するよりも少ない費用で、より多くのモバイルデバイスユーザーをサポートし、新しいアプリケーションをより頻繁にリリースできます。このようにMADPはモバイルアプリを社内開発していこうという企業にとっては、大きな魅力を持っています。

失敗しない、モバイルアプリ開発4カ条

 モバイルアプリの開発を社内で実施する場合の留意点を述べた記事です。モバイルアプリ開発は、十分に練られた計画があって、初めて最良の結果が得られます。この記事では、アプリケーションの開発と配布のプロセスを最適化する方法を紹介しています。モバイルアプリの業務利用の頻度が増えるに連れ、より自社の業務に則した機能が求められるようになります。カスタマイズの要求が高まれば、既存のベンダーが開発したアプリから独自開発のものへと移行するという選択が現実化してきます。最近ではモバイルアプリが業務のスピードや効率性を大きく左右するケースが増えており、社内開発への指向は強くなるはずです。本稿ではそうした流れを先取りした内容となっていて、開発プロセスの標準化手法などを具体的に解説しています。

社内モバイルアプリ開発「NG集」から学べること

 米Forrester Researchのアナリストによる、社内用モバイルアプリの開発に関する注意事項の解説記事です。モバイルアプリをWebブラウザやデスクトップPCで使用しているアプリケーションの代替品と考えることの危険性を指摘しています。既存のアプリケーションを単純に縮小して、モバイルデバイスやタブレットに詰め込んでしまうと、操作性が大幅に低下してしまい、「お蔵入り」となってしまう可能性が高いからです。この記事では、ユーザーがモバイルアプリに何を求めているかを洞察する際のポイントについても解説しています。具体的なニーズが紹介されており、確実な業務スピード向上につながるアプリ開発に役立ちます。

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

Logicadが音声広告配信機能を拡充 「Spotify」「radiko」への配信を開始
今後大きな成長が期待される市場へ広告枠を拡張。

news080.jpg

ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田...

news058.jpg

Salesforceがデジタル営業支援を強化 「Sales Cloud」に“サブスク管理”など3機能を追加
AIを活用したインサイト、統合されたセールスイネーブルメントリソース、顧客主導のセル...