2017年02月06日 12時00分 公開
特集/連載

ソフトウェアの“更新と置き換え”問題、CFOが着目すべきポイントとはビジネスを左右する重要な決定(1/2 ページ)

多くの企業のCFOは、ソフトウェアシステムを更新すべきか、置き換えるべきかをどのように決定しているのだろうか。また決めるときにどのような情報を集めればいいのだろうか。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
MIT Sloan Center for Information System Researchの公式Webページ《クリックで拡大》

 最高財務責任者(CFO)は、ソフトウェアシステムを更新すべきか、置き換えるべきかを決定する際に、投資対効果(ROI)の測定基準と投資対効果検討書以外のものにも目を向けている。今日、CFOはビジネス機能も考慮するようになっている。ビジネス機能には、意思決定を迅速化にしたり、顧客のニーズを満たしたりする機能も含まれる。MIT Sloan Center for Information System Researchでエグゼクティブディレクターを務めるレスリー・オーエンズ氏は、2016年11月に開催された「MIT Sloan CFO Summit」で「それは大きな変化だ」と語っている。

 オーエンズ氏は、ソフトウェアを更新するか、置き換えるかを同社の財務担当役員と技術担当役員に問う会議の司会を務めた。Harvard Business Reviewのある記事で、組織におけるスキルや能力、専門知識、技術を組み合わせたものを「ビジネス機能」と定義している。オーエンズ氏たちは、ビジネス機能が、仕事の遂行方法だけでなく、自社の戦略や将来の計画に対する経営幹部の考え方も変化させていることを明らかにした。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。