2017年02月06日 12時00分 公開
特集/連載

ソフトウェアの“更新と置き換え”問題、CFOが着目すべきポイントとはビジネスを左右する重要な決定(1/2 ページ)

多くの企業のCFOは、ソフトウェアシステムを更新すべきか、置き換えるべきかをどのように決定しているのだろうか。また決めるときにどのような情報を集めればいいのだろうか。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
MIT Sloan Center for Information System Researchの公式Webページ《クリックで拡大》

 最高財務責任者(CFO)は、ソフトウェアシステムを更新すべきか、置き換えるべきかを決定する際に、投資対効果(ROI)の測定基準と投資対効果検討書以外のものにも目を向けている。今日、CFOはビジネス機能も考慮するようになっている。ビジネス機能には、意思決定を迅速化にしたり、顧客のニーズを満たしたりする機能も含まれる。MIT Sloan Center for Information System Researchでエグゼクティブディレクターを務めるレスリー・オーエンズ氏は、2016年11月に開催された「MIT Sloan CFO Summit」で「それは大きな変化だ」と語っている。

 オーエンズ氏は、ソフトウェアを更新するか、置き換えるかを同社の財務担当役員と技術担当役員に問う会議の司会を務めた。Harvard Business Reviewのある記事で、組織におけるスキルや能力、専門知識、技術を組み合わせたものを「ビジネス機能」と定義している。オーエンズ氏たちは、ビジネス機能が、仕事の遂行方法だけでなく、自社の戦略や将来の計画に対する経営幹部の考え方も変化させていることを明らかにした。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。