GCPからAWSへの“何も変えない移行”「リフト」は現実的か?GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第2回】

GCPで稼働させているアプリケーションをAWSに移行させる際、内容や構成を変えずに移行させる「リフト」は現実的な手段なのだろうか。GCPからAWSに移行するときの注意点や、リフトに役立つ両社のサービスを紹介する。

2020年12月07日 05時00分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google | IaaS


 IaaS(Infrastructure as a Service)で稼働させているアプリケーションを、他のベンダーのIaaSに移行させる場合、何をすればよいのか。「『GCP』から『AWS』へアプリを移行させる方法は? IaaS移行4大ステップ」に引き続き「Google Cloud Platform」(GCP)から「Amazon Web Services」(AWS)へのアプリケーション移行を例に挙げ、IaaS間のアプリケーション移行時に検討すべきポイントを説明する。

 IaaS間のアプリケーションの移行には、オンプレミスデータセンターからIaaSへの移行とは異なる考慮すべき事項がある。GCPとAWSは世界規模で、コンピュータリソースをさまざまなサービスとして提供する。そのためユーザー企業が個別に運用するオンプレミスデータセンターとは本質的に異なる。

GCPからAWSへ「リフト」するには

 例えばオンプレミスデータセンターからIaaSにアプリケーションを移行させるときの手法として、必要最小限の調整のみにとどめ、ソースコードをほぼ書き変えずに移行させる「リフト」がある。これにはAWSの「AWS Server Migration Service」などのアプリケーション移行ツールが役に立つ。

 異なるクラウドベンダーのIaaS間のリフトは、データセンターの構成やOSの種類が異なることから、複雑になることがある。ほとんどの場合、あるIaaSで運用する仮想マシン(VM)の構成をまず標準ファイル形式で取得した後、別のIaaSに移行しなければならない。

 GCPからAWSへの移行時には、AWSの「CloudEndure Migration」を使用すればリフトを迅速に進めることができる。CloudEndure Migrationは、移行前のVMの構成をAWSで利用可能な形式に変換するツールだ。

 データベースについては、AWSのデータベース移行ツール「AWS Database Migration Service」を使えば、移行元のデータベースを中断することなく「Amazon Aurora」「Amazon Redshift」といったAWSのデータベースサービスにデータベースを移動できる。

 GCPからAWSにVMやデータベースを直接変換することが不可能な場合は、GoogleのVM移行ツール「Migrate for Compute Engine」を使用してGCPからオンプレミスデータセンターにアプリケーションを移行させ、その後「AWS Server Migration Service」などのAWSの各種移行ツールを使用してオンプレミスのデータセンターからAWSに移行する。移行するアプリケーションはこのプロセスの全ての段階でテストし、移行で問題が発生しないかどうか検証する必要がある。

 他にもGCPからAWSへのアプリケーション移行用に設計されている、IaaSベンダーに依存しないサードパーティーのツールもある。Carboniteの「Carbonite Migrate」やCorent Technologyの「SurPaaS MaaS」、NetAppの「Cloud Volumes ONTAP」などがその一例だ。


 次回は、GCPからAWSへのアプリケーション移行の際に検討したいポイントを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。