「5G」を世界の3分の1が利用 携帯電話市場はこう変わる携帯電話市場は新時代に突入【中編】

大容量通信がしやすい「5G」の利用が広がることで、モバイル通信は今後どうなるのか。通信機器ベンダーEricssonのレポートを基に今後の注目すべき市場動向を紹介する。

2022年01月20日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 「5G」(第5世代移動通信システム)は2027年までに世界の全携帯電話契約の約半数を占めるようになり、世界の人口の約3分の1が使う。これは通信機器ベンダーEricssonが2021年11月に公開した携帯電話市場に関するレポート「Ericsson Mobility Report」による予測だ。

 前編「『5G』が前例のないスピードで拡大 携帯電話の主流になるのか」に続いて、5Gの市場予測として注目すべき点を紹介する。既に5Gは「4G」(第4世代移動通信システム)を大きく上回るペースで利用が広がっている。

契約数でもトラフィックでも5Gが急速に拡大

 Ericssonのレポートによれば、2021年第3四半期(7〜9月期)の5G契約者数の実績は世界で実質9800万契約増となった。これに対して同期の4Gは約4800万契約増にとどまっている。5G市場の伸びは、5G端末の値下がりが一因となっている。それによって中国と北米における5G需要が強くなっている。

 2021年第3四半期のモバイル通信のトラフィック(ネットワークを流れるデータ)は前年同期比で約42%、前四半期比で約8%増えた。月間のモバイル通信のトラフィックは、2027年に世界で月間370EBに達する見込みだ。

 5Gのサービス開始が早かった人口の比較的多い市場が、今後のトラフィックの伸びをけん引する。レポートによれば、2027年までにモバイル通信のトラフィックの約62%を5Gが占めるようになる。

 固定通信網に無線を接続するFWA(固定無線アクセス)も5G利用を広げる一因となっている。同レポートによれば、FWAは2021年末の約8800万接続から2027年には約2億3000万接続へとおよそ3倍に増加し、その約半分に5Gが使われる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...