2023年05月02日 05時00分 公開
特集/連載

無線LANとして大成功した「IEEE 802.11」はこうして生まれた“大成功した無線通信”の歴史と今後【第2回】

現代に至るまでに巨大な市場を作り上げてきた無線LAN。その黎明(れいめい)期は、実は混沌(こんとん)としたものだった。「IEEE 802.11」ができた当時を振り返る。

[John BurkeTechTarget]

 「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)に至るまで、「IEEE 802.11」の規格群として脈々と発展してきた無線LAN。その“先祖”を紹介した前回に続き、今回は、無線LANがなぜビジネスとして成功したのかを探る。

動き始めた「無線LANの巨大市場」

併せて読みたいお薦め記事

連載:“大成功した無線通信”の歴史と今後

主要無線技術の今後の動向


 米国電気電子学会(IEEE)が無線LAN規格としてIEEE 802.11を標準化したのは1997年のことだ。無線ネットワークに関する商業活動は、実はそれ以前からあった。さまざまなベンダーやサービスプロバイダーが、小売業者や物流業者のニーズに応じた無線ネットワークの製品やサービスを市場に投入していた。

 1985年に米連邦通信委員会(FCC)は、900MHz、2.4GHz、5GHzの3つの周波数帯に対する免許要件を緩和した。これにより事業者は免許を取得せずに、これらの周波数帯で低出力かつ限られた範囲でのデータ伝送ができるようになった。この決定があるまで、ビジネス向け無線ネットワークの事業が成功する見込みはほとんどなかったのだ。

 企業にはさまざまなニーズがあり、無線ネットワーク市場は潜在的に巨大だった。通信事業を提供するAT&TやALE International(Alcatel-Lucent Enterpriseの名称で事業展開)、NCR、Proxim Wirelessといった事業者は、さまざまな用途を想定した製品を発表した。

 そうして競合する製品が登場する中、各事業者の製品には相互運用性が欠けていた。そこで米国電気電子学会IEEEの無線ワーキンググループが、IEEE 802.11の初期バージョンをまとめることになった。この初期バージョンの最大データ伝送速度は、2Mbpsだった。


 次回(第3回)は、「Wi-Fi」のブランドが立ち上がった歴史を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...