無線LANとして大成功した「IEEE 802.11」はこうして生まれた“大成功した無線通信”の歴史と今後【第2回】

現代に至るまでに巨大な市場を作り上げてきた無線LAN。その黎明(れいめい)期は、実は混沌(こんとん)としたものだった。「IEEE 802.11」ができた当時を振り返る。

2023年05月02日 05時00分 公開
[John BurkeTechTarget]

 「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)に至るまで、「IEEE 802.11」の規格群として脈々と発展してきた無線LAN。その“先祖”を紹介した前回に続き、今回は、無線LANがなぜビジネスとして成功したのかを探る。

動き始めた「無線LANの巨大市場」

併せて読みたいお薦め記事

連載:“大成功した無線通信”の歴史と今後

主要無線技術の今後の動向


 米国電気電子学会(IEEE)が無線LAN規格としてIEEE 802.11を標準化したのは1997年のことだ。無線ネットワークに関する商業活動は、実はそれ以前からあった。さまざまなベンダーやサービスプロバイダーが、小売業者や物流業者のニーズに応じた無線ネットワークの製品やサービスを市場に投入していた。

 1985年に米連邦通信委員会(FCC)は、900MHz、2.4GHz、5GHzの3つの周波数帯に対する免許要件を緩和した。これにより事業者は免許を取得せずに、これらの周波数帯で低出力かつ限られた範囲でのデータ伝送ができるようになった。この決定があるまで、ビジネス向け無線ネットワークの事業が成功する見込みはほとんどなかったのだ。

 企業にはさまざまなニーズがあり、無線ネットワーク市場は潜在的に巨大だった。通信事業を提供するAT&TやALE International(Alcatel-Lucent Enterpriseの名称で事業展開)、NCR、Proxim Wirelessといった事業者は、さまざまな用途を想定した製品を発表した。

 そうして競合する製品が登場する中、各事業者の製品には相互運用性が欠けていた。そこで米国電気電子学会IEEEの無線ワーキンググループが、IEEE 802.11の初期バージョンをまとめることになった。この初期バージョンの最大データ伝送速度は、2Mbpsだった。


 次回(第3回)は、「Wi-Fi」のブランドが立ち上がった歴史を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...