フランス都市圏が「プライベート5G」に期待する理由超高速モバイルは都市を変えるか【後編】

プライベート5Gを導入するフランスの都市トゥールーズメトロポール。導入に当たっては、通信機器ベンダーNokiaの協力を得る。同都市の関係者やNokiaは、今回の取り組みをどう捉えているのか。

2023年08月07日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 フランスの共同都市圏トゥールーズメトロポールは、欧州連合(EU)による助成金を受けて、ネットワーク整備事業「European HI5」に取り組む。プロジェクトの中心になるのは、「5G」(第5世代移動通信システム)をユーザー組織が自営網として利用できる「プライベート5G」の導入だ。今回の取り組みを、関係者はどのように見ているのか。

関係者が語る「プライベート5G」のメリットとは

 トゥールーズメトロポールはまず、16平方キロの試験エリアにプライベート5Gと、そのバックボーン(基幹通信網)を構築し、複数のユースケースを実証する。その後、ネットワークを都市圏全域に広げる。

 「今回設置したネットワークケーブルやルーターといったインフラにより、“自由に運用できる5G”のユースケースを開発できるようになった」と、トゥールーズメトロポールで副議長を務めるベルトラン・セルプ氏は話す。

 通信機器ベンダーNokiaで欧州企業担当のバイスプレジデントを務めるマチュー・ブルギニヨン氏は、今回のプロジェクトを重視する理由について次のように語る。「5Gおよびそのバックボーンが生み出すメリットを市民に提供しようとする取り組みは、フランスでも希少なものだ」。5Gのネットワークインフラを導入するのがトゥールーズメトロポールになったことについては、「この地域のダイナミズムの証だ」とブルギニヨン氏は語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...