2020年11月05日 05時00分 公開
特集/連載

“マック離れ”防止で売上アップ マクドナルドが生かす分析手段とは?マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【後編】

McDonald'sは消費者のニーズや行動を理解するために、さまざまな分析手段を使用する。何を利用しているのか。

[Mark Labbe,TechTarget]

 ファストフードチェーンを世界中に展開するMcDonald's(マクドナルド)は、消費者向けのスマートフォンアプリケーションを提供している。同社のスマートフォンアプリケーションは顧客データを収集することで、顧客に合わせたクーポンやキャンペーンを提案する。収集したデータを分析するシステムや人工知能(AI)システムには、Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)を使用している。前編「マクドナルドに「GCPでスマホアプリ開発」を促した“マスマーケの限界”」に引き続き、McDonald'sがGCPを使用して実施するマーケティング施策を説明する。

 McDonald'sはスマートフォンアプリケーションから消費者の行動に関する洞察を収集するために、さまざまな分析手段を使用する。

マクドナルドが顧客離れ防止に生かす“あの手段”

 直近の来店日(R:Recency)と来店頻度(F:Frequency)、一般的な購入金額(M:Monetary)に関するデータに基づいて顧客の属性を振り分ける「RFM分析」がその一つだ。RFM分析は、キャンペーンの対象顧客を絞り込む際の基準の明確化に役立つと、ITコンサルティング企業Publicis Sapientでシニアテクノロジーディレクターを務めるアンドレ・エングベルツ氏は説明する。

 顧客が購入した商品と購入頻度の関連性を示す統計モデルに加え、顧客の属性と購入商品の傾向を基に、商品の購入可能性を予測するAIモデルも利用する。これらのモデルを活用すれば「ある顧客が特定の商品を購入したことがなくても、その顧客と似た顧客がその商品を購入していたら、その顧客にはその商品を購入する可能性があると分かる」とエングベルツ氏は説明する。

 来店しなくなる可能性を予測するための「顧客離れ予測」も使用する。McDonald'sは来店しなくなる可能性がある顧客を検知すると、その顧客をつなぎ止めるために付加価値の高い提案をする。「LTV」(顧客生涯価値)は、特定の顧客が生涯にわたってMcDonald'sにもたらす総合的な価値を予測する際に役立つ。

 個人に合わせたマーケティングの取り組みは、McDonald'sの売り上げと業績アップに貢献している。マーケティングオートメーションのためにGCPで構築したAIモデルを利用することで「必要なITリソースが削減できた」とエングベルツ氏は話す。「消費者の動向を正確に予測することは、2015年以降最も効果的なマーケティングの手段になっている」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...