あのSpaceXも大活躍 エリザベス2世葬儀の生中継をかなえた仏テレビの“妙策”「エリザベス2世葬儀の生中継」を実現した通信技術【後編】

生中継のとき、いかに通信障害を回避するかが放送局にとって重要だ。英国エリザベス2世葬儀を中断なく世界に伝えるために「SpaceX」の力を借りた、仏テレビの妙策とは。

2022年11月24日 08時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英国エリザベス2世の葬儀の様子を生中継で視聴者に届けるために、世界各国の放送局はあの手この手を打った。中でも、フランスの公共放送機関France Televisionsの取り組みが斬新だったと言える。同社は何をしたのか。

あの「SpaceX」の力で生中継の“大敵”に対抗

 注目度の高いイベントの生中継は放送局にとって重要だが、失敗のリスクも高い。英国は今回、エリザベス2世の葬儀を守るために厳戒のセキュリティ態勢を敷き、放送局は普段の生中継用のバンやトラックが使えなかった。そうした中、France Televisionsが打ち出したのは、Space Exploration Technologies(SpaceX)の衛星通信プロジェクト「Starlink」の力を借りた生中継システムの使用だ。

 France Televisionsは、TVU Networksの無線映像伝送システム「TVU One」を採用し、それにSpaceXの衛星接続サービスを組み合わせた。従来のネットワークの仕組みでは、トラフィック(ネットワークを流れるデータ)が集中すれば、通信が切断されたり、生映像が使用不可能になったりしていた。TVU Networksによると、TVU Oneは複数の異なる信号を集約し、トラフィック集中によるネットワーク障害を避けるようにしている。

 TVU Networksは同社のパートナーであるMagic Hourを通じて、Starlinkを介する信号のルーティング(経路制御)を可能にする伝送技術と受信サーバをFrance Televisionsに提供した。France Televisionsはこうした仕組みを巧みに活用し、葬儀当日、生中継を中断なく実現できたという。同社ニュース制作ディレクターのロマルド・ラ氏は、「視聴者に確実に映像を届けることができて本当に良かった」と語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...