2014年02月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

残るは数社かスマートフォン管理市場、次の買収先としてうわさされる意外な会社

市場の統合に伴うリスクを考慮しつつ、各製品が提供する新技術を吟味する。それが、変動必至の2014年のエンタープライズモバイル管理市場に対して、企業のIT担当者が取るべきスタンスだ。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 エンタープライズ市場において、エンタープライズモビリティやITのコンシューマライゼーション、私物端末の業務利用(BYOD)のトレンドがますます広がっている。こうした中、2014年のエンタープライズモバイル管理(EMM)は、さらなる「技術の進歩」と「統合・買収」を軸にしたストーリーが展開されると、アナリストや業界ベンダーは見ている。

 米VDC Research Groupのシニアモバイルアナリスト、エリック・クライン氏は、「EMMは、ベンダーが創造性を発揮して機能の幅を広げなければならない段階に来ている」と指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。