2014年05月09日 12時00分 公開
特集/連載

キラーアプリはタッチ版「Microsoft Office」、WindowsタブレットのiPad超えは可能か「Windows 8.1 Update」登場で使い勝手が改善

「Windows 8.1 Update」の登場で使い勝手が向上したといわれる「Windows 8.1」。しかし、先行する「iPad」などに追い付くにはタブレットで利用できるタッチ版の「Microsoft Office」が求められる。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows 8.1 Update」によって、同OSの使い勝手は恐らく改善された。だがWindows 8.1 Updateの新機能が、企業のIT部門にWindows 8.1タブレットの導入を促すほど十分に魅力的かどうかについては、まだ定かではない。

 大半のIT部門は、Windows 8タブレットを導入するどころか、まだWindows 8もサポートしていない。IT管理者はWindows 8の複雑なユーザーインタフェース(UI)や、業務に役立つWindows 8対応アプリケーションがないことに不満を抱いている。

 米TechTargetの読者フォーラムでも、IT業界の読者から幾つかWindows 8の課題が指摘されており、「Windows 8はユーザーの学習曲線の傾きが大きい」との指摘や「デバイスドライバのアップグレードとインストールに苦労した」などの声も挙がっている。

Windows 8に移行するメリットは?

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...