2011年10月03日 09時00分 公開
特集/連載

BYODとITILは矛盾する関係なのか? 【後編】スマートフォンの管理が複雑なのは端末の技術的進歩が原因か?

従業員が持ち込む端末の管理は、なぜ複雑化するのか? 端末、ユーザー、IT管理者、経営者、各視点から考えてみる。

[Linda Tucci,TechTargetジャパン]

 米国を中心に、従業員の私物端末を業務でも使用可能とするBYOD(Bring Your Own Device)の考え方が普及している。だが中には「ITサービスを提供するための標準的なフレームワークがBYODに当てはまるのか」と疑問を投げ掛ける人もおり、IT部門に課せられた携帯端末管理という課題は複雑なものとなっている。

 本稿では前編「『ITILは携帯端末管理に役立たない』が間違っている理由」に続き、カナダのコンサルティング/トレーニング企業Aspect GroupでITIL(IT Infrastructure Library)担当チーフアーキテクト兼副社長を務めるシャロン・テイラー氏に、BYODとITILは矛盾する関係なのか、携帯端末が技術的進歩している点などを踏まえて聞いた。

―― 携帯端末やBYODをめぐる状況を見れば、技術の進歩があまりにも速く、管理すべき端末の種類の多さや、これらの端末用のソフトウェアの新リリースが頻繁だという部分は、ITILのベストプラクティスで対応できないのではないかという懸念もあります。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。