2015年07月17日 19時00分 公開
特集/連載

Nokia切り捨ては「Windows 10 Mobile」にとって有利に働くか最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

Windowsスマートフォンのハードウェア事業部門を対象に7800人の人員削減を実施すると発表した米Microsoft。その真意とは? 最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

Nokiaの切り捨てはWindows Phoneにとって有利に働くか

photo 人員削減を発表するMicrosoftの声明《クリックで拡大》

 編集部おすすめの記事は、2位「Nokia買収は何だったのか? Microsoftの『Windows 10 Mobile』新戦略でざわめき」です。米Microsoftは今後数カ月にかけて、Windowsスマートフォンのハードウェア事業部門を対象に7800人の人員削減を実施すると発表しました。こうした決断が2015年中にリリースされる見通しである次期モバイルOS「Windows 10 Mobile」に与える影響とは? 今回はWindowsスマートフォンに関する記事を紹介します。

Windows 10のモバイル機能を解説

 米Microsoftは「Windows 8」の失敗からの挽回を目指し、Windows 10の大幅な改良を打ち出しています。この新OSのモバイル機能について解説した記事です。具体的には、シームレスに端末を利用できる「Continuum」機能、セキュリティを強化するコンテナ化機能などを追加しており、小さなスマートフォン「Lumia」から、巨大な84インチ端末「Surface Hub」にまで対応しています。ユーザーとして最も気になる、セキュリティ機能や仕事用と私用のデータの分離などBYOD(私物端末の業務利用)での使い勝手について詳述しています。また、「Microsoft Office」がiOSとAndroidでも使えるようになっている中、Windows 10搭載スマホが競合製品に対して優位性を発揮できるポイントを解説しています。

Windows 10 MobileがスマホOSの歴史を変える?

 2015年秋にリリースが予定される「Windows 10 Mobile」に関する解説記事です。Windows 10とそのモバイル版のWindows 10 Mobileの両方で利用できるユニバーサルWindowsアプリなどの機能を使うことで、企業のIT部門は、Windows 10 Mobileが最適なモバイルOSとして評価するのではないか、という内容です。Windows 10を導入することで、従業員やIT部門がWindows 10 Mobileを仕事でも採用するケースが増えていく理由を「既存ハードウェアとの互換性」「Microsoft Officeの操作性、管理のしやすさ」など6項目に分けて解説しています。「スマホOSの地殻変動」という表現が大げさではないことが分かります。

Microsoftのスマートフォン「Lumia 640/640 XL」を徹底レビュー

 Windows 10にアップグレードできるMicrosoftのスマートフォン「Lumia 640/640 XL」を徹底レビューした記事です。Lumiaシリーズは数年来、カメラ機能に優れたスマートフォンの代表格となっており、ツァイスレンズを搭載した同製品について詳細に検証しています。Lumia 640とLumia 640 XLの主要なスペックはほぼ同じですが、価格や手触り、操作感からディスプレー、バッテリー駆動時間といった細かな違いを解説します。両機のどちらを選択しようか迷っているユーザーはもちろん、はじめてLumiaシリーズを購入しようという人にも役立つ記事です。

スマートフォン市場で競合に勝つために必要なこととは

 Windows 10によって、Microsoftがスマートフォン市場の覇権を握る可能性について論考した記事です。そのための条件として3つを挙げ、「Microsoftが何をしても、3番手から抜け出すことはできないだろう」という否定的な専門家の意見も交えながら詳細に解説しています。Microsoftは競争の激しいスマートフォン市場の切り崩しに苦戦しており、覇権を握るにはエンタープライズ分野でのシェアを上げていくことが先決と考えられます。Windows 10はモバイル機能を強化しており、企業のIT部門がこぞって導入する可能性は高いと想定されますが、そうした考えに対して疑問を投げ掛ける意見を多数紹介しています。

元Nokia社員は今後どうなる?

 Microsoftのモバイル戦略に関する記事です。同社は、2014年4月にフィンランドNokiaの買収を完了しました。同時に最大1万8000人に及ぶ人員削減を発表、そのうち約1万2500人は、元Nokiaのデバイス&サービス部門が対象となっていました。海外では決して珍しくない施策ですが、「デバイス&サービス」戦略から転換し、「クラウド&モバイル」戦略に注力することを宣言したMicrosoftの並々ならぬ決意が感じられます。その後のMicrosoftのモバイル戦略は既にご存じの通りですが、モバイル機能を強化したWindows 10のOS戦略でスマートフォン市場に果敢に挑む姿を見ていると、経営スピードが勝負の分かれ目になることが実感できます。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。