2021年09月22日 05時00分 公開
特集/連載

映像会社がストレージに「StorNext」を使う訳 “他社もまねしたい”仕組みとは制作スタジオを支えるストレージシステム【前編】

メキシコのある制作スタジオは、NVMe接続ストレージとテープバックアップを使って事業拡大を見据える。これを支えるのはQuantumの「StorNext File System」だ。

[Tim McCarthy,TechTarget]

 メキシコの映像制作会社EFD International(以下、EFD)は、新しいスタジオにQuantumのデータ管理システム「StorNext File System」(以下、StorNext)を導入した。コラボレーション、ストレージのバックアップ、ファイル共有、冗長化したネットワークなどをわずか4カ月で構築した。

 メキシコ、コロンビア、スペイン、ドイツ、米国にオフィスを構えるEFDは、ラテンアメリカ映画やテレビ番組を複数手掛ける。『Bachelor in Paradise』や『Spectre』(邦題:007スペクター)など米国の作品にも幾つか関わっている。

 EFDの編集ディレクター兼COO(最高執行責任者)のロイ・サントヨ氏は「他社がまねをしたくなるような最新の制作スタジオを立ち上げろ」という上司からの指示を受けた。「スタジオの立ち上げには長い時間がかかるものだが、4カ月で準備を整えたかった」とサントヨ氏は語る。

映像会社がStorNextを採用した意外な理由

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。