TechTargetジャパン

講演資料
「テープは過去の遺物」の理解こそ過去のもの、進化を続けたテープストレージの今とは
 「テープストレージは過去の遺物」という認識が軽率であることは多くの読者が理解するところだろう。爆発的な増加が始まっている情報のライフサイクル管理を実行する上で、テープストレージはこれまでも、そしてこれからも、重要な役割を果たしていくだけの特性と品質が...(2016/1/22 提供:富士フイルム株式会社)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2017/3/2 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
マンガで分かる重複排除ディスクバックアップ、3つのメリット
 近年IT環境は著しい変化を遂げ、新たなインフラの導入が進んでいるが、バックアップについては、個別設計・構築のためサイロ化し管理が煩雑となっており、支店や小規模拠点まで管理が行き届いていないケースも多く見られる。今後は、バックアップも、規模の大小や場所を...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
予算範囲の最適コア数は768――明電舎が分析時間を短縮した特化型のサーバ選び
 サーバの導入や刷新では、予算や時間などのさまざまな制約条件が課される。その中でパフォーマンスを最大化するためには、用途を絞り込むことも重要となる。このアプローチでサーバ環境の大幅な改善に成功したのが重電メーカーの明電舎だ。 同社は大型発電機の開発に必...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
これならできる! 中小規模環境向けバックアップソリューション
 TechTargetジャパンが、会員を対象に実施した「バックアップツールの利用状況に関するアンケート調査(2012年実施)」によると、「バックアップツールを導入済み」の企業は67.4%であった。裏を返すと、実に1/3の企業がバックアップツールを導入していないことになる。(2013/3/29 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
マルチベンダー環境の保守コストを抑える秘訣――EOSL延長で継続利用するために
 複数ベンダーによるITシステムでは、機器ごとに保守サービスを受けるため、一部の機器の保守契約終了が全体的な保守コストを押し上げてしまうこともある。契約終了後に保守継続を断られたり、高額な保守費用を請求されたりして、保守契約なしのスポット修理で運用を続け...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ROIは約15倍、100円の投資で1470円を稼ぐEC企業は何をしているのか?
 インターネットがもたらした消費者のライフスタイルの多様化が、あらゆる業種でEC(電子商取引)の普及を後押ししている。このビジネスチャンスを生かすことで、あるEC企業では「100円の投資で1470円を稼ぐ」という投資効率を実現している。投資対効果(ROI)にして約15...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
バックアップ対策に潜むリスク――失敗しないための3つのサイクル
 多くの企業がマイナンバーのバックアップ対策を行ったが、一般的なデータと異なり、厳格な管理が求められる。マイナンバーのバックアップについて、「自社システムで法制度を順守できるのか」「運用方法は適切といえるのか」という不安を感じるシステム担当者は少なくな...(2015/12/14 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
共有サーバのデータを毎日保護することはできない? 簡単な方法あります
 ファイルサーバは手軽にファイル共有できる利便性がある一方で、容量が一杯になると必要なファイルが消されてしまったり、ファイルの世代管理や検索性においても課題がある。一般的にファイルの世代管理はスナップショット機能を使うことが多いが、データは複製せず、取...(2015/11/24 提供:株式会社日立製作所)

事例
キューアンドエーのSDS運用4年間の実態を聞く、そのメリット・デメリットとは?
 コンバージド(垂直統合型)システムは、サーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめた製品である。サーバが各部署で乱立し、サイロ化してしまった既存システムの建て直しに大きな効果を発揮する。サーバに加えストレージやネットワークまでも1つの筐体に...(2015/7/31 提供:横河レンタ・リース株式会社)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を追わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返すわけにも...(2015/6/19 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例と有識者による徹底討論で検証「IAサーバの代替になり得るLinuxプラットフォーム」
 IAサーバでは思ったようなパフォーマンスが出ず、ビッグデータ時代への対応に不安を感じているユーザーは多い。その解決策としてOSSを利用したハイパフォーマンスマシンの導入は有力な選択肢だが、いくら快適な環境になっても、導入までのアプリケーション移行や導入後...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IBMが実証するテープの新常識
日本の開発現場を覗きつつ、テープに関する最新技術や効果的な活用方法とともに、IBMのテープ・ストレージについて詳しくご紹介。「テープは古い!」のイメージを覆す、らテープの新常識が明らかに。(2010/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
サーバ仮想化の「理想と現実」のギャップを解消する
 新規システム導入時にクラウドや仮想化を採用する企業が増えており、多くの企業でプライベートクラウド導入に前向きだ。だが、仮想化を導入したが、管理対象が増え運用コストが増加したり、人員や担当者のスキル不足などの新たな課題を抱えることになった例も多い。日本...(2015/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
データ保護でコスト削減を行う10の方法
 昨今の急速なデータの増大と、データ増に対応できない旧来の非効率的なデータ保護システムにより、多くの組織がコスト増に悩まされている。データ保護システムに新たなテクノロジーを導入することで、IT部門スタッフの運用負荷を軽減し、コスト節減、ひいては別のアイデ...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Windows Server 2003サポート終了。コストメリットのあるファイルサーバのリプレース方法とは
 サポート終了の迫るWindows Server 2003。OSのサポート切れによる危険性が大きく取り上げられているが、長年使用し続けたハードウェアも老朽化による故障リスクが増加している。サポート終了を迎えるサーバ機器も、早期に対策を検討する必要がある。 ではファイルサー...(2014/11/13 提供:株式会社バッファロー)

製品資料
「ストレージ管理は複雑でコスト高」から解放するデルのストレージ価格の再定義
 これまでのレガシーなストレージは、データとハードウェアが密接に結び付いていたり、ベンダーロックインに陥ったりと、複雑でコストの掛かるものだった。仮想化をはじめとする新しいテクノロジーの到来は、ストレージにも大きな影響を与えている。データ容量、処理速度...(2014/11/11 提供:デル株式会社)

事例
30台の物理/仮想混在サーバ環境、バックアップコストを3分の2に削減する方法
 サーバ仮想化が一般化した今、物理環境と仮想環境が混在した社内システムのバックアップ方法に悩む企業が増えてきた。このコンテンツでは同様の悩みを解決した2社の事例を紹介したい。 幅広いIT分野でシステム開発を手掛けるTDCソフトは、バックアップソフトとカートリ...(2014/2/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
重複排除バックアップアプライアンス導入ガイド
 重複排除は、「大容量のデータを短時間でバックアップし、ストレージの全体的な設置スペースを減少する」というバックアップの課題解決の鍵だ。なかでも、任意の場所から重複排除を実行し、一元管理が行える連携型重複排除ソリューションは、分断された重複排除テクノロ...(2014/4/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
完全保存版:IBM i環境のためのクラウド導入・活用ガイドブック
 クラウドサービス活用が浸透し、オープン系では基幹系システムをクラウド上に構築する企業が増えている中、IBM i環境ではクラウド導入が進んでいるとは言い難い状況だ。だがクラウドベンダーのIBM iクラウド参入により、IBM i環境のクラウド活用は本格化の時期を迎えて...(2014/7/14 提供:IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
ビッグデータ時代にスケールアウトNASが選ばれる3つの理由
 大規模な仮想化や非構造化データの増加、分析・解析データの増加は、「ビッグデータ」の潮流となって企業ITの姿に変化をもたらした。販売されるストレージ容量の80%がファイルベースのデータ用となるといった調査会社の予測データもある。 社内業務で増え続けるMicros...(2014/3/31 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

製品資料
情シスの悩み解決! 仮想化共通基盤はレディメイド型製品で「早い・安心・簡単」構築を
 管理負荷もコストも増大する個別最適化の縦割り運用を解消し、効率的なITインフラ運用を実現するには、全体最適による仮想化共通基盤へのシフトが必要になる。だが、インフラの設計・構築・検証が大変、仮想基盤での複雑な運用、増設時に煩わしい検討が必要、など課題が...(2014/2/24 提供:日本電気株式会社)

レポート
第三者機関が徹底検証 バックアップ課題の解決策としてアプライアンスは有効か?
 バックアップとリカバリの改善は、サイジングやデータ量、仮想環境への対応など課題が多く、専任者のいない中堅・中小企業では最優先事項に挙げられながら、取り組みが困難なのが実情だ。必要なコンポーネントを1台に集約したバックアップアプライアンスが注目されてい...(2013/11/1 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
ビッグデータ時代のデータ保護 物理、仮想、クラウドの保護を簡素化するには?
 ビッグデータ時代を迎え、IT部門は「データ保護」の大きな課題に直面している。リモートサイトに保存されている重要なデータを、複数のポイントソリューションを導入せずに保護するにはどうすればよいか? コストをかけることなく、コンプライアンスを確保するには? ...(2013/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
正攻法から裏技まで! 自社に最適なバックアップ手法を選ぶコツとは?
 大量データを安全な形で長期保管するために重要な「バックアップ」。しかし、バックアップ技術は多様化しており、企業によってはシステム構成や予算によっても適用できる手法は異なる。これでなくてはならないという絶対的な方法論は存在しない。 どうすれば、自社に最...(2012/12/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例から考察するメディア/コンテンツBigDataの世界とは?
 ついにコンテンツBigDataが襲来する時代となった。政府機関では、ビデオ監視やコンプライアンス、法廷記録が重要な位置づけとして捉えられている。医療では、創薬実験や患者のカルテ記録に映像管理が導入されている。エネルギーの分野でも地質探査を含む映像コンテンツ...(2013/4/12 提供:日本クアンタムストレージ株式会社)

事例
MTV Japanが物理/仮想サーバ混在環境で高速バックアップを実現できるわけ
 世界最大級のユース向け音楽&エンターテインメントブランド「MTV」を運営するMTV Networks Japanは、放送事業をはじめ、ブランドを活用した広告販売事業やライセンシング事業、番組販売事業などを展開している。  同社では、グローバル基準で事業の運営に関連する重要...(2012/12/14 提供:株式会社シマンテック)

事例
SIer視点で見た「マーケティング活動に強いEC基盤・カスタマーサポート&サービス」の構築ノウハウ
 オムニチャネル時代へ加速する中、複数チャネルを組み合わせ、顧客の特性や状況に応じたコミュニケーションを実現する必要が高くなっている。特に、ECサイトのデザインや検索サイトでの露出、買い物機能の強化が、ブランド自体の差別化になるケースは少なくない。 本ホ...(2013/5/30 提供:TIS株式会社)

Loading