2015年10月30日 17時00分 公開
特集/連載

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介フラッシュメモリの劣化をできれば止めたい

利用場面が急速に拡大しているフラッシュメモリですが、そのメリットを享受するためには劣化に十分注意する必要があるそうです。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

劣化するフラッシュメモリに注意、利点が生かせない理由とは?

グラフ オールフラッシュアレイは国内でも普及が進むとみられる(TechTargetジャパン「市場調査で分かった、オールフラッシュストレージの導入状況とその使い所」より)《クリックで拡大》

 編集部のお薦め記事は、3位「フラッシュメモリが“過労死”? VMwareとMicrosoftの仮想環境が心配だ」です。利用場面が急速に拡大しているフラッシュメモリ。フラッシュメモリは読み出し用には適しているものの、書き込み用としてはそれほど優れたメディアではありません。この記事では、フラッシュメモリの利点を生かすには、その劣化に十分注意する必要があり、この問題に対応すべく、仮想ストレージベンダーがよく用いるのが「ライトコアレセンス」(Write Coalescence)という手法を紹介しています。今回はフラッシュメモリ/SSD(ソリッドステートドライブ)関連の記事を紹介します。

最新メモリ技術、4つの進化を解説

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。