ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

新着記事カテゴリ

クラウド 新着記事

news03.jpg

「FinOps」がうまくいかない理由とは? クラウドコスト削減には何が必要か

クラウドコストを一元的に可視化して管理するFinOpsに関心を持つ企業が増えている。しかし、FinOpsに取り組んでも思うように成果が上がらない企業も珍しくない。(2024/06/06)

news03.jpg

ポルシェのレーシングチームが活用する「ハイブリッドクラウド」とは

Porscheのレーシングチームは「ハイブリッドクラウド」を使い、走行する車体が生み出すデータを活用している。どのような仕組みなのか。(2024/06/05)

news04.jpg

VMwareの「ライセンス変更」を批難する人と喜ぶ人、それぞれの考え方

BroadcomがVMwareを買収したことを受け、VMware製品のライセンス体系が大きく変わることになった。この変更を有意義に感じている人がいれば、理不尽に感じている人もいる。それぞれの意見とは。(2024/06/05)

news10.jpg

クラウドストレージの「予算超過」を招く意外な“落とし穴”とは

企業はクラウドストレージを積極的に採用している一方で、予算超過や想定外の出費が発生していることが、調査レポートから明らかになった。企業はどのような出費に頭を抱えているのか。(2024/05/31)

news09.jpg

「クラウドコストが予算オーバー」はなぜ起こる?

世界各国で、クラウドサービスのコストが当初の予算を超える企業が相次いでいる。なぜコストが膨らんでしまうのか。(2024/05/30)

news08.jpg

「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?

VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/05/29)

news02.jpg

Microsoft 365から「Teams」が消えても“あの問題”はなくならない?

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する方針を全世界に拡大させた。この措置にはある狙いがあるものの、根本的な問題はなくならないという見方がある。(2024/05/25)

news09.jpg

「Microsoft Azure以外だとWindowsが高くなる」は本当なのか?

欧州の業界団体「CISPE」は、欧州委員会に対して、Microsoftのビジネスへの苦情を申し入れた。これを受けてMicrosoftはCISPEとの協議に臨んでいる。CISPEは何を指摘したのか。(2024/05/21)

news04.jpg

AWSが「1年ぶりの大量解雇」に踏み切った理由

従業員の人員整理を繰り返してきたAWSが、また従業員の大量解雇に踏み切る方針が明らかになった。今回の解雇の背景には何があるのか。(2024/05/17)

news11.jpg

「脱ESXi」で陥る落とし穴 “AHVへの移行”が簡単にはいかないのはなぜか

VMware製品からNutanix製品に乗り換えるユーザー企業がある。だが移行には課題があるので、移行が正しい判断なのかどうかを十分に検討することが欠かせない。(2024/05/07)

news04.jpg

クラウドの「あの料金」が変わる可能性も AWSとMicrosoft“独占問題”の末路

英国競争市場庁はAWSとMicrosoftのサービス提供について、クラウドサービス市場の公正な競争を阻害する可能性のある点を調査している。クラウドサービスの今後にどう影響するのか。(2024/05/01)

news04.jpg

VMwareユーザーの一部が「Nutanix」に移行する理由

BroadcomがVMwareを買収したことで、VMwareを利用していた一部のユーザー企業が別の製品群に乗り換えている。Nutanixは、そうした動向の背景をどう分析しているのか。(2024/04/30)

news04.jpg

クラウドを離脱できない「クラウド縛り」の元凶は“あの3つの問題”だった?

クラウドサービスを英国市場で提供するAWS、Microsoftといった主要クラウドベンダーについて、英国情報通信庁(Ofcom)は、公正な競争を阻害する可能性のある“3つの問題”を指摘する。(2024/04/24)

news01.jpg

実はアプリ開発の“あの技術”は重要じゃなかった? Red Hatが調査

企業がアプリケーション開発において、重視している方針を調査したところ既存アプリケーションのモダナイゼーションが最上位だった。一方で、企業はある項目については重視していないことも分かった。(2024/04/18)

news07.jpg

クラウドをやめられない「クラウド地獄」問題でAWS、Microsoftが調査対象に

さまざまな選択肢があったクラウドサービス市場は、現在では主要3サービスが市場の大部分を占めている。これを受け、規制当局はある理由から主要ベンダーが意図的に独占状態を作っているとして調査を進めている。(2024/04/17)

news09.jpg

「オンプレミス回帰」は本当に起きているのか“幻想”なのか? Red Hatが分析

パブリッククラウドからオンプレミスへの回帰といった動向が注目される傾向にあるが、実際にITインフラの分野で起きていることは何なのか。Red Hatが分析した。(2024/04/11)

news09.jpg

企業は「Windows 11」に興味がない? むしろ“あれ”を重視するのはなぜか

Windows 10のサポート終了が控えている中でも、企業は「Windows 11」へのアップグレードをそれほど重視していない。その背景には何があるのか。企業がWindows 11への移行よりも重視していることとは。(2024/04/09)

news16.jpg

「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか

VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/03/29)

news02.jpg

Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。(2024/03/24)

news11.jpg

「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”

Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。(2024/03/19)

news03.jpg

AWSと英内務省による「前代未聞のクラウド契約」に業界が震えた訳

英国内務省とAWSが2023年末に締結したサービス契約の内容が、専門家の間で議論を呼んでいる。内務省には、プロジェクトに従事するAWS担当者を審査する権限がないためだ。どういう背景があるのか。(2024/03/14)

news01.jpg

「クラウド料金が予想外に高い」を防ぐならとにかく"あれ"を徹底すべし

クラウドサービスの利用においてFinOpsが重要だという認識は広がりつつあると考えられるが、ほとんどの企業は具体的な対策を打てていない。企業は何に取り組めばいいのか。(2024/03/14)

news09.jpg

「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない

VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。(2024/03/12)

news10.jpg

AWSと英内務省による「謎のクラウド契約」に衝撃が走る その実態とは?

英国内務省が2023年末にAWSと締結したサービス契約料金が「今までにないほどの額」に達していることが、専門家たちの注目を集めている。(2024/03/08)

news08.jpg

「クラウド料金」をガチ削減するならFinOpsの“まね事”では無意味な訳

クラウドサービスのコスト管理の手法としてFinOpsがある。FinOpsは、クラウドサービスのコスト増大に悩む企業にとっての解決策となり得るのか。(2024/03/07)

news12.jpg

英国内務省とAWSの「4.5億ポンドの契約書」に含まれていた“危うい一文”とは

英国内務省が2023年末にAWSと締結した3年契約は4.5億ポンドもの大型案件だった。政府が公開している契約書の内容と経緯が、専門家の間で議論を巻き起こしている。(2024/02/29)

news10.jpg

クラウドが「高過ぎる」なら、次は脱クラウドじゃなくてFinOps?

クラウドサービスを利用する企業の悩みとして顕著になってきているのが、コストの肥大化だ。コストを最適化する手法として企業は「FinOps」に注目し始めているが、その実践は容易ではない。何が必要なのか。(2024/02/29)

news11.jpg

Amazon S3やSageMakerで作るドローンサービス AWSを使う理由とは?

ドローンサービスを手掛けるマレーシアのAerodyneは、世界規模でサービスを提供するためのインフラとしてAWSのクラウドサービスを利用する。AWSを利用する狙いと、生み出している成果とは。(2024/02/27)

news13.jpg

VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?

BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。(2024/02/27)

news10.jpg

クラウド料金が「高過ぎる現実」を前に払うしかない企業の本音

クラウドサービスのコストが上昇しており、それが負担になっている企業は珍しくない。企業はクラウドサービスについてどう感じているのか。どのように負担を抑えればいいのか。(2024/02/15)

news05.jpg

LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー

生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。(2024/02/14)

仮想化 新着記事

news04.jpg

VMwareの「ライセンス変更」を批難する人と喜ぶ人、それぞれの考え方

BroadcomがVMwareを買収したことを受け、VMware製品のライセンス体系が大きく変わることになった。この変更を有意義に感じている人がいれば、理不尽に感じている人もいる。それぞれの意見とは。(2024/06/05)

news05.jpg

「VMwareライセンス」は何が変わった? 教育現場を悩ませる“コスト増”の原因

BroadcomのVMware買収の影響が教育機関に及んでいる。ベルギーのルーベンカトリック大学も影響を受けた機関の一つだ。どのような変更があり、教育現場をどう苦しませているのか。(2024/05/30)

news08.jpg

「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?

VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/05/29)

news07.jpg

「VMwareライセンス費用の増加」に悲鳴 “買収の余波”が教育現場にも

BroadcomによるVMware買収に伴い、教育機関がVMware製品の実質的な値上げに直面している。VMware製品の代替製品を検討する余裕がない非営利団体の事例を紹介する。(2024/05/23)

news11.jpg

「脱ESXi」で陥る落とし穴 “AHVへの移行”が簡単にはいかないのはなぜか

VMware製品からNutanix製品に乗り換えるユーザー企業がある。だが移行には課題があるので、移行が正しい判断なのかどうかを十分に検討することが欠かせない。(2024/05/07)

news04.jpg

VMwareユーザーの一部が「Nutanix」に移行する理由

BroadcomがVMwareを買収したことで、VMwareを利用していた一部のユーザー企業が別の製品群に乗り換えている。Nutanixは、そうした動向の背景をどう分析しているのか。(2024/04/30)

news16.jpg

「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか

VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/03/29)

news11.jpg

「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”

Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。(2024/03/19)

news09.jpg

「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない

VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。(2024/03/12)

news13.jpg

VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?

BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。(2024/02/27)

news09.jpg

「BroadcomによるVMware買収」は何の始まりなのか?

BroadcomによるVMwareの買収がついに完了した。今後Broadcomはどのような戦略を取るのか。VMware買収により何が始まるのか。(2023/12/26)

news04.jpg

VMware信者をやめるのが「悪くない選択肢」である理由

VMwareがBroadcomに買収されたことで、VMwareの製品やサービスを使う企業は新たな戦略を選択する岐路に立たされている。どのような対処を検討すべきなのか。(2023/12/26)

news13.jpg

Broadcom配下で「脱VMware」が止まらない?

これまでに買収した企業の事業を売りさばいてきたBroadcomが、VMwareを買収した。VMwareの製品やサービスを利用する企業にとって、今回の買収は事業にまで影響を及ぼす変化を生む可能性があるという。その影響とは。(2023/12/20)

news14.jpg

「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由

GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。(2023/12/13)

news05.jpg

“Windowsをやめた”ホテルチェーンが「Chromebook」を使い始めた理由

アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みを導入したホテルチェーンの狙いとは。(2023/11/10)

news08.jpg

「Chromebook」で“Windowsアプリ”が使えると何がうれしいのか?

アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、端末に依存せずにさまざまなアプリケーションを実行可能になる。その具体的なメリットとは。(2023/11/02)

news03.jpg

「BroadcomのVMware買収」がユーザー企業を喜ばせる理由とは?

BroadcomはVMwareの買収を通して、マルチクラウドで利用可能な製品の開発に力を入れる姿勢だ。この買収と、その後のVMwareがクラウド市場にもたらす影響とは。(2023/09/11)

news09.jpg

「VMware製品が使えなくなる」可能性は本当か? 真偽を問う“3つの理由”

BroadcomによるVMwareの買収で、欧州委員会をはじめとした規制当局はVMware製品の相互運用性が失われることを懸念している。しかしこの懸念は、実態に即していない可能性がある。その理由とは。(2023/09/08)

news10.jpg

BroadcomによるVMware買収が「不当だ」と見なされた理由

BroadcomによるVMwareの買収について、欧州委員会と英国競争市場庁(CMA)が調査に乗り出している。規制当局がBroadcomによる買収を警戒するのはなぜなのか。(2023/09/04)

news11.jpg

「VMware製品をクラウドで使う難しさ」はBroadcomの買収でどうなるのか

VMwareはマルチクラウドで利用できる製品やサービスの提供に力を入れているが、複数のインフラで同社製品を利用するときの複雑さは残っている。こうしたVMware製品の課題は、Broadcomの買収でどう変わるのか。(2023/09/01)

news06.jpg

クラウドサービスの「新ステージ」を導く“期待のダークホース”とは?

IaaSを始めとするクラウドサービス市場は好調を継続している。そうした中で、今後のクラウドサービス市場を左右する“ある動き”が浮上している。どのような影響があるのか。(2023/08/29)

news04.jpg

「VMwareが買収のせいで競争力を失う」のは本当なのか?

BroadcomによるVMware買収は、「VMwareが事業を縮小するのではないか」という懸念をユーザー企業にもたらした。この見方は正しいのか。Broadcomが考える、買収後の事業方針は。(2023/08/28)

news09.jpg

AWSでもMicrosoftでもない“急浮上”のクラウドベンダー、沈んだあの大手

Gartnerによると2022年のIaaS市場は、全体としては好調を継続した。ただし主要クラウドベンダーの成長には明確な“明暗”があった。その実態とは。(2023/08/24)

news01.jpg

VMwareは「Broadcomによる買収」にあくまで前向きだった?

英国政府が「待った」を掛けたBroadcomによるVMwareの買収。両社が買収を発表してから英国政府が調査を開始するまでの経緯を、VMwareのCEOの発言を交えながら振り返る。(2023/07/06)

news04.jpg

「BroadcomのVMware買収」は進むのか進まないのか 各国が注目するその結末

BroadcomのVMware買収について、英国政府が調査を進めている。この買収は世界各国の市場に影響を与えかねないため、調査の行方が注目されている。(2023/06/29)

news10.jpg

BroadcomのVMware買収に「待った」が掛かった理由

半導体ベンダーBroadcomは、仮想化ソフトウェア市場で支配的地位にあるVMwareを買収する。その優越的地位が市場に悪影響を与える可能性を危惧して、英国政府が調査に乗り出している。(2023/06/23)

news02.jpg

「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)を“危険にしない”10項目

「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)を狙ったサイバー攻撃が拡大している。ユーザーはセキュリティを強化するために、どのような対策を取ればいいのか。(2023/05/30)

news07.jpg

「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)が“安全だ”と信じてはいけない理由とは?

エンドユーザーやIT管理者がテレワークをする上で「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)は役立つ技術だが、業務の安全性を保つためには注意すべき点がある。その理由を解説する。(2023/05/23)

news10.jpg

「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)に“穴”がある? 教育機関が警戒

高等教育機関や研究機関向けにITサービスを提供する英国の非営利組織Jiscは、ランサムウェア攻撃から大学や研究機関を保護することを目的に、新たな対策を導入する。(2023/05/16)

news03.jpg

ホテルチェーンがなぜ「5G SA」? 宿泊客の“期待値以上”は実現するのか

「5G SA」「ネットワークスライシング」といった技術は、ホテル業界の未来にどのような影響を与えるのか。スペインのホテルチェーン大手が実践する、先進的な取り組みを紹介する。(2023/03/21)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。