ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

新着記事カテゴリ

ネットワーク 新着記事

news05.jpg

6Gが「5Gより50倍高速」になる“意外な理由”とは

6Gでは5Gと比べて50倍以上のデータ伝送速度が期待されている。速さを向上させるには、ミリ波やテラヘルツ波といった周波数帯の電波を使いこなす必要があるが、そのためには“あるもの”が必要だ。(2024/05/24)

news02.jpg

“5G強化版”であり“6G予告版”でもある「5.5G」の進化とは?

5Gの進化系である「5G-Advanced」はどのような機能が強化されるのか。6Gが登場する前に、どのようなモバイルネットワークの進化が見られるのか。(2024/05/22)

news10.jpg

“6G予告版”「5.5G」は「5G」と何が違うのか?

5Gの進化版「5G-Advanced」(5.5G)は、早ければ2024年中に商用サービスが開始する。5G-Advancedは5Gとは何が違い、なぜ必要なのか。(2024/05/15)

news08.jpg

「Galaxy S24」が予感させる“AIスマホ時代の始まり”

Samsung Electronicsの新スマートフォン「Galaxy S24」は、デバイスにAI機能を搭載している。AI機能が組み込まれることで、スマートフォンの利用はどう変わるのか。(2024/05/08)

news01.jpg

「6G」は“5Gの失敗”を乗り越えられるのか

6Gは早ければ2029年にサービスを開始するという予測がある。一方で5Gに失望したユーザーもいる。ユーザーにとって“期待外れ”にならないために、6Gには何が必要なのか。(2024/05/06)

news02.jpg

宇宙にさえ接続「6Gネットワーク」がもたらす“次世代通信”とは

「6G」の開発は、経済的な覇権を握るチャンスでもある。欧州ではさまざまな6G研究プロジェクトが動いている。どのような6Gを目指しているのか。(2024/04/29)

news03.jpg

「5G」ではなく「6G」なら医療と自動車の“あれ”が本当に実現する?

5Gの次世代として開発が進む「6G」は産業を変革できるのか。特に6Gに期待を寄せているのが医療と自動車の業界だ。6Gに何を期待しているのか。(2024/04/22)

news05.jpg

「6G」は“なんちゃって5G進化版”なのか、周波数帯のあれが本当に変わるのか?

5Gではミリ波と呼ばれる周波数帯が割り当てられたが、通信事業者は使いこなすのに苦労している。この周波数帯利用の点を含めて、6Gにはどのような変更が加えられるのか。(2024/04/15)

news02.jpg

無線LAN「Wi-Fi Halow」は何に使える? 普通のWi-Fiとはちょっと違う応用例

無線LAN規格「Wi-Fi Halow」(IEEE 802.11ah)は電力消費を抑える機能や約1キロ届く通信など、IoT向けの機能を搭載している。実際にどのような用途に使えるのか。(2024/04/12)

news05.jpg

同じ無線LANでも「Wi-Fi 6」とは根本的に違う「Wi-Fi Halow」だけの機能とは?

無線LANの業界団体WBAが、IoT向けの無線LAN規格「Wi-Fi HaLow」に関するホワイトペーパーを公開した。今後の活用を見込んで、さまざまなユースケースを検証する。Wi-Fi Halowとは何か。(2024/04/05)

news05.jpg

AIスマホ「Galaxy S24」は過去のAndroid端末とは“あれ”が違う

Samsungのスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」の特徴の一つは、端末にAI機能を組み込んでいることだ。スマートフォンの利用はどう変わるのか。(2024/03/23)

news03.jpg

Androidスマホ「Galaxy」が予感させる“AIスマホ時代の始まり”

Samsungが発表したスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」について、業界のアナリストは「AI技術への注目度を高める存在」という見方をしている。それはなぜなのか。同シリーズの特徴と共に解説する。(2024/03/16)

news11.jpg

なぜ「普通の無線LAN」にしなかった? クリケット競技場がOpenWiFiを使う訳

南アフリカのスタジアムが「OpenWiFi」を活用して無線LANを構築した。無線LANによるネットワークを構築した目的と、OpenWiFiを使った理由とは。(2024/03/05)

news11.jpg

米バージニア港が無線LANではなく「プライベート5G」を選んだ理由

バージニア港のノーフォーク国際ターミナル(NIT)は、港湾設備の運用効率改善を目指してプライベート5Gのネットワークを構築する。NITの拡張計画において5Gが果たす役割は。(2024/03/04)

news03.jpg

Wi-Fiの「遅い」「つながらない」をなくす“無線LANの技術革新”とは?

無線LANのQoS(サービス品質)要件は、アプリケーションやネットワークを提供する場所によって異なる。無線LANのQoS確保方法を解説する技術レポートを公開した業界団体WBAは、何を推し進めているのか。(2024/02/08)

news10.jpg

AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?

小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/02/07)

news06.jpg

「Wi-Fiの“品質”」って何のこと? 無線LANのKPIで解説

WBAは、無線LANのQoS(サービス品質)を向上させる方法をまとめた技術レポートを公開した。映像やゲーム配信用のネットワーク、オフィスや公共施設のネットワークなどの品質を保つ指標とは。(2024/01/31)

news12.jpg

「5G」の次世代「6G」で何ができる? インドで始まる“モバイルの未来”を解説

通信機器ベンダーEricssonは、インドにおける「6G」研究プログラムを開始した。どのような新技術や活用例が登場するのか。名門工科大IITと提携する狙いとは。(2024/01/29)

news09.jpg

もう「Wi-Fi 7」時代? 無線LANの気になる進化

Wi-Fi 6の次世代となる無線LAN規格「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)。Wi-Fi 6までの無線LAN規格と比べてどのような進化が見込めるのか。新たに登場する無線LANアクセスポイントと併せて紹介する。(2023/12/27)

news07.jpg

プライベート5Gは「Open RAN」でまだ面白くなる? 名門工科大が見込んだ可能性

リガ工科大学はIS-Wirelessと提携し、「プライベート5G」の導入を進めるとともに、産学連携の先進研究室を立ち上げる。同校はどのようなニーズを見越して、ネットワーク分野の研究に取り組もうとしているのか。(2023/12/21)

news04.jpg

Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?

「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/07)

news10.jpg

次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?

次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。(2023/11/30)

news08.jpg

テキサスの名門大学が「プライベート5G」を導入した納得の理由

大学や研究機関はネットワークにも厳しい要件を求める。そうした中、テキサスA&M大学がプライベート5Gをキャンパスや研究拠点に導入した。同大学が導入したプライベート5Gの構成や導入の背景を説明する。(2023/11/07)

news05.jpg

クック諸島の小学校が入れ替えたネットワークは「島国ならでは」だった

南太平洋の島国であるクック諸島にある一部の小学校は、通信衛星を介したネットワークを利用していた。しかし、通信衛星ではオンライン教育に十分な性能のネットワークを提供できなかった。(2023/11/01)

news05.jpg

5Gとプライベート5Gの“兼用通信”がなぜW杯で必要だったのか NTT子会社が開発

NTTの子会社トランザテルが、フランスの自治体からラグビーワールドカップ期間中に安全を確保するためのシステムを受注した。同社はどのようなシステムを開発したのか。(2023/10/13)

news06.jpg

ラグビーW杯で飛躍する技術 フランス代表は“話題のあれ”で試合に挑む

スポーツの国際大会の成功には、選手以外の尽力が欠かせない。フランスで開幕したラグビーワールドカップ2023では、通信事業者が手を尽くして支えている。(2023/10/06)

news03.jpg

無線LAN運用をベンダー任せにする「マネージドWi-Fi」の何が駄目なのか

エンドユーザーにとってWi-Fiが欠かせなくなった昨今、Wi-Fiの新たな課題が浮上している。その現状を踏まえ、業界団体のWBAは通信事業者に警告を送る。(2023/10/06)

news09.jpg

WBAが「マネージドWi-Fi」の推奨事項を公開した“真の狙い”とは

WBAは通信事業者向けに「オペレーターマネージドWi-Fi」(OMWi)のレファレンスアーキテクチャを作成した。このレファレンスアーキテクチャの制作には単なる知識やノウハウの共有以上の狙いがある。(2023/09/29)

news15.jpg

マネージドWi-Fi「OMWi」はなぜ“使えない無線LAN”なのか?

企業やエンドユーザーにとって欠かせない存在となっているWi-Fi。通信事業者がマネージドサービスとしてWi-Fiを提供する場合には課題がある。業界団体が改善に乗り出した。(2023/09/22)

news01.jpg

「5G」があっても解消できないアジアの“深刻な問題”

GSMAの調査によれば、アジア太平洋地域のモバイル通信市場の規模は拡大が見込まれる。しかし、その成長に当たっては幾つかの課題がある。(2023/09/20)

スマートモバイル 新着記事

news08.jpg

「Galaxy S24」が予感させる“AIスマホ時代の始まり”

AI(人工知能)技術の活用が広がる中で、スマートフォンの利用はどう変わろうとしているのか。Samsung Electronicsが発表したスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」を例にして、“AIスマホ”の特徴を紹介する。(2024/05/08)

news02.jpg

クアルコムの“AIスマホ向け”新SoC「Snapdragon 8s Gen 3」は何がすごい?

「オンデバイスAI」に注力するQualcomm Technologiesが発表した「Snapdragon 8s Gen 3 Mobile Platform」は、どのようなSoCなのか。その特徴を紹介する。(2024/04/27)

news02.jpg

スマホを中古で買うなら「Android」ではなく「iPhone」が面白いのはなぜ?

スマートフォンをはじめとしたモバイル端末の下取り市場が活況を呈している。「iPhone」シリーズと「Android」搭載端末の取り扱い状況と、中品を選ぶ際のポイントを見てみよう。(2024/04/13)

news05.jpg

AIスマホ「Galaxy S24」は過去のAndroid端末とは“あれ”が違う

Samsungのスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」の特徴の一つは、端末にAI機能を組み込んでいることだ。スマートフォンの利用はどう変わるのか。(2024/03/23)

news03.jpg

Androidスマホ「Galaxy」が予感させる“AIスマホ時代の始まり”

Samsungが発表したスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」について、業界のアナリストは「AI技術への注目度を高める存在」という見方をしている。それはなぜなのか。同シリーズの特徴と共に解説する。(2024/03/16)

news11.jpg

米バージニア港が無線LANではなく「プライベート5G」を選んだ理由

バージニア港のノーフォーク国際ターミナル(NIT)は、港湾設備の運用効率改善を目指してプライベート5Gのネットワークを構築する。NITの拡張計画において5Gが果たす役割は。(2024/03/04)

news13.jpg

iOSを危険にさらす新手口 ユーザーを脅かす「機内モード」の“わな”とは?

ネットワークからデバイスを遮断する「機内モード」。それを悪用する攻撃が見つかった。「iOS」搭載デバイスを狙うその手口と危険性とは。(2024/02/19)

news12.jpg

「iPhoneを毎年買い替える時代」は終わった 新機種が売れない“必然の理由”

「iPhone」や「Android」といったスマートフォンの新機種購入や買い換え、下取りといった消費行動に変化が生まれています。なぜ、どのように変わっているのでしょうか。(2024/02/19)

news12.jpg

「Appleの有料サポート契約」が必要かどうかを決める条件とは?

Appleはユーザー企業向けに、同社製端末のサポートサービスを幾つか提供している。その中から「AppleCare for Enterprise」のサービス内容と、自社に合ったサポートサービスを選ぶためのポイントを説明する。(2023/11/24)

news02.jpg

iPhoneの機内モードは「通信遮断」なのに“安全”ではない?

「iOS」搭載デバイスにおいて、「機内モードなのにオンライン」の状態を生み出す攻撃手法を研究者チームが発見した。想定される悪用例とは。なぜ気を付ける必要があるのか。(2023/11/08)

news07.jpg

売れなくなったiPhone、大人気になった“あのスマホ”

スマートフォン市場が低迷し、AppleやXiaomiをはじめとする主要ベンダーが苦戦を強いられている。その一方、著しい成長を遂げたベンダーがあった。激変の様相を呈するスマートフォン市場に、何が起きているのか。(2023/11/01)

news04.jpg

iPhoneユーザーはだまされる? iOSに「機内モードの穴」見つかる

「iOS」搭載デバイスで「機内モード」をオンにすると、通常はネットワークから遮断される。ところが研究者チームが実験で生み出した「偽の機内モード」ではオンラインのままになるという。どのような手法なのか。(2023/11/01)

news03.jpg

「iOS」と「Android」のどちらが“安心”なのかを決める条件

モバイルデバイスを業務で利用する上で、「iOS」「iPadOS」か「Android」のいずれを用いる場合でも、データの安全性やプライバシー保護は重要だ。適切なモバイルデバイスを選ぶには、何を見ればいいのか。(2023/10/28)

news09.jpg

iOSユーザーを脅かす「機内モード」に潜む“わな” 何が危ない?

研究者チームが、「iOS」搭載デバイスを「見た目は機内モード、実際はオンライン」という状態にさせる攻撃手法を発見した。どのような危険があるのか。(2023/10/25)

news05.jpg

「iPhone」と「Android」機種の売れ筋、人気をなくした“あのスマホ”

世界的なスマートフォン市場の需要低迷が続く中、今後の市場動向はどのような見通しなのか。「iPhone」と「Android」機種の売れ行きはどうなのか。出荷状況を基に探る。(2023/10/23)

news07.jpg

普通のスマホが売れなくても“高級スマホ”は売れまくり

世界的な景気低迷が続く中で、スマートフォン市場も厳しい状態が続いている。その中において、ハイエンドモデルの販売が伸びる傾向にある。(2023/10/17)

news09.jpg

「中古スマホ」の大ブームはもう必然? “下取り額”が上がり続ける訳

中古スマートフォン市場が活況を呈している。売り手も買い手も中古スマートフォンに目を向ける理由は何なのか。下取りや買い替えに関する調査結果を基に解説する。(2023/09/28)

news04.jpg

中古スマホの「買い替え上位」と「高額下取り」は“あの端末”

中古スマートフォンの下取り価格は上昇を続け、活況を呈している。下取り上位の機種については、ある顕著な傾向が見られた。注目すべき中古スマートフォン市場の状況とは。(2023/09/23)

news04.jpg

「iPhone」が売れず人気なのは“あのベンダー”だけ? スマホ市場に激変の様相

全体的に低迷するスマートフォン市場。AppleやXiaomiなどの大手ベンダーが苦境に立たされる一方で、成長を見せたベンダーもあった。市場に起きた変化や、成長著しいベンダーの動向とは。(2023/09/06)

news09.jpg

AppleもSamsungも売れず好調なのは“あのスマホ”だけ 大不況の理由は?

かつては破竹の勢いだったスマートフォン市場に逆風が吹いている。一部のベンダーを除いて主要ベンダーの苦戦が続いている。需要低迷の理由や、その背景とは。(2023/08/29)

news02.jpg

出張名人が使っている“とっておき”の便利アイテム2選

出張の達人がかばんに必ず入れておくガジェットは、こだわって購入したツールばかりではない。偶然の出会いから使い続けている“相棒”のような道具もある。(2023/08/18)

news11.jpg

出張のプロが使う「こだわりのマウス」と「旅先の便利グッズ」はこれだ

出張用のガジェットは小型軽量なのに越したことはない。出張の達人が選ぶ「仕事がはかどるゲーミングマウス」と「旅を快適にする道具」とは。(2023/08/17)

news07.jpg

もう「ポート不足」とは言わせない 出張の達人一押しのドッキングステーション

出張のお供に小型軽量のノートPCを選ぶと、「ポートが足りない」と感じる瞬間があるものだ。出張時の作業効率化と“ちょっとした息抜き”を助けてくれる、出張の達人一押しのドッキングステーションとは。(2023/08/16)

news10.jpg

出張かばんに入れっぱなしにしたい、“コスパ抜群”の業務用デバイスは?

出張に持参するなら、デバイスはなるべく小型軽量だとうれしいものだ。出張の達人がある店で“運命的な出会い”をした、「小型軽量」「安価」「機能が必要十分」なデバイスとは。(2023/08/15)

news03.jpg

不況でもAppleの「デバイス以外」が売れる理由とは

Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「Apple Pay」や「App Store」といったサービス事業の業績と、今後の同社の狙いを紹介する。(2023/06/13)

news18.jpg

「iPhone」「Mac」も“世界的不況”の渦中 その影響とは

Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「iPhone」「Mac」など各デバイスの業績や、同社のデバイス事業の戦略について解説する。(2023/06/06)

news03.jpg

Qualcommが“5Gだけ”ではなく「衛星通信」にも乗り出す理由

スマートフォン向けの半導体製品を提供するQualcommが、衛星通信機能「Snapdragon Satellite」を発表した。スマートフォンをはじめとした端末で何ができるようになるのか。(2023/03/02)

news16.jpg

スマホはもう「衛星通信」の時代? Snapdragonで“新しい通信”が可能に

スマートフォン向けの半導体製品を提供するQualcommは衛星通信事業者と手を組み、注力分野を宇宙にまで広げる。同社が提供する新しい通信サービスとは。(2023/02/22)

news02.jpg

スマホには「eSIM」を使うべき理由とは? SIMカードとの違いが明白に

「SIMカード」と「eSIM」はどちらも、通信サービスに必要な加入者情報を記録する。スマートフォンの利用者や事業者は、今後はどちらを使うべきなのか。(2023/02/20)

news06.jpg

「SIMカード」と「eSIM」の違い 使うべきなのはどっち?

研究機関が実施した試験は、「SIMカード」と「eSIM」に関して、今後のスマートフォン利用に大きく影響する可能性のある違いを示した。その差とは。(2023/02/13)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。