ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

生活関連サービス業・娯楽業 新着記事

news01.jpg

伝統のサッカー協会が実践、ファンを幸せにする「プロダクト志向」の開発とは?

イングランドサッカー協会(The FA)は、CIOクレイグ・ドナルド氏の指揮の下でアジャイル型のサービス開発を推進している。どのような取り組みが進んでいるのか。(2024/05/02)

news03.jpg

イングランドサッカー協会が「GCP」の導入と「アジャイル」に積極的な理由

イングランドサッカー協会(The FA)のCIOは自身を「大のサッカーファンではない」と評する。そのような人物はどのようにリーダーシップを発揮し、各チームの監督やメンバーをITでけん引しているのか。(2024/04/17)

news11.jpg

なぜ「普通の無線LAN」にしなかった? クリケット競技場がOpenWiFiを使う訳

南アフリカのスタジアムが「OpenWiFi」を活用して無線LANを構築した。無線LANによるネットワークを構築した目的と、OpenWiFiを使った理由とは。(2024/03/05)

news07.jpg

サッカー日本代表MFの“電撃移籍”でもリバプールFCのクラウドが余裕だった訳

日本代表のミッドフィルダー(MF)である遠藤 航氏の電撃移籍により、リバプールFCの各種配信サイトへのアクセスが殺到した。しかし同クラブは、ITシステムを刷新していたことから余裕を持って対処できた。(2023/10/23)

news05.jpg

5Gとプライベート5Gの“兼用通信”がなぜW杯で必要だったのか NTT子会社が開発

NTTの子会社トランザテルが、フランスの自治体からラグビーワールドカップ期間中に安全を確保するためのシステムを受注した。同社はどのようなシステムを開発したのか。(2023/10/13)

news06.jpg

ラグビーW杯で飛躍する技術 フランス代表は“話題のあれ”で試合に挑む

スポーツの国際大会の成功には、選手以外の尽力が欠かせない。フランスで開幕したラグビーワールドカップ2023では、通信事業者が手を尽くして支えている。(2023/10/06)

news11.jpg

モータースポーツ団体が「Wi-Fi 6」をリアル会場に配備した“本当の目的”

観客にドライバーの映像や音声をリアルタイムで配信するために、モータースポーツ統括団体NASCARは「Wi-Fi 6」のネットワークやそれに関連するツールを導入した。その狙いはどこにあるのか。(2023/07/25)

news12.jpg

レース場に「Wi-Fi 6」が必須だったのはなぜ? ファン12万人向けの無線LAN

モータースポーツ統括団体NASCARは、観客のために5カ所のカーレース場に無線LAN規格「Wi-Fi 6」のネットワークを導入した。観客が帯域幅の広いネットワークを欲する理由とは。(2023/07/18)

news03.jpg

モータースポーツ配信を低遅延に 「光ファイバー」を使った中東からの挑戦

モータースポーツの様子を配信するには安定したネットワークインフラが欠かせない。エンドユーザーに臨場感のある映像を届ける鍵となったのは光ファイバーケーブルだった。(2023/06/26)

news05.jpg

中東からモータースポーツを届ける「光ファイバー」だけじゃない映像配信網

競輪やフォーミュラ1(F1)などのモータースポーツの映像配信には安定したネットワークインフラが欠かせない。中東から世界各国への配信を支えるネットワークインフラとは。(2023/06/19)

news03.jpg

女性が復職できる「STEM系の枠」を確保 スポーツ賭博会社が募集する“14職種”

スポーツベッティング事業者とF1チームがIT分野における女性の復職支援に取り組む。支援を受けた参加者が登用されるのはどのような職種なのか。同様の支援に取り組む事例と併せて紹介する。(2023/06/08)

news09.jpg

スポーツ賭博会社とF1チームが「STEM人材の復職」を促す“根深い問題”

女性の復職を支援するため、スポーツベッティング事業者EntainとF1チームMcLaren Racingがプログラムを立ち上げた。具体的な支援の内容や両者が見据えるプログラムのゴールとは。(2023/05/31)

news11.jpg

メジャーリーグ球場が「Wi-Fi 6E」の無線LANを導入した理由

サンフランシスコジャイアンツは本拠地のスタジアムにさまざまな技術を導入している。それらを支えるネットワークには高速、大容量、信頼性、拡張性といった特性が求められる。そこで導入したのがWi-Fi 6Eだ。(2023/05/30)

news08.jpg

「Zoom」でメジャーリーグ観戦の可能性に挑む、MLBの野心とは

米プロ野球のMLBは、Zoom Video Communicationsとパートナーシップを締結した。MLBはZoomの技術にどのような役割を期待しているのか。(2023/04/11)

news04.jpg

IT部門がないプロスポーツに学ぶ「デジタル時代の生き残り術」とは?

スポーツチームがファンとの関係強化のためにITを駆使する動きが広がっている。どのような方法を取っているのか。(2023/01/31)

news08.jpg

米アメフトリーグNFLが「DX」推進 その“真の狙い”とは?

米国のプロアメリカンフットボールリーグNFLのチームは、スタジアムにおけるDXを推進する。その狙いと、具体的な手法とは。(2023/01/25)

news06.jpg

米マイナーリーグが「SD-WAN」など“最新ネットワーク技術”導入に踏み切る理由

米プロ野球のMiLB(マイナーリーグベースボール)はネットワークベンダーのExtreme Networksと提携し、球場へのネットワーク技術の導入を進める。MiLBはなぜ技術導入に踏み切ったのか。(2023/01/10)

news06.jpg

米プロ野球が注目した「最新ネットワーク技術」とその狙い

米国のMiLB(マイナーリーグベースボール)はネットワークベンダーExtreme Networksと提携し、最新のネットワーク技術を球場に導入する。どのような技術を用いて、何を目指すのか。(2023/01/04)

news07.jpg

日韓W杯で活躍 “ドイツの闘将”オリバー・カーンCEOが語るバイエルンのIT戦略

日韓W杯でも活躍した“伝説“のゴールキーパー、オリバー・カーン氏。FCバイエルン・ミュンヘンのCEOとなったカーン氏は、ファンとの結び付きを強めるためにITを積極的に活用するという。ITに対する同氏の考えとは。(2022/10/28)

news03.jpg

F1強豪レッドブルが「Zoom」で実践する“爆速コミュニケーション”とは?

F1チームOracle Red Bull Racingは、Zoom Video Communicationsの各種コミュニケーションツールをチーム活動の軸に据えている。どのように活用しているのか。(2022/10/26)

news08.jpg

サッカー強豪バイエルンが試合でも「人気」でも勝つためにやっていること

ブンデスリーガのFCバイエルン・ミュンヘンはITを活用し、ドイツをはじめ世界中のファンとの結び付きを深めようとしている。具体的に何をしているのか。(2022/10/21)

news08.jpg

F1強豪レッドブルが「Zoom」を使う“壮大過ぎる目的”とは?

Oracle Red Bull Racingは、Zoom Video Communicationsとパートナーシップを締結した。同チームは「Zoom」にどのような役割を期待しているのか。(2022/10/19)

専門・技術サービス業 新着記事

news03.jpg

メインフレームが“オワコン”ではなく「若手にとって魅力的」なのはなぜか?

IT分野の人材不足がさまざまな組織において問題になっている。メインフレームもその例外ではない。ただしこの状況は、若手がメインフレームの魅力に気付くことで変わる可能性がある。(2024/06/10)

news04.jpg

VMwareの「ライセンス変更」を批難する人と喜ぶ人、それぞれの考え方

BroadcomがVMwareを買収したことを受け、VMware製品のライセンス体系が大きく変わることになった。この変更を有意義に感じている人がいれば、理不尽に感じている人もいる。それぞれの意見とは。(2024/06/05)

news08.jpg

「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?

VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/05/29)

news01.jpg

「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る

GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。(2024/05/26)

news02.jpg

Microsoft 365から「Teams」が消えても“あの問題”はなくならない?

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する方針を全世界に拡大させた。この措置にはある狙いがあるものの、根本的な問題はなくならないという見方がある。(2024/05/25)

news09.jpg

「Microsoft Azure以外だとWindowsが高くなる」は本当なのか?

欧州の業界団体「CISPE」は、欧州委員会に対して、Microsoftのビジネスへの苦情を申し入れた。これを受けてMicrosoftはCISPEとの協議に臨んでいる。CISPEは何を指摘したのか。(2024/05/21)

news04.jpg

AWSが「1年ぶりの大量解雇」に踏み切った理由

従業員の人員整理を繰り返してきたAWSが、また従業員の大量解雇に踏み切る方針が明らかになった。今回の解雇の背景には何があるのか。(2024/05/17)

news11.jpg

Amazon S3やSageMakerで作るドローンサービス AWSを使う理由とは?

ドローンサービスを手掛けるマレーシアのAerodyneは、世界規模でサービスを提供するためのインフラとしてAWSのクラウドサービスを利用する。AWSを利用する狙いと、生み出している成果とは。(2024/02/27)

news08.jpg

Googleが「データセンター機器の耐用年数」を見直した“なるほどの理由”

Googleは2023年度第3四半期の決算発表において、同年度に実施してきた一連のコスト削減策について説明した。データセンター機器の耐用年数を変更した理由と結果とは。(2023/11/28)

news04.jpg

「IT部門は会社の頭脳でもある」と語るAdobeのCIO その真意とは?

AdobeのCIOシンシア・ストッダード氏が掲げる目標の一つは、従業員エクスペリエンスの向上だ。どのような施策に取り組み、最終的に何を目指しているのか。その考えを語ってもらった。(2023/11/02)

news10.jpg

Adobeの社内業務は「RPA」や「AI技術」でどう変わったのか? CIOに聞いた

Adobeのシンシア・ストッダード氏は、同社のCIOとしてRPAやAI技術の導入などさまざまな施策を統括している。その取り組みをどのように進めているのか。ストッダード氏に聞いた。(2023/10/26)

news04.jpg

「本当は要らなかったツール」を見極める方法 AdobeのCIOが振り返る

Adobeのシンシア・ストッダード氏は、CIOとしてIT利用に関するさまざまな施策を統括してきた。特に変化が大きかったのがパンデミックだという。同社の取り組みの方向性はどう変わったのか。(2023/10/20)

news07.jpg

データ消去済みの「中古PC」なら企業でも安全に使える?

企業が環境に配慮した取り組みの一歩を踏み出すとき、できることは何か。データ消去ソフトウェアベンダーの取り組みを紹介するとともに、企業が取り組みやすい一例を紹介する。(2023/06/30)

news11.jpg

PCを「危ない電子ごみ」にしない“なるほどの取り組み”

使い終わったIT機器の再利用を促す取り組みがある。データ消去ソフトウェアベンダーのBlanccoが、英国の慈善団体に寄付される使用済みIT機器の再利用に協力している。その取り組みを掘り下げる。(2023/06/23)

news10.jpg

法律事務所はなぜ「文書管理」をクラウドサービスに移行したのか?

デンマークの法律事務所は文書管理にクラウドサービスを採用した。機密性の高い情報を扱う法律事務所は、製品選定において何を重視したのか。(2023/04/18)

news09.jpg

ロンドン自然史博物館とAWSが「データ管理ツール」を共同開発 その目的は?

英国のロンドン自然史博物館は、AWSとタッグを組んでデータ管理ツールを開発した。何ができるようになるのか。(2022/12/21)

news04.jpg

固定電話が元凶だった? 「UCaaS」に移行した法律事務所の“驚きの成果”とは

テレワーク中の電話応対のしにくさに不満を募らせた法律事務所。同事務所の救世主となったのが「UCaaS」だ。どのような成果があったのか。(2022/12/21)

news08.jpg

「テレワークの電話応対」で不満噴出 法律事務所を救った「UCaaS」とは

激しい競争の中でスピードを重視する法律事務所がテレワーク移行で直面した問題が、テレワーク中の電話応対だった。この問題の救世主となったのが「UCaaS」だ。どのUCaaSを採用したのか。(2022/12/14)

news06.jpg

DellやAccentureが作る「サンゴ礁を守るAI」の実力は

サンゴ礁の保全活動に取り組むオーストラリアの環境保全団体は、DellやAccentureなどの企業と協力し、「深層学習」や「コンピュータビジョン」といったAI技術を活用する。その具体的な中身とは。(2022/10/24)

news02.jpg

「Zoom」より「Google Meet」に頼りたい組織の“率直な理由”

英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)は「クラウドファースト」の姿勢を強化し、Googleのクラウドサービスを利用している。同協会がGoogleのツールにこだわる理由とは。(2022/10/11)

news09.jpg

NASAが「Azure Quantum」で実現した“爆速計算”の中身 2時間の計算が2分に

NASAのジェット推進研究所(JPL)は、Microsoftの「Azure Quantum」を利用し、通信網「ディープスペースネットワーク」(DSN)に関するスケジュール作成の迅速化に取り組んだ。どのような効果が得られたのか。(2022/03/29)

news13.jpg

NASAの「DSN」(ディープスペースネットワーク)とは? 宇宙探査機の通信網

NASAのジェット推進研究所(JPL)は、宇宙探査機の通信網である「ディープスペースネットワーク」(DSN)を運用している。DSNはどのような役割を果たしているのか。(2022/03/25)

新聞・出版・放送・メディア・広告業 新着記事

news01.jpg

公共放送局BBCが明かす「DX予算不足」よりも厄介な“あの問題”とは?

公共放送局のBBCはDXを進め、事業の軸を放送からデジタル配信に移行させようとしている。予算に制限があることは、同局にとって大きなハードルであることは確かだ。実はそれ以外にもDXを阻む“ある問題”がある。(2023/04/04)

news02.jpg

テレビ局のデータ責任者は「データサイエンス」予算をこう確保している

データサイエンスの取り組みを局内に浸透させるために、英国公共放送局のデータサイエンス責任者は“ある工夫”をしているという。それは何なのか。BBCとChannel 4のデータサイエンス責任者が明かす。(2023/01/16)

news08.jpg

BBCなど英3局が明かす テレビ局が「データサイエンス」を生かす“あの分野”

どの放送局も、ニッチな用途にしかデータサイエンスを用いていない――。英国の放送局で働くデータサイエンスの専門家は、こう指摘する。どのような用途で活用しているのか。(2022/12/19)

news02.jpg

あのSpaceXも大活躍 エリザベス2世葬儀の生中継をかなえた仏テレビの“妙策”

生中継のとき、いかに通信障害を回避するかが放送局にとって重要だ。英国エリザベス2世葬儀を中断なく世界に伝えるために「SpaceX」の力を借りた、仏テレビの妙策とは。(2022/11/24)

news06.jpg

「脱クラウド」で公共放送子会社が実感した“あのメリット”とは?

システムの一部をクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻したFrance Televisions Publicite。脱クラウドが同社にもたらしたメリットとは何か。脱クラウドの先にある「システム改革」とは。(2022/04/27)

news11.jpg

「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”

広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。(2022/04/20)

news08.jpg

東京五輪の映像配信を支えていた「Alibaba Cloud」 その効果とは?

東京2020オリンピックでは、オリンピック放送機構が競技映像の配信にクラウドサービスの「Alibaba Cloud」を活用した。どのようなメリットが得られたのか。(2021/11/19)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。