ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

システム運用管理 新着記事

news03.jpg

メインフレームが“オワコン”ではなく「若手にとって魅力的」なのはなぜか?

IT分野の人材不足がさまざまな組織において問題になっている。メインフレームもその例外ではない。ただしこの状況は、若手がメインフレームの魅力に気付くことで変わる可能性がある。(2024/06/10)

news05.jpg

システム障害を止められないのはなぜ? 知っておきたい「認知のわな」

システム障害が大惨事につながってしまう原因はどこにあるのか。システムの安全性を確保したいのであれば、人間の心理についても知ることが重要だ。認知バイアスのメカニズムを理解しよう。(2024/06/10)

news06.jpg

なぜ「メインフレーム」はいつも“時代遅れ”だと見なされるのか

メインフレームの“独特の話題”には、熟練の筆者でさえも動揺してしまうことがある。その話題は、メインフレームが「時代遅れだ」と批判される状況にも関係している。メインフレームが誤解される理由を説明する。(2024/06/03)

news01.jpg

「パスワード」と「生体認証」の“安全性”が全く違うのはなぜか

顔や指紋といった身体的特徴を使用する「生体認証」によって認証が進化している。パスワードやMFAではなく、生体認証を使うことでどのような利点が得られるのかをまとめた。(2024/05/02)

news05.jpg

「パスワード」どころか「多要素認証」(MFA)さえ“万全な保護策”ではない

不正アクセスを防ぐために、ユーザーの認証をより安全にすることが欠かせない。従来の認証方法には、幾つかの弱点がある。主要な4つの認証手法について、何がリスクになるのかをまとめる。(2024/04/25)

news04.jpg

Lenovoも本気だ 「あの新型モデル」と「新品じゃない端末」で変わるPC市場

PCの需要が低迷する中、ベンダー各社は需要を促進する取り組みに注力している。LenovoなどのPCベンダーが目を向けている、“時代の変化”に合わせたPC製品とは。(2024/04/18)

news10.jpg

ノートPCを爆売れさせる“Windows 11”や“買い替え需要”ではないあの理由

2023年、PC市場は厳しい状況にさらされた。ところが2024年になって、復活の兆しを見せ始めている。その背景には、通常のPC買い替えの需要とは異なる、ある動きが関係しているという。何が理由なのか。(2024/04/11)

news09.jpg

企業は「Windows 11」に興味がない? むしろ“あれ”を重視するのはなぜか

Windows 10のサポート終了が控えている中でも、企業は「Windows 11」へのアップグレードをそれほど重視していない。その背景には何があるのか。企業がWindows 11への移行よりも重視していることとは。(2024/04/09)

news08.jpg

もうWindowsはどうでもいい? なぜ企業は「Windows 11」に興味がないのか

Windows 10のサポート終了が迫っているにもかかわらず、「Windows 11」へのアップグレードが軽視されている。Windows 11が不人気な背景には何があるのか。(2024/03/26)

news03.jpg

「新品じゃないThinkPadをあえて使う」 拡大する再生品PC利用、その魅力は?

組織のPC利用において、再生品を活用する動きが広がりつつあります。再生品PCの魅力を紹介し、あえて取り入れたくなる理由を探ります。(2024/03/26)

news02.jpg

Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。(2024/03/24)

news13.jpg

爆売れだった「ノートPC」が早くも旧世代の現実

テレワークの普及期にPC買い替えが進み、その後は反動でPC買い控えの状況が続いた。需要が落ち込んでいる間、PCは着実な進化を遂げていた。何が大きく変わったのか。(2024/03/21)

news02.jpg

PC市場は“どん底”を抜けて「AI PC」が爆売れする?

Gartnerによれば、2023年のPC市場は大幅な減少になった。一方で、2024年1月のCESでPCベンダー各社が「AI PC」を披露した。どのようなPCなのか。(2024/03/04)

news03.jpg

データセンターの「UPS」でまさかの大惨事に? バッテリーで何が起きるのか

データセンターでバッテリー電源搭載のUPSを使用する場合は、火災リスクに留意する必要がある。大量のリチウムイオンバッテリーを使用する場合、どのようなリスクがあるのか。事前に検討すべきことは何か。(2024/02/27)

news02.jpg

絶不調の「PC」市場で本当に“売れない”のはあのPCベンダーだった

PCベンダー各社が「AI PC」を披露するなどPC市場は盛り上がりつつあるが、Gartnerによれば2023年のPC市場は不調が続いた。その中でも、どのベンダーのPCが売れなかったのか。(2024/02/20)

news01.jpg

「PCリプレース」や「印刷」はどう変わる? IT部門が知っておくべき3つの動向

ハイブリッドワークが普及して働き方が変化する中、IT部門は従業員が利用するノートPCやプリンタからセキュリティまで、多方面からIT利用を見直す必要がある。具体的にどのような変化があるのか。3つの観点で解説する。(2024/02/15)

news08.jpg

UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスク

データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。(2024/02/15)

news06.jpg

デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由

AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/02/14)

news05.jpg

どんな働き方でも困らない「ノートPC」を選ぶポイントとは?

コロナ禍を経て、業務に必要な「ノートPC」の条件は変わった。どのような条件で選ぶことが望ましいのか。選定のポイントを解説する。(2024/02/12)

news06.jpg

テレワーク継続なら「セキュリティはどうあるべきか」を再考すべし

ハイブリッドワークの普及でセキュリティの守備範囲は拡大し、IT部門だけでは守ることが困難になっている。具体的なセキュリティ対策について、必要になるツールや手法と共に解説する。(2024/02/08)

news11.jpg

実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?

IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/02/08)

news08.jpg

NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?

プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/02/07)

news06.jpg

“AI PC”の登場で「PCがまた売れまくる日」がすぐそこに?

世界PC出荷台数の減少傾向が続いてきた中で、2024年以降のPC市場をけん引するのではないかと期待を集めているのが「AI PC」だ。PCベンダー各社の動きを踏まえて、PC市場に与える影響を探る。(2024/02/06)

news01.jpg

「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理

「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。(2024/02/02)

news08.jpg

テレワークで“爆売れ”だったノートPCが「もはや旧世代」の現実

コロナ禍でPCをはじめとするデバイスの買い替えが進み、その反動で買い控えの状況が続いた。そうした中でデバイスは着実に進化していた。特に強化された点とは。(2024/02/01)

news12.jpg

売れなかったPCが「やっと売れ出す」と予見された“なるほどの理由”

世界的な景気低迷が続く中、世界のPC出荷台数は前年比減が続いてきた。ただし、調査会社は「PC業界の展望は悪くない」と評価する。その意味は。(2024/01/30)

news02.jpg

「結局DPUって何?」が分かるCPU、GPU、DPUの根本的な違い

「CPU」や「GPU」と共に使われ、“第三のプロセッサ”と言われることもある「DPU」(Data Processing Unit)。CPUとGPUとは何が違うのか。DPUの仕組みを説明する。(2024/01/26)

news02.jpg

全員が“IT専門家”でも「データ統合」は成功しない 必要なのは?

企業では、IT部門だけでなく、事業部門の人材が自らITを活用する民主的なアプローチが広がっている。ただし、データ統合を民主的にしようとする場合には注意点がある。(2024/01/25)

news06.jpg

注目の「DPU」とは何か? その本質が分かる“CPU補佐役”の正体

AWSやMicrosoftなど大手クラウドベンダーを中心に、「DPU」(Data Processing Unit)の採用が進んでいる。CPU、GPUの“新しい仲間”DPUには前身がある。それは何なのか。(2024/01/19)

news03.jpg

なぜ今こそ「API」の時代なのか? そもそも“APIの役割”とは

アプリケーションを使うほど、企業はデータのサイロ化に悩むことになる。企業の規模が大きいほど問題は深刻だ。将来的にも持続可能なアプリケーション間の接続を管理する方法とは。(2024/01/18)

システム開発 新着記事

news05.jpg

システム障害を止められないのはなぜ? 知っておきたい「認知のわな」

システム障害が大惨事につながってしまう原因はどこにあるのか。システムの安全性を確保したいのであれば、人間の心理についても知ることが重要だ。認知バイアスのメカニズムを理解しよう。(2024/06/10)

news06.jpg

「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか

リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。(2024/06/06)

news07.jpg

「パブリックLLM」を使いたくない企業の“切実な事情”とは

企業がLLMを活用する際の選択として、“パブリックLLM”ではなく、独自データを用いてトレーニングする「プライベートLLM」に関心が集まり始めている。その背景には何があるのか。活用事例と併せて解説する。(2024/05/29)

news10.jpg

「ITエンジニア」になりたがらない女子生徒の本音

技術系キャリアを検討する女子生徒は増加傾向にあるものの、全体的に見た割合は十分ではない。IT分野が女子生徒から敬遠されてしまう理由とは。(2024/05/23)

news06.jpg

「LLM(大規模言語モデル)選び」の“基本の基”とは?

大規模言語モデル(LLM)の活用を検討する場合、用途や予算を踏まえて最適なLLMや導入方法を選ぶことが重要だ。コスト効率の観点で、企業にとっての選択肢を解説する。(2024/05/22)

news10.jpg

「エンジニアがやる気をなくす」“4つの理由”

エンジニアは職場でどのような悩みや不満を抱えているのか。調査で見えた4つの課題と対策を踏まえて、より生産性の高い職場をつくるためのヒントを探る。(2024/05/20)

news06.jpg

IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ

CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/05/08)

news06.jpg

CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ

厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。(2024/05/01)

news02.jpg

“AIインフラ”でも論争になる「オンプレミス」対「クラウド」 どう選ぶべき?

自社データを用いてカスタマイズした「プライベートLLM」を運用する場合、ユーザー企業はインフラの構築や運用にどのように向き合えばいいのか。そのポイントを解説する。(2024/04/05)

news14.jpg

「生成AIカスタマイズ」には何が必要? 独自LLMを作る“6つの準備リスト”

生成AIや大規模言語モデル(LLM)の導入や開発に着手するには、まず何から決めればいいのか。AI活用を検討する際に確認すべき6つの基本事項を解説する。(2024/03/29)

news12.jpg

「生成AIでアプリ開発」がもたらす、効率化どころじゃない“根本的な変化”とは

大規模言語モデル(LLM)などのAI技術を用いたアプリケーション開発は、従来の開発と何が違うのか。考慮すべきポイントと併せて解説する。(2024/03/22)

news09.jpg

次世代画像フォーマット「JPEG XL」再流行の兆し――開発者が語る激動の歴史

「JPEG XL」は、「JPEG」の後継として、JPEGが抱えているさまざまな課題を解決する次世代規格だ。ただし普及への道のりは半ばだといえる。その歴史を、JPEG XLの開発者が語る。(2024/03/08)

news05.jpg

安全なコードを書いただけでは「セキュアコーディング」にならないのはなぜ?

ソフトウェア開発ライフサイクルにおいて、リスクを削減、管理するために「セキュアコーディング」に取り組むことは重要だが、その方法を誤解してはいけない。コーディング以外にも注意すべきこととは。(2024/03/06)

news10.jpg

「セキュアコーディング」に取り組んでもセキュアにならない本当の理由

ソフトウェア開発において、ソースコードのセキュリティを確保することは、ソフトウェアのリスクを管理するための複雑なプロセスの一つに過ぎない。真の「セキュア」を実現するには、何をすべきなのか。(2024/03/01)

news03.jpg

クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由

Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/02/23)

news06.jpg

英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは

Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。(2024/02/16)

news03.jpg

「ローコード開発」の価値はユーザー次第 “隠れた才能”は誰?

ITに詳しくない従業員でもアプリケーションを開発できるようになるローコード/ノーコード開発ツールに、企業は期待を寄せている。自社のニーズを見失わずに、ローコード/ノーコード開発ツールを使いこなすには。(2024/02/13)

news06.jpg

顧客体験の向上で将来を見据える ベントレーモーターズCDOインタビュー

Bentley Motorsのアンディ・ムーア氏は、データ活用の重要性を認識しデータオフィスを設立し、その後最高データ責任者(CDO)になった。CDO登用までの道のりは。(2024/02/09)

news03.jpg

「ローコード/ノーコード」の真の目的とは? 会社を変える“市民開発者”たち

事業部門の従業員がアプリケーションを開発できるようになることを期待して、企業はローコード/ノーコード開発ツールに目を向けている。メリットはそれだけではない。実際の導入事例を交えて説明する。(2024/02/06)

news04.jpg

「ローコード」には限界が……それでも“市民開発”が期待される理由

ローコード/ノーコード開発ツールに対する期待は高まる一方で、「限界がある」という意見も存在する。実際のところ何に役立ち、どのようなリスクを抱えているのか。“市民開発”に踏み切る企業の理由とは。(2024/01/30)

news09.jpg

「ローコード開発」にやってくる幻滅期 “悲しい末路”を避けるには?

開発者の人材不足に対処する方法として、企業はローコード/ノーコード開発に期待を寄せている。ただしローコード/ノーコード開発ツールを使う際は、幾つかのリスクに注意を払わなければいけない。それは何か。(2024/01/23)

news03.jpg

デジタルツインで進化する「フォーミュラE」はF1並み――開発者が語る魅力とは

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」には、F1とは違うフォーミュラEならではの面白さがある。Jaguarのレーシングチームのエンジニアにその魅力を聞いた。(2024/01/19)

news09.jpg

英銀行が「ローコード」でアプリ開発 “うれしい成果”を生んだ方法とは?

英国の銀行Shawbrook Bankは、ローコード開発によってビジネスプロセス変革に取り組んだ。その具体的な方法と成果を解説する。(2024/01/17)

news07.jpg

車体ではなく「デジタルツイン」がレースの勝敗を分ける――その開発の裏側

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」出場チームのエンジニアは、「デジタルツインが勝敗の鍵を握る」と話す。デジタルツインでどのように高速化を実現するのか。(2024/01/12)

news10.jpg

クラウドネイティブな「ローコード開発」とは? リフト&シフトは駄目なのか?

クラウドアプリ開発を成功に導くためには、「クラウドネイティブ」の原則を実践することが効果的だ。押さえるべきポイントを紹介する。(2024/01/09)

news06.jpg

電気自動車のF1「フォーミュラE」の進化が“意外なほど”に面白い理由

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」の出場チームは、デジタルツインなどの技術を活用して車体の改良を重ねている。EV特有の技術条件などを解説する。(2024/01/05)

news10.jpg

システム開発はなぜ失敗する? “見て見ぬふり”では駄目なその原因

サービスの迅速な市場投入は企業にとって死活問題だが、ただスピーディーに開発を進めるだけでは意味がない。企業がシステム開発の失敗を繰り返さないために忘れてはいけない点とは。(2023/12/26)

news12.jpg

メタバース損失続きのMeta、CPUを見限って「GPU」積極採用へ その真意は?

Meta Platformsは2023年第3四半期(7月〜9月期)の業績を発表した。ザッカーバーグ氏が強調したのはSNS「Threads」やメタバース、インフラに関する点だ。その真意とは。(2023/12/25)

news09.jpg

「遅いクラウド」「使えないシステム」を生んでしまう2つの大きな誤解

クラウドサービスで構築したシステムが期待通りにならないことは珍しくない。企業はその背景に何があるのか、原因を知っておいた方がよい。システム構築時に意識すべき2つの原則を紹介する。(2023/12/18)

情報系システム 新着記事

news08.jpg

「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせい?

業務効率を高めるはずのITツールが、実はタイムパフォーマンス(タイパ)を悪化させている可能性がある。ITツールの利用に関する残念な実態を解説する。(2024/06/06)

news06.jpg

「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか

リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。(2024/06/06)

news02.jpg

Microsoft 365から「Teams」が消えても“あの問題”はなくならない?

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する方針を全世界に拡大させた。この措置にはある狙いがあるものの、根本的な問題はなくならないという見方がある。(2024/05/25)

news02.jpg

Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。(2024/03/24)

news06.jpg

Zoomの「Web会議アシスタント」は本当に“コスパ抜群”で使えるのか?

ZoomのAIアシスタント「AI Companion」は、Web会議に関連する業務の生産性向上につながるツールだ。機能やコストの観点で、同ツールの何が特徴的で、どのような利点があるのかをまとめる。(2024/03/15)

news01.jpg

「コラボツールでコンプラ違反」を防ぐ要は、IT部門と“あの部署”

コンプライアンスやリスク管理、ガバナンスの保持を前提としたコラボレーションツールの使用ルールを社内で徹底させるには、IT部門と“あの部署”の連携が重要な鍵を握る。(2024/02/07)

news02.jpg

シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい

コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。(2024/01/31)

news02.jpg

「コラボレーションツール」の“あの機能”こそが法務部門にとっての問題児

コラボレーションツールの利用にはコンプライアンスの問題が常に付随する。たとえ導入時に慎重に検討したとしても、導入後に予期しない問題が生じる可能性がある。何がリスク要因なのか。(2024/01/24)

news11.jpg

その発言はコンプラ違反? コラボツールのデータ保存時に決めるべきルール

コラボレーションツールの利用拡大に伴い、蓄積されるデータの管理方針に注意を払う必要がある。コンプライアンス維持のために、どの記録をどう保管すべきか。(2024/01/16)

news02.jpg

「出社組」が「在宅派」を嫌いになるのは必然? ハイブリッド会議の問題

会議室の参加者とリモートでの参加者が混在する「ハイブリッド会議」では、参加者の表情やしぐさを捉えにくくなりがちだ。そうした状況が、会議参加者のそれぞれにある問題を引き起こす可能性がある。(2023/12/20)

news02.jpg

「ハイブリッド会議」が嫌われるしかない残念な理由

会議室の参加者とリモートでの参加者が混在する「ハイブリッド会議」では、起こりやすい問題が幾つかある。ハイブリッドワークはなぜ嫌われてしまう可能性があるのか。(2023/12/13)

news02.jpg

3つのスタイルから考える、コラボレーションツール成功の“虎の巻”

業務におけるコミュニケーションは、やりとりをする相手の数も内容の深刻度もさまざまだ。多様なコミュニケーションにコラボレーションツールをどう生かせばよいのかを、3つの視点から検討する。(2023/12/11)

news12.jpg

「こんなハイブリッド会議は嫌だ」 参加者が“がっかり”する訳

会議室の参加者とリモートでの参加者が混在するハイブリッド会議では、全員がその場にいるような臨場感を出すのが簡単ではなく、参加者は会議にがっかりしがちだ。具体的には何がいけないのか。(2023/12/06)

news01.jpg

「SaaS」データを連携させる方法とは? なぜ“API必須”なのか

企業が業務のために複数のSaaSを利用することは当たり前になった。こうした状況で問題となるのは、SaaSやオンプレミスシステム間のデータ連携だ。データの相互運用性を保つ方法とは。(2023/12/04)

news10.jpg

コロナ禍に導入したコラボレーションツールが定着しなかった理由

コロナ禍を契機に加速したコラボレーションツールの利用。導入したからには生産性向上にコラボレーションツールを役立てたいと願うものの、うまくいかない場合がある。その原因を探る。(2023/12/04)

news09.jpg

人気ブラウザ「Chrome」の危険とGoogleの決断

GoogleのWebブラウザ「Chrome」を狙うサイバー攻撃が激しい。Googleは対抗策として、Chromeのポリシー変更に関してある決断を下した。その内容と、背景にある同社の狙いとは。(2023/11/29)

news10.jpg

「SaaS」が増えるのはなぜ駄目なのか “使い過ぎ”が招くリスク

企業はCOVID-19の感染が拡大する中でも事業を継続するために、SaaSの導入を急速に進めた。その結果、社内に存在する複数のSaaSが、“ある問題”を起こすようになった。その問題とは何か。(2023/11/20)

news10.jpg

「Microsoft 365でTeamsが使える」がなぜ大問題?

Microsoftが「Teams」を「Microsoft 365」にバンドルして提供することが、独占禁止法に違反する可能性があるという理由からEUで問題になった。争点になったポイントは何だったのか。(2023/11/16)

news02.jpg

オフィス嫌いを出社に戻す「Zoomの次世代オフィス」が面白い

ハイブリッドワークが普及しつつある時代に新拠点を設立したZoom Video Communications。同社があえてオフィスに投資をすることで獲得したかったものとは何か。(2023/09/29)

news03.jpg

どうするオフィスの賃料? あえて新拠点を作ったZoomこそ正解なのか

テレワークが普及したことで、職場を縮小し、オフィスの賃料負担を軽減しようとする企業がある。そうした中でZoom社は新拠点を設立した。対面でのコミュニケーションにこだわる狙いとは。(2023/09/27)

news06.jpg

Zoomが作った新拠点「従業員を幸せにするオフィス」の中身はこれだ

Zoom Video Communicationsが設立した新拠点は、従業員同士の接点作りに重点を置いた。特にどのような点に特徴があるのか。その中身を紹介する。(2023/09/25)

news03.jpg

ZoomはMicrosoft製品の「共存ツール」かむしろ「代替ツール」か?

コラボレーションツール「Zoom」は、“単なる会議ツール”から脱却しようとしている。Zoom Video Communicationsが目指す“今後のZoom”とは、どのようなツールなのか。(2023/09/22)

news09.jpg

「対面でのコミュニケーション」はやっぱり必要? Zoomが新拠点を作った訳

ハイブリッドワークが社会に定着し、オフィス回帰の是非について議論が続く中、Zoom Video Communicationsが新たな業務拠点を設立した。その背景を探る。(2023/09/21)

news08.jpg

Teamsの「代替アプリ」はなぜ“危ない”のか?

日常的に利用しているコミュニケーションツールで障害が起きた場合、従業員は業務を継続するために代替ツールを使う可能性がある。こうした代替ツールには“あるリスク”が隠れている。(2023/09/19)

news03.jpg

Web会議を制した「Zoom」の次なる戦場 AI活用の狙いは何か?

コラボレーションツール「Zoom」を提供するZoom Video Communicationsが、ジェネレーティブAI(生成AI)の活用に取り組んでいる。その目的は何なのか。具体的な機能と併せて紹介する。(2023/09/19)

news05.jpg

「Zoomは単なるWeb会議ツールではない」と言えるツール群5選

組織のコミュニケーションを支えるコラボレーションツール。定番製品となった「Zoom」は単なるWeb会議用ツールから、さまざまなニーズに応えるツールへと変化しつつある。具体的な製品群を紹介する。(2023/09/15)

news05.jpg

「ユニファイドコミュニケーション」(UC)の主要トレンド5選

ハイブリッドワークへの移行により、コラボレーションツールやWeb会議ツールの利用が広がった。これらの分野で新たに浮上しつつあるトレンドとは。(2023/09/13)

news05.jpg

“脱Web会議ツール”後の「Zoom」は何のツールなのか?

Zoom Video Communicationsは、「Web会議ツールのベンダー」というイメージからの脱却に取り組んでいる。その一つがWorkvivoの買収だ。具体的な狙いを整理する。(2023/09/12)

news07.jpg

Alibaba Cloudの生成AI「通義万相」とは? 実行できる画像生成タスクは?

Alibaba Cloudは画像生成用の生成AIモデル「通義万相」を発表した。このAIモデルはどのような機能を持つのか、詳しく説明する。(2023/09/12)

news12.jpg

使われ続ける「Zoom」はもう“単なるWeb会議ツール”じゃない?

コラボレーションツールベンダーZoom Video Communicationsの、EMEAにおける売上高は減少傾向にある。同社が今後も事業の成長を継続させるためには、何が鍵になるのか。EMEA責任者の見方は。(2023/09/08)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。