IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

4 月

/tt/news/1704/25/news05.jpg
仮想デスクトップの一元管理に変革

急拡大するハイパーコンバージド、各社製品の機能と特徴は?

コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムは、IT環境をシンプルにしてパフォーマンスを向上する。本稿では自社のデータセンターにハイパーコンバージドインフラが適切かどうか判断する方法を紹介する。

/tt/news/1704/24/news04.jpg
第二の収入源か

デジタルデータを“金のなる木”に変えるためにCIOがすべきことは?

最高情報責任者(CIO)は情報資産管理を怠りがちだ。だが、他部門はビジネス決定を左右する質の高いデータに関心を寄せている。

/tt/news/1704/21/news07.jpg
スケールアウト型に注目

拡大続くNAS市場、新システム導入の“3大用途”とは?

構造化されていないデータがストレージの成長を支え続ける中で、企業は現在と今後の需要に対応するため、スケールアウトNASに目を向けている。

/tt/news/1704/21/news02.jpg
ホワイトボックスの市場シェアは……

「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?

ホワイトボックスサーバやOpen Compute Platformへのシフトにより、大手サーバメーカーの売り上げが減少すると見られている。だが、ホワイトボックスサーバメーカーにも弱点がある。

/tt/news/1704/18/news01.jpg
どうデータアクセスを実現するか

ハイブリッドクラウド環境に最適なストレージの実装方法

ハイブリッドクラウド環境において問題となるのが、アプリケーションが使用するデータの配置とアクセス方法だ。これを実現するハイブリッドクラウドストレージにはさまざまな実装方法がある。

/tt/news/1704/17/news07.jpg
AWS、Azure、Googleなどがサポート

主要クラウドが提供する「GPUインスタンス」、本気を引き出す高負荷アプリとは?

AWS、Azure、Googleなどのパブリッククラウドは、高性能なコンピューティングリソースを集中的に提供する「GPUインスタンス」を用意している。そのメリットを享受できるアプリとは?

/tt/news/1704/14/news04.jpg
自動化と構成管理ツールで迅速に移行

増える“脱クラウド”、企業がオンプレミスに戻ることを決断した理由は?

クラウド利用が成熟化するにつれ、利用規模の縮小や、クラウドからオンプレミスへの回帰を考える企業が増えている。あるIT担当役員が経験した“脱クラウド化”の事例を紹介する。

/tt/news/1704/13/news06.jpg
対応は進んでいるが……

「Windows Serverコンテナ」普及の壁はバックアップ? 主要ベンダーの反応は

Windows Serverコンテナストレージのデータ保護に利用できるツールはいろいろあるが、よく探さないと見つからないかもしれない。どんな選択肢があるのだろうか。

/tt/news/1704/13/news05.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第4回】

「サーバコアと違うのだよ」というナノサーバを使う意味と使える場所

Windows Server 2016が導入した「Nano Server」(ナノサーバ)は、構成と機能を最小限に抑えた。そのメリットと必要性、そして、これまでの「Server Core」(サーバコア)と何が違うのかを解説する。

/tt/news/1704/12/news12.jpg
最適な利用場面とは

フラッシュストレージへのバックアップは“現実的な選択肢”か?

フラッシュストレージアレイは従来のディスク型ストレージアレイよりも電力消費量が少なく、バックアップにかかる時間やバックアップアプライアンスの数を大幅に減らすのに役立つ。

/tt/news/1704/12/news09.jpg
クラウドファースト時代にあえての決断

メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情

クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。

/tt/news/1704/11/news04.jpg
欠点を理解すれば大きな武器になる

「ベアメタルクラウド」の長所と短所、ビッグデータ分析の“現実的な選択肢”となるか

ベアメタルクラウドサービスは、物理サーバとパブリッククラウドのメリットを組み合わせたものだ。だが、全てのワークロードに適しているとは限らない。その長所と短所とは。

/tt/news/1704/11/news03.jpg
「Windows Server 20162つのコンテナ

「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?

コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。

/tt/news/1704/11/news01.jpg
低コスト・大容量キャッシュを実現

今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」

DIMMスロットに装着できるDDR4互換のフラッシュメモリ「Memory1」。この製品のメリットとは何か。ビッグデータ時代の今こそ、Memory1を再評価すべきかもしれない。

/tt/news/1704/07/news05.jpg
それぞれの一長一短

ハイパーコンバージドとコンバージドインフラ、パブリッククラウドを比較する

エンタープライズワークロードを運用するための選択肢は、ハイパーコンバージドシステムやコンバージドシステムだけではない。パブリッククラウドの方があなたの会社に適しているかもしれない。

/tt/news/1704/05/news02.jpg
備えがあり過ぎても困る

ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する

適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。

/tt/news/1704/04/news04.jpg
HCIベンダー囲い込みによる影響

「ハイパーコンバージド導入で技術革新に対応できない?」にどう答えるか

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、問題が起きた際にベンダー1社にだけ責任を問うことができるという便利さがある。だが新技術が登場してもベンダーが対応するまで利用できない不便さもある。

/tt/news/1704/04/news02.jpg
ネットワーク対応ストレージを比較

知らないとまずいことになるNASとSANの技術的な違い

SANアーキテクチャとNASアーキテクチャを使うならば、それぞれの違いを理解する必要がある。オブジェクトストレージとクラウドの台頭で違いへの理解が一層重要になってくる。

/tt/news/1704/03/news06.jpg
ARMプロセッサを採用

オープンソースオブジェクトストレージとは? 注目の新興企業OpenIO

オープンソースソフトウェアをベースとするオブジェクトストレージへの注目が集まっている。ARMプロセッサを搭載するOpenIO「SLS-4U96」の特徴とは?

/tt/news/1704/03/news05.jpg
似ているようで違う

AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?

パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。

3 月

/tt/news/1703/31/news10.jpg
2017年のフラッシュストレージの行方【後編】

20年ぶりの新メモリ技術「3D XPoint」が真に革新的な理由

多くのストレージメーカーのCTOは、新しいメモリ技術「3D XPoint」の登場に期待をしている。新しいメモリ技術の登場でシステムはどう変わるのだろうか。

/tt/news/1703/31/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

コンバージドインフラのメリットを引き出す

エンタープライズITの要素を組み合わせれば、運用上、コスト上のメリットを引き出せる。だが、リスクのバランス調整や導入には慎重さも必要だ。

/tt/news/1703/30/news12.jpg
データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】

単なる保険から「データ管理」の中核へ、バックアップ製品の未来像

「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。

/tt/news/1703/29/news08.jpg
適したアプリケーションは?

「サーバレスコンピューティング」活用法、パブリッククラウドのコスト削減効果とは

サーバレスコンピューティングはパブリッククラウドでアプリケーションを実行するコストを削減できる。ただしコスト削減をはじめとする各種のメリットを享受するには、適切なスキルセットが必要だ。

/tt/news/1703/29/news03.jpg
でもIntelはムーアの法則は有効と主張

ムーアの法則が破綻しても性能向上が続く理由

CES 2017で、Intelはムーアの法則が今後も有効であるとあらためて主張した。しかし、ムーアの法則はやはり限界に近づいており、そもそもムーアの法則は性能を語る際の尺度としては意義を失いつつあるという。

/tt/news/1703/28/news05.jpg
確かに管理労力の軽減が目的だが

「クラウドに仕事を奪われる」というIT管理者の危機感は杞憂なのか

企業が自社のデータセーターからパブリッククラウドにワークロードを30%移行するだけで、IT運用に関連した作業が減少する。この先、運用エンジニアの仕事はまだあるのだろうか。

/tt/news/1703/28/news07.jpg
代表的な製品も紹介

「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較

デスクトップを仮想化する方法を選ぶのは難しい判断だ。最良の選択をするには、効率とユーザーの操作性を考慮することが重要になる。「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較する。

/tt/news/1703/28/news02.jpg
キーパーソンインタビュー

HPE首席アーキテクトに聞く、次世代サーバ「The Machine」

HPが2014年6月の発表から3年弱、同社が「メモリドリブンコンピューティング」と呼ぶ「The Machine」はどうなっているのか? HPE首席アーキテクトにノイマン型の限界とThe Machineが目指すものを聞いた。

/tt/news/1703/27/news05.jpg
2017年のフラッシュストレージの行方【前編】

2017年は「NVMe over Fabrics」が本格始動、専門家が語るフラッシュの未来とは

大手ストレージメーカーのCTOは、「Non-Volatile Memory Express」(NVMe)SSDや「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)テクノロジーに注目している。果たして2017年フラッシュストレージはどうなるのだろうか。

/tt/news/1703/24/news03.jpg
AICを使うのはどんなとき?

AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー

NVMeは、AIC、M.2、U.2などのフォームファクタで展開されている。これらをどのように使い分ければいいのか。同時に使えるのか。そして注目すべきNVMe関連サプライヤーとは?

/tt/news/1703/23/news07.jpg
東芝のHDDにも動きが

HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録

ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。

/tt/news/1703/23/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】

バックアップツールの主要機能、重複排除、レプリケーション、DRを押さえる

バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。

/tt/news/1703/22/news09.jpg
データ転送ボトルネックの解消が急務

NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉

2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。

/tt/news/1703/22/news06.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】

クラウド/仮想化時代に知っておきたい、バックアップの種類、方法、格納先

企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。

/tt/news/1703/21/news11.jpg
頻繁なアップデートも確実に対応

「管理は難しいが役に立つ」、OpenStackを最大限活用するためのツールとヒント

企業は「OpenStack」に自由を感じているものの、管理の難しさに手を焼いている。しかし、ここで紹介するツールとヒントを使えばもっと楽に活用できるはずだ。

/tt/news/1703/21/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

データセンターエキスパートが時代に乗り遅れないようにすべきこと

データセンターを運用する組織がコスト削減のためコンバージドインフラに目を向ける中で、ITプロフェッショナルは自分のスキルを常に職場に合わせる必要がある。そしてその範囲はIT分野にとどまらない。

/tt/news/1703/17/news05.jpg
RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行

Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?

「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。

/tt/news/1703/15/news05.jpg
SDxのおかげ?

ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?

コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。

/tt/news/1703/15/news01.jpg
真の使用量ベースの課金を実現

サーバレスコンピューティングは複雑になり過ぎたクラウドの福音となるか

クラウドを使うには、あまりにも多くのことを検討しなければならない。これはクラウドが目指していた姿ではない。サーバレスコンピューティングがこの問題を解決するかもしれない。

/tt/news/1703/14/news04.jpg
ステップアップ方式で習得する

マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」

マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。

/tt/news/1703/13/news07.jpg
その安定した性能に信頼を寄せる企業多数

「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは

コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。

/tt/news/1703/13/news03.jpg
データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】

【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?

ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。

/tt/news/1703/13/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命

ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。

/tt/news/1703/08/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(後編)

「Hadoopの時代は終わる」 ビッグデータ解析で主役が入れ替わる“ストレージ的”理由

最高技術責任者(CTO)たちが予測する2017年のエンタープライズストレージ市場。後編ではデータ分析とセキュリティにおけるストレージの影響に言及する。

/tt/news/1703/07/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(前編)

「顧客は既に気付き始めている」 ハイバーコンバージドの次を考える

エンタープライズストレージベンダーの最高技術責任者(CTO)たちが2017年の技術動向を予測。彼らの見通しでは“幅広い分野”で混乱が広がるという。

/tt/news/1703/03/news05.jpg
弱点だったコストもTCOでは優位に

「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?

オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。

/tt/news/1703/02/news05.jpg
人工知能と機械学習もGPUで進化する

徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念

かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。

/tt/news/1703/01/news06.jpg
事前に綿密な計画を

AWS vs. Azure vs. Google、クラウドへのオフラインデータ転送サービス比較

データをクラウドへ移す際にストレージディスクを送る方法は、古臭いようで実は広く利用されている。AWS、Azure、Googleのサービスを比較してみよう。

2 月

/tt/news/1702/28/news15.jpg
複雑さ、コスト、パフォーマンスの壁

こんなはずじゃなかった仮想デスクトップ、失敗企業が見落とした3つの課題

IT部門がVDI(仮想デスクトップインフラ)の実装計画を実行する際には、複雑さ、コスト、パフォーマンスに関する問題に留意しなければならない。

/tt/news/1702/27/news05.jpg
無計画なIT投資は企業財務を破綻する

データセンターの寿命は延ばせるか? IT投資に関する5つのTip

ITの予算を適切に計画してコストを最適化すると、自社で運用するインフラの寿命を延ばせる。さらに、リプレースの判断を下す指針を得ればソフトウェア定義のアーキテクチャに備えることも可能だ。

/tt/news/1702/27/news04.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第1回】

いまさら聞けない、バックアップ技術の学習で欠かせない3つの基礎

バックアップ技術を学習する上で必要になる前提知識として、リストア、必要な資源、サービスレベルの3点について解説する。

/tt/news/1702/21/news05.jpg
Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視

今、話題の監視ツール「Sensu」とは?――基本的な構成、監視の仕組みを理解する

新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説。Sensuの基本的な構成や監視の仕組み、利用するメリットなどを紹介する。

/tt/news/1702/24/news02.jpg
オールフラッシュも夢ではなくなった

従来型フラッシュの限界を解決する「3D NAND」最新事情

フラッシュをもっと安く、大容量に。ユーザーの要求は限りないが、従来型のフラッシュでは限界が見えてきた。そこで注目されているのが「3D NAND」テクノロジーだ。

/tt/news/1702/23/news04.jpg
ベンダーの“希望的観測”を検証する

2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?

データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。

/tt/news/1702/22/news04.jpg
ポータブルデスクトップは仮想デスクトップの代わりになる?

Windows 10を持ち出す――「Windows to Go」が仮想デスクトップより優れている点

ポータブルデスクトップはフォームファクター次第で仮想デスクトップよりも高い性能とセキュリティを期待できる。ただしポータブルデスクトップも仮想デスクトップ同様に万能ではない。

/tt/news/1702/21/news02.jpg
ユーザー企業は「価格重視」志向

調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目

今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。

/tt/news/1702/20/news03.jpg
カスタムインスタンスも検討

徹底ガイド:Googleクラウドのインスタンスから最適なタイプを選ぶには?

「Google Cloud Platform」には幅広いインスタンスタイプがある。Googleクラウドが用意するインスタンスタイプの中から自社のワークロードに最適なタイプを選ぶためのガイドラインを提示する。

/tt/news/1702/15/news03.jpg
データバックアップに不備

データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視

DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。

/tt/news/1702/14/news03.jpg
平凡だが極めて重要な問題を解決

クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は

企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?

/tt/news/1702/14/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編

ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット

ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。

/tt/news/1702/14/news01.jpg
デメリットもあることに注意

本当にコスト削減になる? ソフトウェア定義ストレージのメリット/デメリット

コモディティハードウェアとソフトウェアで実現するソフトウェア定義ストレージは、専用ハードウェアよりもコストが削減できる可能性がある。しかし、デメリットにも目を向ける必要がある。

/tt/news/1702/10/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは

一部のアプリケーションとシステムは社内で管理しながら、それ以外のデータ管理を外部のパブリッククラウドに任せるハイブリッドクラウドに注目が集まっている。だが最初のステップであるクラウド移行で問題が発生することが少なくない。

/tt/news/1702/10/news04.jpg
最速プロトコルをネットワークに拡張

SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実

フラッシュストレージに最適化されたプロトコルであるNVMeをネットワークに拡張するNVMe over Fabrics。これにより、サーバから分離した共有ストレージでも高速なI/Oが実現する。

/tt/news/1702/09/news06.jpg
二者択一の選択ではない

「いざデスクトップ仮想化」、VDIとDaaSのどちらを選ぶか“5つの判断基準”

VDIとDaaSのどちらを選ぶかは重大な決断だ。多くの企業にとっては、管理のしやすさ、制御レベル、パフォーマンスニーズ、セキュリティ、コストが重要となる。

/tt/news/1702/01/news07.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】

Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する

最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。

1 月

/tt/news/1701/31/news09.jpg
プライベートクラウド構築で重要な特性は

プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド

企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。

/tt/news/1701/30/news09.jpg
2018年を笑って迎えたいあなたのために

CIOを解任されないためにやらなければならない宿題リスト 2017年版

2017年に大きな位置を占めるのは、分析、セキュリティ、データプライバシー、ITの専門化だ。CIOが新たな激動の1年を乗り切るために必要な「学ぶべき」「やるべき」リストを紹介する。

/tt/news/1701/27/news04.jpg
SATAとSASよりはるかに高速

フラッシュ専用プロトコル「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)の可能性

HDD時代のプロトコルであるSATAやSASでは、フラッシュストレージの性能を引き出せない。そこで生まれたのがフラッシュ専用プロトコルのNVMeだ。

/tt/news/1701/26/news02.jpg
データセンター設計に欠かせないスキル

仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格

データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。

/tt/news/1701/24/news07.jpg
商用ディストリビューションの価値とは

なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも

企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。

/tt/news/1701/23/news05.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】

NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。

/tt/news/1701/23/news07.jpg
米投資銀行の調査レポート

「オンプレミス vs.クラウド」論争が再燃――データの「ブーメラン現象」も

クラウドコンピューティングは期待していたほど費用対効果が高くないと感じているITベンダーや大企業が増えており、一部のアプリケーションをオンプレミスに戻した企業もある。

/tt/news/1701/23/news01.jpg
サーバ仮想化はターゲット外

アナリティクス&ビッグデータに最適な新世代フラッシュストレージ

フラッシュ市場の成熟とともに、アナリティクスやビッグデータ用途に最適なフラッシュストレージが登場してきた。従来製品との違いと各社の新世代製品の特徴を紹介する。

/tt/news/1701/19/news04.jpg
2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】

消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界

Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。

/tt/news/1701/19/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】

Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する

新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。

/tt/news/1701/19/news01.jpg
NetAppの問題はVSANで解決

導入企業がVMware Virtual SANに望む機能改善とは?

NetApp MetroClusterに起因するボトルネックに悩んでいた小売業者が、Virtual SANとフラッシュストレージに移行。導入効果に満足している同社だが、VSANにはまだ改善すべき点があるという。

/tt/news/1701/18/news05.jpg
そのメリットを理解できない企業は負ける

ユーザーニーズを超える「大容量・高密度オールフラッシュストレージ」が必要な訳

高密度・大容量のオールフラッシュストレージアレイは現時点では顧客の需要を超えるほどに破壊的な技術だが、いずれ企業はその必要性を認識するだろう。

/tt/news/1701/17/news04.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】

コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。

/tt/news/1701/17/news01.jpg
価格差はまだ50倍

HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージは過大評価」

ストレージ業界の大ベテランが、フラッシュストレージに苦言を呈す。HDDとの比較も不適切であり、価格にはまだまだ大きな開きがあるという。

/tt/news/1701/16/news07.jpg
ベアメタルを利用しない手はない

コンテナを動かすプラットフォーム選択、ベアメタルサーバ vs. 仮想マシン

「Docker」コンテナをベアメタルサーバで動作させれば、移植性と安定性が得られる。だが、コンテナの動作場所として仮想マシンの方が適している場合もある――専門家が説明する。

/tt/news/1701/13/news04.jpg
増えるハイブリッドなVDI環境にどう対応する?

2017年はDaaSの年になる――仮想デスクトップで押さえておくべき3つの動向

2017年、仮想デスクトップインフラ(VDI)分野はどうなるのだろうか。起きるであろう変化を紹介する。

/tt/news/1701/12/news05.jpg
2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】

変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?

主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。

/tt/news/1701/12/news04.jpg
高コストアプリケーションを見分ける

2017年版:クラウドコストを削減する5つのヒント

クラウドコンピューティングのコストは、リソースが無秩序に増加したり調整が不十分だったりすると、必要以上に高額になりやすい。そのようなコスト増を防ぐためのヒントを紹介する。

/tt/news/1701/11/news01.jpg
コストを掛けずにトラブルに強いシステムを構築する

新しいハードウェアいらずのITシステム“回復力”増進法

新しいアプリケーションアーキテクチャ、スナップショット、コンテナ化といったテクノロジーによって、サーバの台数を変えずに復旧しやすいITシステムを実現できる。

/tt/news/1701/10/news05.jpg
やはり目指すべきは“保護”より“解放”

SQL Server on Linuxプレビュー版公開で探るMicorosoft“オープン化”の本気度

MicrosoftはSQL Serverの導入を促そうと、「SQL Server Enterprise Edition」機能を幾つか「Standard Edition」にも広げ、「SQL Server on Linux」を投入する。

/tt/news/1701/05/news02.jpg
今や使うのが当たり前

企業に広がるオープンソースストレージ利用

OSやアプリケーションに続き、オープンソースストレージが企業に進出しつつある。多くのソフトウェアが既に利用されており、オープンソースストレージ利用は主流といえる状況だ。

Loading