IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2018 年)

6 月

/tt/news/1806/18/news11.jpg
TCOを考慮した適切な選択を

SSDとHDDを比較 オールフラッシュを宝の持ち腐れにしないためにできることは

SSDとHDDを比較分析するのは見た目ほど単純ではない。SSDは、価格が下落し、容量が増加している。しかし、全ての状況にSSDが適しているわけではない。

/tt/news/1806/18/news10.jpg
大量のデータを高速で分析するなら

GPUデータベースとは CPUとの比較で分かるビッグデータ並列処理

データを処理する新しい方法としてGPUデータベースの活用が始まっている。ビッグデータの並列処理を中心に話を聞いた。

/tt/news/1806/15/news01.jpg
魅力は省電力

Microsoftが復活させたMAID(Massive Array of Idle Disks)とは?

Microsoftは、Azureデータセンターの一部にMAID「Pelican」を展開しているという。過去に一時期話題になったMAIDとは何か。なぜ今MAIDなのか。

/tt/news/1806/12/news01.jpg
ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(後編)

注目すべき8つのハイブリッドクラウドオブジェクトストレージサプライヤー

どのような企業がハイブリッドクラウド対応のオブジェクトストレージを使うべきなのか。そうした企業が製品を選定する際に注目すべき8つのサプライヤーを紹介する。

/tt/news/1806/12/news10.jpg
拡張性を担保しつつ、継続的な成長が見込める

ゼロからHCIを構築するなら知っておきたい 押さえるべき8つのポイント

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の構築ソフトウェアを利用してHCI基盤をDIY(自分で構築)する方法がある。HCI基盤のDIYに関してのFAQをまとめた。

/tt/news/1806/08/news06.jpg
もはや珍しくないアプリの大量グラフィックス処理

Microsoft OfficeをVDIで動かすならGPUは必須? 求められる仮想化インフラ再考

「Microsoft Office」にGPUは必要ないというのがVDIを導入する企業の想定だった。だが、それはもはや過去の話だ。この種のアプリケーションやWebサイトなどは、グラフィックスを多用することが増えている。

/tt/news/1806/07/news01.jpg
RAID技術は百家争鳴

フラッシュストレージ時代のRAID――基礎から各社の独自技術まで

オールフラッシュアレイ製品を導入するに当たり、各製品が実装しているRAIDオプションを理解する必要がある。中には、独自拡張したRAID機能もある。RAIDの基礎と各社の技術を紹介しよう。

/tt/news/1806/07/news03.jpg
製品導入、ソフトウェアのみ、一から構築

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、3つの導入アプローチ その違いは?

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入の取り組みにはさまざまなアプローチがある。アプローチによっては、IT担当者に裁量権が委ねられるものもある。

/tt/news/1806/05/news08.jpg
メリットを最大限に引き出す方法とは

NVMe型フラッシュストレージの真価は「ワークロードの統合」

企業のワークロードをフラッシュストレージで統合し、その密度を高めることで、NVMeの並列処理と低遅延のメリットを最大限に生かすことができるという。

/tt/news/1806/05/news07.jpg
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入事例

VMware環境からScale Computingの「HC3」へ移行 米損保が決断した理由

米国のある損害保険会社は、VMware製品群や複数のストレージシステムで構築していた自社インフラを、Scale ComputingのHCI製品「HC3」に置き換えた。その理由と、刷新の効果とは。

/tt/news/1806/01/news07.jpg
HCIは「万能薬」ではない

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)購入時に間違えやすい10個の“落とし穴”

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の購入時に犯しがちな10個の“間違い”がある。この間違いを学び、それらを回避することで、HCIシステム購入者の負担を軽減できるだろう。

5 月

/tt/news/1805/30/news01.jpg
Webに世代交代は来るのか

時代遅れ?のHTTP/HTTPS vs. 分散ファイルシステム「IPFS」

HTTP/HTTPSの欠点を解決する手段の1つとして、IPFSという分散ファイルシステムが開発された。IPアドレスに依存しないため、確かにデッドリンクの発生を低減できるかもしれない。

/tt/news/1805/29/news07.jpg
Amazon、Baidu、Clouderaなど紹介

人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(前編)

人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。

/tt/news/1805/28/news01.jpg
ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(前編)

「ハイブリッドクラウド」で「オブジェクトストレージ」ならできること

ハイブリッドクラウドに対応したオブジェクトストレージを使うと何が実現するのか。両者の特長を生かすことによって、データを柔軟に運用できるようになる。

/tt/news/1805/24/news05.jpg
今がセキュリティを見直す時

GDPRはデータ管理システムを一新するチャンスとなる

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)順守に関して企業は、多くの課題が突きつけられている。しかし、これを克服すれば、非常に優れたストレージ管理とデータ管理のシステムを構築する好機となる。

/tt/news/1805/21/news01.jpg
バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】

どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介

オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。

/tt/news/1805/15/news05.jpg
LUN数、マルチパスを重視

数字で見る SANストレージの購入理由と製品導入の基準

容量とアプリケーションに関するニーズは企業に新しいSAN(Storage Area Network)ストレージ導入を促している。その際の購入判断の鍵となるのは、LUN(論理ユニット番号)の数やマルチパスといった基準だ。

/tt/news/1805/07/news02.jpg
CPUパッチ適用以外の5つの対策を整理

Spectre/Meltdown問題で脚光 「CPU脆弱性」の影響と対策

影響範囲の広さから世界中のセキュリティ担当者に衝撃を与えた「Spectre」「Meltdown」。これらによって認識が広がった「CPU脆弱性」とは、どのような脆弱性なのか。対策はあるのか。あらためて整理した。

/tt/news/1805/04/news01.jpg
格安航空会社に似ている?

IaaSのダークホース「Alibaba Cloud」分析、ビッグスリーの競合となるか

AlibabaがIaaS市場での勢いを増し続けている。一部のライバルほど幅広いサービスを提供しているわけでもないのに、一部の小企業がAWSからの乗り換えを検討し始めている。

/tt/news/1805/02/news02.jpg
信頼性、プライバシー、柔軟性、最適化

IT部門にとってマルチクラウド戦略を取った方がいい4つの状況

企業はマルチクラウドによって多くの恩恵を得る。サービスの信頼性確保や、プライバシーの保護、柔軟性の維持、クラウドエクスペリエンスの最適化が必要な企業では、特にそうだ。

/tt/news/1805/01/news05.jpg
カーネギーメロン大学が報告

「SSD」の寿命を縮め、データを壊すセキュリティの脆弱性とは

SSDは慎重に扱わないと、思わぬリスクを招く恐れがある。データの安全性を確保するために、知っておくべきことを取り上げる。

4 月

/tt/news/1804/25/news05.jpg
ビッグデータ、Eコマース、VDIも?

HCIは万能ではない 失敗するユースケースとその対処法

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入はとどまるところを知らない。だが、データセンターのあらゆるワークロードにとってこのテクノロジーが最善の選択肢とは限らない。

/tt/news/1804/24/news01.jpg
重要度が増した組み込み市場

IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げるのはなぜか

EPYCでサーバ市場にAMDが返り咲き、Intelとの競合が再び注目されるようになった。両社の戦いはデータセンター市場だけでなく、組み込み市場に拡大している。両社がこの市場を重視する理由とは?

/tt/news/1804/19/news05.jpg
パフォーマンス向上に貢献

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはSSD、使って分かる3つの利点

パフォーマンス向上や電力コスト削減など、ハイパーコンバージドインフラ計画にソリッドステートストレージを含めるメリットは多数ある。

/tt/news/1804/13/news04.jpg
「Alexa、バックアップして」はまだ夢?

2028年の「バックアップ製品」はこうなる――「クラウド」「GDPR」が変化の鍵に

技術開発が進むバックアップ製品は、2028年にはどのように進化しているのか。鍵となるのは「クラウド」と「GDPR」だ。

/tt/news/1804/06/news03.jpg
既存システムのCPUがボトルネックになることも

NVMe SSDへ移行しストレージの世代交代を進めるには?

高性能SSDインタフェースを取り入れるには、入念な計画が必要だ。NVMe(Non-Volatile Memory Express)技術の進化に伴い、どうすれば容易に移行できるかが模索されている。

/tt/news/1804/06/news01.jpg
CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド

既存インフラが通用しないIoTデータの制御

モノのインターネットは多大なストレージを要求し、前例のない量と種類のデータを発生させる。フラッシュからオブジェクトからクラウドに至るまで、選択肢について検討する。

3 月

/tt/news/1803/30/news01.jpg
CW:コンテナストレージはアリなのか?(後編)

「コンテナでストレージ」が意外に有用な理由

コンテナそのものを永続ストレージのプラットフォームにするというアイデアは、一見すると不適切だ。しかし、それを上回る数々のメリットがある。

/tt/news/1803/30/news08.jpg
Nimbus Dataが2018年夏に出荷予定

ついに「100TBのSSD」登場 メーカーの自信がうかがえる“5年間の無償保証”

Nimbus Dataは新しい100T(テラ)BのSSD製品「ExaDrive DC100」を発表した。他のエンタープライズSSDと比較して、消費電力が少なく、耐久性が高く、読み書き性能のバランスが良いという。

/tt/news/1803/29/news05.jpg
高効率データセンターを救う技術か

東芝がNVMe SSDで攻める新製品、ストレージ管理「KumoScale」とは?

東芝グループは、NVMeのラインアップに新しいSSDを追加し、NVMe SSDをストレージ本体にプールして共有できる新しいソフトウェア「KumoScale」を発表した。その狙いとは。

/tt/news/1803/28/news04.jpg
過去90日間アクセスの無いデータが対象に

データの95%はアーカイブ可能、ユーザーの不満を生まない4つのルール

データをアーカイブするシステムの設計を見直す場合、徐々に量を増やしながら、プライマリーストレージからアーカイブに絶えずデータが移動するようにすれば、誰もが満足するだろう。そのためには4つのルールに従うのがお勧めだ。

/tt/news/1803/23/news05.jpg
クラウドでも重要性を増すファイルストレージ

専門家が予測 2018年の話題は「マルチクラウドストレージ」

専門家によると、企業向けクラウドストレージの2018年のトレンドには、マルチクラウドの利用、ハイブリッドクラウドストレージ、ファイルベースのクラウドストレージなどがあるという。

/tt/news/1803/19/news01.jpg
CW:Dockerで永続ストレージ(後編)

Dockerで外部ストレージを使った永続ストレージを実現する方法

外部ストレージのデータをDockerのコンテナから利用したいこともある。外部ストレージ利用には賛否両論あるが、それでも利用したい場合はどうすればよいのか。

/tt/news/1803/15/news01.jpg
CW:コンテナストレージはアリなのか?(前編)

コンテナ用の永続ストレージに要求される3つの要件

仮想化やコンテナの普及により、従来型の共有ストレージではニーズが満たせなくなってきた。コンテナ時代のストレージの要件とは何か。

/tt/news/1803/14/news07.jpg
「物理層」「仮想化層」「管理層」で考える

いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)のデータ管理アプローチでは、「物理」「仮想化」「管理」の3つの論理層に分けてプロセスを考える。それぞれの層でできることは何か、基礎知識を整理する。

/tt/news/1803/14/news08.jpg
「ユーザーが置き去りになる」という意見も

大手ストレージベンダー9社が予測する2018年は? 新メモリ技術、NVMeに注目

NVMe、NVMe over Fabrics、そして新しいメモリテクノロジーが2018年以降のストレージ業界をかき乱すだろうというのが、ストレージ担当の企業幹部や業界アナリストの予測だ。

/tt/news/1803/11/news01.jpg
5日でできる問題回避ステップ付き

Windows 10移行の落とし穴と回避策6選

ユーザーは、「Windows 10」への移行後、問題に直面することがある。IT部門は、本格的な移行に取り組む前に綿密な計画を立てることで、このような問題を回避できる。

/tt/news/1803/08/news02.jpg
初の悪用事例

Meltdown&Spectre用の「偽の修正パッチ」に注意

MeltdownとSpectreの脆弱性がついに悪用された。それは、偽の修正パッチを配布してマルウェアに感染させるというものだった。

/tt/news/1803/05/news05.jpg
SAS/SATAからの交代

NVMeで期待できるユースケースを探る 電力削減、DB高速化など

企業のIT部門は今、従来のフラッシュストレージから、さらに高速のNVMeベースのテクノロジーに関心を寄せている。どのようなユースケースが考えられるかを探る。

/tt/news/1803/02/news01.jpg
Dockerで永続ストレージ(前編)

Dockerで永続ストレージを実現するDockerボリュームとバインドマウント

Dockerでも永続的なストレージが必要な場面が増えてきた。永続ストレージを実現する方法は複数あるが、最適な方法を選択するには幾つかの要件を考慮する必要がある。

2 月

/tt/news/1802/28/news06.jpg
発展途上のテクノロジーだが有望

コンポーザブルインフラはデータセンターにどうなじむのか

プログラム可能なインフラは、コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラよりも柔軟かつ安価で、素早く変更できるメリットをデータセンターの管理者にもたらす。

/tt/news/1802/28/news02.jpg
Excelero、E8 Storage、Apeiron Data Systems

2018年 主要ベンダーのNVMe製品戦略総まとめ(後編)

NVMeストレージのアプローチは実に多彩であり、製品はどれも特徴的だ。後編では、Excelero、E8 Storage、Apeiron Data Systemsの製品戦略および製品の特徴をまとめた。

/tt/news/1802/26/news04.jpg
高速大容量化するも「データの交通渋滞」が課題に

NVMe登場で早まる第1世代フラッシュストレージのリプレース時期、なぜ今なのか?

企業のフラッシュストレージシステムに第2の波が来ている。選定において、パフォーマンスと容量の最適化や、柔軟性確保とネットワーク接続など、考慮すべき要件が多くなった。

/tt/news/1802/25/news01.jpg
バックアップは定期的に

個人データをバックアップするなら? ベストプラクティス3選

あなたのデータは安全だろうか。バックアップのベストプラクティスには、データの定期バックアップや、異なる種類のドライブとメディアの活用などがある。

/tt/news/1802/21/news03.jpg
バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第3回】

バックアップ/DRで「システムの切り替え先にクラウドを使用する」8つの方式

オンプレミスからクラウドへ「サイト間のシステム切り替え」をしたい場合に用いる8つの方式を解説する。クラウドを使ったバックアップ/DRのための製品を比較選定する際に役に立つはずだ。

/tt/news/1802/21/news01.jpg
新規ハードウェアの価格は問題ではない!?

オブジェクトストレージ移行で得た、驚きのコスト削減

大容量の画像ファイルを扱う企業が、NASからオブジェクトストレージに移行。その結果、コストを大きく削減することに成功した。

/tt/news/1802/14/news06.jpg
次世代のデータセンターアーキテクチャとして期待

コンポーザブルインフラはハイパーコンバージドに次ぐ大ブームを巻き起こすか

昨今のITシステムは、柔軟性が向上し、価格が低下して、近代化が加速している。そして、プログラム可能なインフラがHCIとCIに次ぐ一大ブームを巻き起こすかもしれない。

/tt/news/1802/12/news02.jpg
捨てられないコールドデータをどう保存するか

徹底比較:HDD、テープ、SSD、光ディスク コスト効率の高いコールドストレージは?

コスト効率に優れたコールドストレージ製品、サービス、メディアへの需要が急速に高まっている。それには多くの理由がある。非構造化データが飛躍的に増加していることも理由の1つだ。関連技術を比較する。

/tt/news/1802/08/news01.jpg
XIO&Pure Storage

2018年 主要ベンダーのNVMe製品戦略総まとめ(前編)

NVMeストレージのアプローチは実に多彩であり、製品はどれも特徴的だ。前編では、XIO TechnologiesとPure Storageの製品戦略および製品の特徴をまとめた。

/tt/news/1802/07/news06.jpg
2019年までに半分以上のデータがクラウドへ

クラウドストレージ利用調査 企業の過半数がAWSを選ぶ理由は?

企業がクラウドストレージ導入に踏み切る主な理由は、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、コラボレーション用のストレージ容量の確保だ。

/tt/news/1802/06/news06.jpg
AWSを追撃するGoogle

Googleクラウドが投入した3機能をAWSと比較、次の戦略が見えてきた

Googleは2017年、市場のリーダーであるAWSとのギャップを埋めようとして幾つかの対抗措置を講じた。しかし、その努力は新規顧客を獲得するのに十分なのだろうか。

/tt/news/1802/05/news07.jpg
デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の大問題

「非構造化データ」が“爆増”しても困らないストレージの条件とは?

非構造化データの急速な増加は、ストレージシステムにも大きな変革を迫る。そこで重要な要素となるのが、スケールアウト型の「セカンダリーストレージシステム」だ。

/tt/news/1802/02/news04.jpg
各ベンダーは処理負荷を軽減する施策を実装

フラッシュメモリの寿命を縮める「P/Eサイクル」増加問題 対処法はあるのか?

データの書き込みや消去といった単純な処理でさえも、NAND型フラッシュメモリの消耗を加速させる一因になる。だが対策はある。

1 月

/tt/news/1801/31/news06.jpg
ポイントはマルチクラウドか否か

クラウド自動化ツールを比較 ネイティブ vs. サードパーティーの勝者は?

クラウドでの自動化とオーケストレーションのツールには、プロバイダーネイティブのツールとサードパーティー製ツールの2形態がある。最適なツールを選ぶには、将来のニーズ、特にマルチクラウドのニーズを把握しておくことが必要だ。

/tt/news/1801/26/news04.jpg
他人のHDDにファイルを保存?

ブロックチェーンによる分散型クラウドストレージの可能性

ブロックチェーンをDropboxやGoogleドライブのようなクラウドストレージに応用するサービスがある。ブロックチェーンを使ったストレージサービスは普及するだろうか。

/tt/news/1801/24/news01.jpg
ハイブリッドストレージのベストバイ

フラッシュ vs. HDDではなくハイブリッドストレージが答え その技術と製品は

フラッシュとHDDの両方を搭載したハイブリッドストレージアレイは、パフォーマンスの点でオールフラッシュストレージやオールHDDを上回る利点があり、今日の組織の多種多様なワークロード要求に対処できる。

/tt/news/1801/23/news07.jpg
経験者は「自然災害に万能の解決策なし」と語る

自然災害からデータを守るIT緊急時対応とは、米国の「反省点」から学ぶ

マネージドサービスプロバイダー(MSP)のData Integrity Servicesは、ハリケーン「イルマ」に備えるだけでなく、その余波にも対応し、顧客のデータを保護した。同社の取り組みを紹介する。

/tt/news/1801/23/news06.jpg
熱気に包まれるストレージ業界

「NVMe-oF」と「SCM」が出会うとき、ストレージ業界に破壊的革新が起こる

この5年間でNANDフラッシュメモリはストレージ分野に変革をもたらした。同じように、「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)と「ストレージクラスメモリ」(SCM)は、従来のストレージ分野を一変させる可能性がある。

/tt/news/1801/18/news03.jpg
大手の独走態勢は過去 注目の8社を紹介

巨人に挑む新興ストレージベンダーが熱い理由、「AWS下位互換」「SDSとフラッシュの融合」に注目

ビジネス向けストレージ市場に参入しようとして敗れていった企業がある中、新たに既存ベンダーとの戦いに挑むスタートアップ企業が誕生している。彼らは成功をつかむことができるのか。

/tt/news/1801/17/news05.jpg
フラッシュストレージからHCI、SDSまで

インフラを取り巻く環境変化 生き残ったベンダーは何を選択してきたのか

インフラ、特にストレージ環境に関する変化は著しい。かつて有望視されたスタートアップも、幾つかはすでに事業を畳んでいる。生き残った企業が選択した技術は何なのか。

/tt/news/1801/16/news05.jpg
フラッシュストレージ選定の前にチェック

「NOR型」と「NAND型」の違いとは? フラッシュメモリの2大選択肢を比較

NOR型とNAND型のフラッシュメモリは、それぞれ適する用途が異なる。フラッシュストレージの導入を検討している企業は、選定前に両者の違いを知っておく必要がある。

/tt/news/1801/12/news06.jpg
さらなる“次世代”も視野に

SSD市場の主流に躍り出るNVMe SSDストレージ、なお残る課題は?

ストレージベンダーは、「NVMe」がSSDの業界標準の接続規格になるとの見解で一致している。だが、NVMeにはコストや構成の課題があり、それらが克服されなければならない。

/tt/news/1801/11/news05.jpg
「NVMe over Fabrics」に熱視線

東芝が「NVMe」市場にソフトウェアで挑む“本当の理由”

東芝グループが「NVMe over Fabrics」の実現に向けたストレージソフトウェアを販売する。その狙いは何か。

/tt/news/1801/09/news01.jpg
サーバ仮想化はもう古い

コンテナがあればハイパーバイザーやストレージアレイは不要になる

従来のストレージは可視性に乏しいプロセスでプロビジョニングされ、手間も時間もかかっていた。コンテナは従来の仕組みを刷新し、コスト効率の高いシステムを実現するという。

/tt/news/1801/09/news05.jpg
1カートリッジで32TB格納

テープ新規格「LTO-8」は速度、テープ送り、耐久性、容量の全てが進化 その適用範囲は?

次世代テープ規格「LTO-8テープ」は、これまでにないほど膨大な量のデータを格納して保護したいと考えているあらゆる規模の企業にとっての好機となる。

/tt/news/1801/08/news01.jpg
ストレージベンダーの群雄割拠が加速

データストレージ2018年のトレンド:話題を独占する5つのテクノロジーとは

データストレージは着実な進化を遂げている。本稿では2017年を振り返りつつ、2018年に話題となるであろう5つの技術について解説する。

/tt/news/1801/05/news03.jpg
想像の翼を広げてみよう

2018年のストレージ業界を大胆予測 まさかの「4D NANDフラッシュ」登場なるか?

毎年恒例の「未来予測」だ。真実、現実、正当性にとらわれず、怖いもの知らずの思い切った視点で、2018年におけるデータストレージのトレンドを考察してみよう。