IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2014 年)

10 月

/tt/news/1410/24/news01.jpg
有名メーカー製ハードの寿命はあと3〜5年

ホワイトボックスの流行で有名メーカー製サーバは不要になる?

大規模データセンターでは、DellやIBMのサーバを排除して「ODM」メーカーのホワイトボックスサーバに切り替える例が増えている。VMwareのCTOは、「有名メーカーのサーバは使われなくなる」とまで言う。

/tt/news/1410/20/news07.jpg
仮想化で軽視されがちなハードウェアだが

大切な仮想環境、ハードウェアが故障したら何が起こる?

アプリケーションの可用性向上に役立つソフトウェア機能が普及する中、IT担当者は、全てのハードウェア障害が防げるわけではないことを忘れがちだ。これではリカバリ計画もおろそかになってしまう。

NEWS

仮想化基盤の運用性を高めたストレージ製品群を発表――NEC

SSD採用によるディスクI/Oの高速化に加えて、業務システムが混在する仮想化基盤の運用性を高める機能を利用できる。

/tt/news/1410/14/news05.jpg
注目技術の最新トレンド

「オールフラッシュアレイ」はもはや普通? 高機能と大容量で進む一般化

IBM、Violin Memory、Kaminarioのオールフラッシュストレージアレイの新モデルは、データ削減および管理機能の強化と、大容量化というトレンドに沿っている。

/tt/news/1410/07/news01.gif
仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第3回】

VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜サイト間切り替え編

代表的な3つのDR(災害対策)方式のうち、「サイト間切り替え(バックアップリストア)」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

/tt/news/1410/04/news01.jpg
数十万台のサーバが稼働中

潜入! 写真で分かる「Facebook」の巨大データセンター

米ノースカロライナ州にあるFacebookの巨大データセンターに潜入。独自仕様で開発されたサーバやストレージを見た。写真とともに紹介しよう。

9 月

/tt/news/1409/30/news10.jpg
最大限に生かしたいストレージの新テクノロジー

5分で分かるSoftware-Defined Storage(SDS)のメリット

仮想ストレージを知っている人は多いだろうが、Software-Defined Storage(SDS)にも独自のメリットがある。

/tt/news/1409/25/news04.jpg
「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」パネルディスカッション

ドコモ、ガリバー、日経のAWS活用術、最重要資産“データ”はクラウド上でこそ生きる

NTTドコモ、ガリバー、日経新聞の3社はAWSにデータを預けることをどう考えているのか。「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」からパネルディスカッション「データをクラウドに上げたらどうなった!?」の模様をリポートする。

/tt/news/1409/25/news03.jpg
ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【後編】

【徹底比較】マルチクラウドを見据える「マネージドクラウド」14社

業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。後編では“個別要求”をテーマに比較した。

/tt/news/1409/24/news03.jpg
ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【前編】

【徹底比較】充実の「マネージドクラウド」14社を“クラウドらしさ”で比較

業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。前編では“クラウドらしさ”をテーマに比較した。

/tt/news/1409/22/news01.jpg
Power Systemsを売り込むIBMだが……

ARMやPOWERがx86アーキテクチャに代わる日は来るのか?

x86アーキテクチャに代わる選択肢として、ARM64やPOWER8が盛んに攻勢をかけているが、今のところx86の牙城は揺るがないようだ。では、将来はどうか?

/tt/news/1409/19/news02.jpg
システムの複雑化とデータの増大で激変するバックアップ環境

アナリストに聞く、データバックアップを再考すべき理由

企業のITシステムは複雑化しており、それを取り巻くデータバックアップ環境も大きく変化している。多くの企業では、バックアップ体制を再考すべき時期に差し掛かっている。

/tt/news/1409/17/news06.jpg
1人の管理者が2万台を管理

徹底解剖:Facebookが使うサーバはどうなっているのか?

Facebookを支えるサーバはどうなっているのか。何十万台もあるといわれる同社のサーバのうち、3分1のサーバを格納する米ノースカロライナ州のデータセンターを訪問した。

/tt/news/1409/12/news04.jpg
そのメリットとリスク対策

企業向けシステムの“過激な高密度化”はここまで進んでいる

ストレージやサーバの高密度が著しい。注意深く計画を立てることで、コンピューティング密度の向上によるメリットを最大化し、潜在的なリスクを最小化することができる。

/tt/news/1409/08/news01.gif
仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】

VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編

DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

/tt/news/1409/08/news06.jpg
適切なプロバイダーを選ぶために確認したい

よく知られている「クラウドバックアップ」のメリット、ではデメリットは?

クラウドベースのバックアップは、安価な帯域幅とキャパシティーの最適化テクノロジーにより、テープなどの持ち運び可能なバックアップメディアの代替テクノロジーとして人気を集めている。

/tt/news/1409/05/news04.jpg
HP、移行ビジネスを本格始動

200日かかる「Windows Server 2003」移行、6割の企業はいまだ手つかずで大丈夫?

Windows Server 2003のサポート終了まで1年を切り、HPは、顧客を新しいMicrosoft OS、ITインフラ、HPのサポートへ移行させようとパートナーを通じて後押ししている。

/tt/news/1409/03/news02.jpg
基盤技術が肝

ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定

サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?

8 月

/tt/news/1408/29/news01.jpg
F1チームのIT事情

弱小F1チームのケータハムが仮想化で実現した「意外なコストダウン」

わずか半年でIT環境を構築してケータハムのF1参戦を実現させたピータース氏。同氏は仮想化を推し進めてコストを削減しただけでなく、サーキットにハイパフォーマンスコンピューティングを持ち込もうとしている。

/tt/news/1408/28/news02.jpg
Microsoft Azureスマート解説【第6回】

インフラエンジニア不要論も? Microsoft Azureのインフラサービスを一挙紹介

Microsoft Azureが提供するSQLデータベース、仮想ネットワーク、ロードバランサ、CDNの4サービスを紹介する。いずれもハードウェアやミドルウェアを気にすることなくインフラを利用することができる。

/tt/news/1408/28/news01.jpg
10万コア規模のOpenStackクラウドへ

OpenStack+クラウドフェデレーションを徹底活用するCERN

OpenStackで6万5000コアのプライベートクラウドを構築し、さらに演算能力の不足をクラウドフェデレーションで補う仕組みを開発したCERN。「足りないときだけ外部調達」の発想は今後さらに広まるだろう。

/tt/news/1408/26/news05.jpg
法令も絡む、データセンターの最新事情

“冷却”だけじゃない 最新データセンター設備を取り巻く5つの論争

データセンターの入退室をカードキーで監視している企業はどのくらいあるのか。また、改造計画に「エコノマイザー」は含まれているのか。多くのデータセンター設備に見られる傾向と法令がもたらす懸念を解明する。

/tt/news/1408/25/news02.jpg
IT部長さんのための技術トレンド【第6回】

1回で分かる:物理サーバを仮想サーバのように使えてしまう「ベアメタルクラウド」

OSの入っていない物理サーバ(ベアメタルサーバ)をクラウドと同様に利用できるベアメタルクラウド。物理サーバの性能にクラウドの利便性を取り入れた新しいサーバソリューションとして注目されはじめている。

/tt/news/1408/25/news01.jpg
クラウドならSIerはいらない?

ガートナーいわく「今がITの買い時」

今、IT市場には価格を押し下げる複数の要因が作用している。企業の購買担当者は、この機会をとらえて値引き交渉すべきだ。一方、ITサプライヤーとシステムインテグレーターにとっては受難の時代になりそうだ。

/tt/news/1408/12/news01.jpg
RAIDによるデータ保護はもう限界

大容量データ保護の福音イレージャーコーディングで「RAIDは不要になる」

HDDの大容量化に伴い、RAIDによるデータ保護は限界を迎えている。その代わりに注目されているのが、「イレージャーコーディング」という手法だ。これでRAIDの時代は終わるのだろうか?

/tt/news/1408/05/news06.jpg
初めてのサーバ購入【後編】

サーバベンダーから大幅値引きを引き出すコツは

サーバのTCOは各コンポーネントに加えて、アプリケーションやオプションによって決まる。ベンダーから有利な条件でサーバを購入するコツを解説する。

7 月

/tt/news/1407/30/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

データセンター建設プロジェクト事例に見る電力効率化のポイント

英ミルトン・キーンズのデータセンター建設プロジェクトやアイスランドのデータセンターから、電力の効率化とコスト削減のポイントを探る。

/tt/news/1407/28/news06.jpg
初めてのサーバ購入【前編】

サーバが高価になるのはそれなりの理由がある

サーバの価格はプロセッサやメモリ、ストレージなどさまざまな構成要素で決まる。用途に合った適切な構成のサーバを適切な価格で購入するには何に気を付ければいいのか。

/tt/news/1407/28/news01.jpg
基礎から分かるキャッシュ技術

どこでどのように? キャッシュ技術/製品最新動向

キャッシュをどこに(サーバ内かOSか)、どのように(ライトスルー、アラウンド、バック)実装するのか? どのような製品があるのか? 低レイテンシとスループット向上を実現するキャッシュ技術の最新動向を探る。

/tt/news/1407/24/news02.jpg
Microsoft Azureスマート解説【第5回】

縁の下の力持ち「Microsoft Azureストレージ」の3つの機能を使い分ける

「Microsoft Azure ストレージ」には、3種類のストレージが用意されている。これらのストレージは、格納するデータの性質やサイズ、格納後の利用方法、実装の際に適用するデザインパターンなどに応じて使い分ける。

/tt/news/1407/23/news04.jpg
データセンター部門に新たなポジション

今後必要とされるITの“花形職種”6選

日進月歩のITはそれに従事する人々の働き方にも常に革新を迫る。次世代のデータセンター部門に待つ新しいキャリアパスと、そこで求められるスキルセットとは何か。

/tt/news/1407/22/news08.jpg
ストレージベンダーの取り組みを見る

「モノのインターネット(IoT)」攻略の鍵は“ビッグブラザー”が握る?

「モノのインターネット」が生み出す膨大なデータが、企業のストレージを圧迫している。ストレージを監視してデータ量を抑制しようというストレージベンダー各社の取り組みはIT部門にとって朗報といえそうだ。

/tt/news/1407/17/news03.jpg
バグや失敗をどう解決した?

失敗から成功まで、HDFSでRAIDを利用するFacebookの挑戦

FacebookはHadoop分散ファイルシステムにRAIDを展開して、容量削減を実現した。だが、当初は期待通りに削減できず、データの破損に悩まされた。彼らはいかにして課題を解決したのだろうか。

/tt/news/1407/15/news05.jpg
DevOpsとアジャイル開発手法でトレーニングを削減

人手不足でもう限界、メインフレーム管理を救うたった1つの方法とは

減少が続くメインフレーム管理者。しかし企業内にはまだメインフレームが残っており、管理者が必要だ。DevOpsとアジャイル開発手法の応用が管理者の育成に役立つかもしれない。

/tt/news/1407/15/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

今すぐやるべきデータセンターの冷却コスト削減

データセンターの電力使用量を削減し、コスト効率とエネルギー効率を高める比較的シンプルな手順を紹介する。

/tt/news/1407/11/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

データセンターの電力コストを削減する8つの主要技術

どのような理由であれ、エネルギー効率の高いデータセンターは環境のためになると同時に、会社の経費削減にもつながると専門家は指摘する。本稿ではデータセンターのグリーン化の一助となる主な技術を紹介する。

/tt/news/1407/07/news04.jpg
クラウドのタイプ別比較表付き

私たちが本当に欲しいのは、パブリックよりも“わがままクラウド”

パブリッククラウドを検討するも、システム構成や性能、サポートなどにおいて「もっと柔軟に対応してほしい」と思ったことはないだろうか。クラウドらしさを失わず個別要求にも応えられる、そんな“わがままクラウド”を探った。

/tt/news/1407/04/news05.jpg
“ハイブリッドクラウド”は消えてなくなる?

「クラウド革命」はどこへ向かう? 3つの市場動向から占う

クラウドは、既存アプリケーションのホスティングオプションではない。アプリケーション開発の新しいアーキテクチャなのである。このクラウド革命は、企業のビジネスをどのように変えるのだろうか。

/tt/news/1407/03/news01.jpg
高まる非構造型データニーズ

今、企業がオブジェクトストレージに注目すべき理由

非構造型データの増大、従来型ストレージアーキテクチャの限界など、昨今のデータアクセスニーズの変化がオブジェクトストレージへの関心を高めているという。企業が注目すべき理由と、市場動向を解説する。

/tt/news/1407/02/news05.jpg
性能と機能の“いいとこ取り”も

オールフラッシュストレージ、買うなら「性能重視型」か「機能重視型」か

フラッシュメモリだけでデータを保存するオールフラッシュアレイには、大きく分けて機能重視型と性能重視型の2タイプがある。どちらを選択すべきか、その選定ポイントを伝授する。

6 月

/tt/news/1406/26/news06.jpg
教育ITニュースフラッシュ

成績上がると「Ponta」がたまる? 明光義塾が新サービス

徳島大学がコンテナ型データセンターを導入した事例から、教育機関で広がるプログラミング教育の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

/tt/news/1406/26/news03.jpg
ソフトウェアの違いより重要な問題

知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較する

全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。

/tt/news/1406/26/news01.jpg
「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛だが

OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?

米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?

/tt/news/1406/25/news04.jpg
NEWS

EMCジャパン、SDSを実現する製品群を発表

EMCが提唱する「Software Defined Storage」を実現する関連製品3種を発表。異機種が混在するストレージ環境の統合管理、サーバ内蔵のストレージリソースの有効活用などに役立つ。

/tt/news/1406/24/news01.jpg
「SharePointの弱点が目立つようになった」

さよならSharePoint&MS Office! Google Appsに全面移行した英オペラハウス

英国のグラインドボーンオペラハウスは、200人の職員が利用するメールや業務ワークフローなどのアプリケーションとストレージを、米GoogleのGoogle Appsに移行した。

/tt/news/1406/20/news06.jpg
水の蒸発で熱を吸収

暑い夏にコンピュータをどう冷やす? 企業が試している“意外に単純な方法”

コンピュータの永遠の課題は熱を持つシステムをどう冷やすか。システムが熱くなりすぎるとエラーが発生する一方で、冷却には電力コストが掛かる。安く、効率的に冷やす方法とは?

/tt/news/1406/19/news04.jpg
重要度別データ保護のススメ

仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ

ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。

/tt/news/1406/16/news06.jpg
ハイブリッドvs オールフラッシュ、どちらを選ぶ?【後編】

SSDの向き、不向きを再考する

SSD導入でストレージ性能が劇的に改善する可能性がある。しかし、ハイブリッドとオールフラッシュなどの実装方法によって導入効果は大きく変わる。効果的な使い分けを伝授しよう。

/tt/news/1406/02/news02.jpg
IDCフロンティア「マネージドクラウド」導入事例

1日1000万PVの朝日新聞デジタルがクラウド移行に求めた要件とは?

朝日新聞社が運営する「朝日新聞デジタル」は2013年夏に、ITインフラの一部としてIDCフロンティア「マネージドクラウド」の利用を始めた。サイトの利便性と将来的な拡張性を高め、新規サービスの開発により注力する。

/tt/news/1406/09/news05.jpg
祝メインフレーム50周年

モバイル向けメインフレーム!? でまだまだ生きるメインフレーム

メインフレームといえばレガシーシステムの象徴だが、先日行われたメインフレーム50周年式典で、IBMはメインフレームの新たな可能性をアピールした。モバイル時代のメインフレームとは?

/tt/news/1406/06/news01.jpg
エネルギー問題の新たなリスク

グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾

環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。

NEWS

EMC、“サービスとしてのデータ保護”を含む新製品を発表

EMCジャパンはData Protection as a Service(サービスとしてのデータ保護)の提供を可能にするデータ保護の新たな製品群と、中堅・中小市場向けストレージの新製品群の日本での販売開始を発表した。

/tt/news/1406/05/news02.jpg
ハイブリッドvs オールフラッシュ、どちらを選ぶ?【前編】

SSD導入がお得になる場合、ならない場合

大容量化や価格低下が進み、導入するユーザーが増えたといわれるSSD。HDDと共存する「ハイブリッド型」か? 性能重視で「オールフラッシュ」か? 失敗が許されないシステム変更の結果は、その選択に委ねられている。

5 月

/tt/news/1405/30/news08.jpg
激化する値下げ競争で勝つために

採用サイトから見えるAmazonの次の動向、独自プロセッサを開発?

Amazon Web Services(AWS)を運営するAmazonは、ここ最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を積極的に採用している。これは、AmazonがARMベースのカスタムプロセッサを独自に開発するといううわさと関係がありそうだ。

/tt/news/1405/29/news04.jpg
正しく評価するための5つの視点

データセンターをプログラミング――「SDDC」が実現するITの未来とは

仮想化技術などを利用し、リソース確保や構成の柔軟性を高めたデータセンター「Software Defined Data Center(SDDC)」。ベンダー各社がさまざまなアプローチで取り組むこのSDDCをどう評価すべきか。5つのポイントを紹介する。

/tt/news/1405/29/news01.jpg
どこでも仕事ができる体制へ

SANを捨ててクラウドストレージBoxへの全面移行を目指す英市議会

英国ピーターバラ市議会は、EMCのSANからBoxへの全面移行を決断し、パイロットプロジェクトを開始した。クラウドストレージへの移行に際して直面した課題とは?

/tt/news/1405/22/news06.jpg
「磁気テープは古い」こそが時代遅れ

富士フイルム、ソニーが“テープ保存”に回帰した意外な理由

2014年に入り、富士フイルムやソニーなどが磁気テープの新技術や新製品を相次いで発表している。ディスクに置き換えられる運命だと思われたテープが再び脚光を浴びた理由とは?

/tt/news/1405/13/news05.gif
医療、金融などにサービスを提供へ

人に勝る人工知能「Watson」が次のステップに頭をひねっている

2014年1月に専門部署が新設された、IBMの人工知能コンピュータ「Watson」事業。同社は医療や金融サービス、通信など特定業界への利用促進を進めているが、課題も明らかになってきた。

/tt/news/1405/02/news01.jpg
「Open Cloud Summit Japan」リポート

サイバーエージェント、ヤフー、楽天が語るOpenStackとの理想的な関係

パブリッククラウドやプライベートクラウドの利用が増え、ベンダーロックインを気にするユーザーが増えてきた。OpenStackを利用(検討)し自社でプライベートクラウド開発・運用する先進企業3社にその取り組みを聞いた。

4 月

/tt/news/1404/14/news04.jpg
仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第2回】

VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜仮想マシン間HAクラスタ編

VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「仮想マシン間HAクラスタ」に着目し、製品選定を行うために必要な知識(動作、メリット/デメリット、製品選定ポイント、推奨する設計・運用)を紹介する。

NEWS

日本HP、統合型システムとクラウド管理ツールを刷新

サーバ仮想化、クラウド、ビッグデータ、モバイル分野に特化した統合型システムの新製品を発表。また、OpenStackベースのクラウド管理ツールも提供を開始した。

/tt/news/1404/18/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

導入企業に聞く、ファイル同期・共有ツールの選び方

CIOによる適切なサービスの選定を支援するため、ファイル同期・共有サービスをいち早く導入した担当者の経験をForresterのアナリストが紹介する。

/tt/news/1404/16/news03.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

商用からOSSまで、企業ユーザーのためのクラウドストレージ

企業にとってもクラウドストレージサービスの導入は不可避になってきた。そのリスクとメリット、Dropboxの代替について検討する。

/tt/news/1404/15/news03.jpg
ストレージ階層化で利用広がる

大活躍のSSD、しかしデータ保護は本当に大丈夫?

SSDやI/Oアクセラレータのような新しいストレージの台頭で、これまでのデータ保護方法の弱点が露呈している。現状と課題解決策を探る。

/tt/news/1404/07/news01.jpg
仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第1回】

仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”HAクラスタ

仮想環境においても物理環境と同様のHAクラスタ構成を組めばよいと思われがちだが、実はそう簡単ではない。物理環境のHAクラスタ製品を仮想環境で使用した場合に起こる3つの課題について整理する。

/tt/news/1404/02/news04.jpg
PC、スマートフォンに続き台頭する「ODM」とは

Apple、Facebookの無数のサーバはどこからやって来るのか?

モバイルデバイスに押されているノート/デスクトップPCを尻目に、サーバ市場の成長が続いている。背景には米Facebookや米Appleなどが支持するハードウェアのオープンソース化や台湾企業を中心とするODMベンダーの躍進がある。

/tt/news/1404/02/news02.gif
SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供

【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト

中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。

3 月

/tt/news/1403/27/news01.jpg
F1チームでもDropbox問題

社員の「Dropbox利用」に悩むマクラーレン・メルセデス

英国の名門レーシングチームMcLarenは、米Intralinksのコラボレーションソフトウェアを使用して、全社で利用する重要な情報を共有している。

/tt/news/1403/26/news02.jpg
社内外でのファイル共有・同期を安全に

企業向けオンラインストレージサービス7選(海外ベンダー編)

オンラインストレージサービスを業務で利用するニーズが高まっている。だが、個人向けサービスではIT部門が管理できないなどセキュリティ面での不安が多い。そこで、企業利用を想定したサービス7選を紹介する。

/tt/news/1403/19/news02.jpg
2014年「データストレージ技術」番付(後編)

SSDだけではない、“第2のデータセンター”を実現する技術とは

企業規模を問わず、クラウド技術・サービスを利用したストレージ環境に注目が集まっている。その背景にはファイルストレージよりも進むバックアップデータの急増への対応がある。

/tt/news/1403/18/news01.jpg
Lenovoの次の一手は?

IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む

IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?

/tt/news/1403/14/news03.jpg
何かしらの見返りを期待

Microsoftの本心が見え隠れする、Facebook主導プロジェクトへの参加

米Microsoftは2014年1月、米Facebook主導のプロジェクト「Open Compute Project」に参加すると発表した。そのメリットは、自社のクラウドサービス向けハードウェア供給元が増えるだけでない。同社の本心は?

/tt/news/1403/14/news01.jpg
ブートストームをいかに解消するか?

VDIストレージ基礎の基礎と永続/非永続デスクトップ戦略

VDIを構築する上で課題になるのが、従業員の出社時間にI/Oが集中するブートストームだ。これを解消するには、ストレージ構成や最適化ソフトウェアの使用を検討する必要がある。

/tt/news/1403/11/news05.gif
50年の耐久性は本当?

Facebookがデータ保存にBlu-rayとSSDを採用、専門家からは「本気?」の声

Facebookは長期的に保持するデータの格納先として、Blu-rayディスクやSSDなどを利用すると公表した。コストや消費電力を抑えつつ、50年以上の耐久性を持たせると説明するが、この戦略に対する評価はまちまちだ。

/tt/news/1403/06/news04.jpg
2014年「データストレージ技術」番付(前編)

次世代SSDがついに登場、標準規格と3Dフラッシュで進化

2014年、6つのデータストレージ技術が多くの企業のIT環境にインパクトを与えそうだ。その筆頭は、躍進が予想されるソリッドステート技術である「NVMe(Non-Volatile Memory Express)」と「3Dフラッシュ」の2つだ。

/tt/news/1403/04/news04.jpg
SSD購入のためのヒント集

フラッシュストレージのベンチマークテストが信用できないわけ

フラッシュベンダーのベンチマーク値がどのようなテストで出されたものかを理解することは重要だ。製品購入に当たっては、自分が求めるフラッシュ構成と同じ構成でテストされたベンチマーク結果を参考にすべきだ。

2 月

/tt/news/1402/28/news07.jpg
似て非なるフラッシュハイパーバイザーとキャッシュエンジン

アプリを10倍高速化、フラッシュで仮想環境の性能を高める方法とは

キャッシュエンジンとフラッシュハイパーバイザーは、仮想環境の集約率を高め、アプリケーションを高速化する技術だ。これらのどちらが自社のニーズに合うかを判断する。

/tt/news/1402/24/news03.jpg
「ホワイトボックススイッチ」の基本

PCだけじゃない、通信分野に広がる「ホワイトボックス」旋風

2014年はホワイトボックススイッチと関連OSがネットワーク業界にインパクトを与えそうだ。

/tt/news/1402/21/news04.gif
処理性能が前世代比で2倍に

インテルもビッグデータ志向へ、データセンター向け最新CPUの使いどころ

インテルは2014年2月19日、同社のx86サーバ向けプロセッサ最上位製品「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表。ビッグデータ分析用途向けに処理性能や信頼性に関する機能改善を図った。

/tt/news/1402/14/news03.jpg
「SSD」がさらに進化

次の本命「フラッシュストレージ」、その寿命を延ばす技術とは

SSD(Solid State Drive)が、コンシューマレベルのフラッシュドライブから、企業のデータセンターで使える高機能なフラッシュベースのストレージアレイに進化してきている。

/tt/news/1402/14/news01.jpg
省電力サーバの未来

HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?

迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。

/tt/news/1402/07/news01.jpg
各社の製品動向を解説

主要ベンダーのPCIe SSD最速対決

PCIeスロットに直接挿入することで大幅な低遅延を実現するPCIe SSDストレージ。主要ベンダーの動向と製品を紹介する。

/tt/news/1402/04/news01.jpg
ITもなければ人もいない

F1参戦半年前から始まった、ケータハムF1のITシステム構築

F1参戦を半年後に控えたケータハムF1には、ITもなく社員も6人のみというありさま。ここから風洞シミュレーションなどのシステムを構築するためにケータハムが選んだパートナーとは?

/tt/news/1402/01/news01.gif
2014年はフラッシュ、データ管理、オープン化に注力

フラッシュがあらゆるストレージを変える――IBM幹部が熱く語る理由

米Texas Memory Systemsを買収するなど、フラッシュストレージ分野での存在感を強めているIBM。ストレージ事業の統括責任者が語った今後の展望でも、同社の本気度が伝わってくる。

1 月

/tt/news/1401/31/news06.gif
4四半期連続で市場はプラス成長中

x86サーバ新製品を相次ぎ投入、主要ベンダー4社の動きをまとめた

クラウドやモバイルデバイスの普及などを背景に国内x86サーバ市場が活況を呈している。2014年に入り、主要ベンダーが相次いで新製品を発表。その概要をまとめた。

/tt/news/1401/31/news04.gif
キャリアパスがより細分化

情シス担当者が転職を決意する時 調査結果が示すリアルな姿

企業ビジネス成功の鍵を握るITインフラ。それを支えるシステム担当者の仕事は日々プレッシャーに満ちている。彼らは仕事への満足度や今後のキャリアパスについてどう考えているのか? 読者調査の結果から探る。

/tt/news/1401/29/news04.jpg
ホスト内のキャッシュのvFRC

vSphere 5.5のキャッシュ機能「Flash Read Cache」の使用感をレビューする

「VMware vSphere 5.5」に追加された新機能のうち、「VMware vSphere Flash Read Cache」を扱う。実際に導入して、使用感などを確認してみたい。

/tt/news/1401/28/news03.jpg
x86サーバ事業売却の裏で

Lenovoに継承されるIBMの“最後の技術”、「X6」戦略とは?

2014年1月23日、米IBMが中国Lenovoにx86サーバ事業を売却することで合意した。その1週間ほど前にx86サーバの次世代アーキテクチャを発表したばかりだった。新アーキテクチャはLenovoにどう引き継がれていくのか?

/tt/news/1401/21/news05.jpg
数秒でVM起動、2万400台のサーバを1人で管理

理想はAmazon、Facebook、Google たった5つのヒントが導く効率的なシステム運用

Amazonのような迅速性、Facebookのような運用管理性、Googleのような高信頼性。一般的なデータセンターでも理想的なシステム構築や運用を可能にする5つのヒントを紹介しよう。

/tt/news/1401/17/news01.jpg
クラウド化でHAも現実的に

一般企業でも構築できる、ハイパフォーマンスコンピューティングのススメ

最近まで、ハイパフォーマンスコンピューティングシステムは科学者など専門家だけのものだった。だが、今では多くの一般企業も利用し始めている。

/tt/news/1401/16/news03.jpg
IBM、HPなどRISC陣営も対抗

“ウィンテル”はまだ終わらない――クラウド注力が追い風に

クライアントPCの出荷台数が減少する中、Intelが新たな居場所として注力している分野の1つがクラウド基盤だ。既存ベンダーを脅かし始めたとして市場での存在感を高めつつある。その理由とは?

/tt/news/1401/10/news01.jpg
余分なパーツが一切ないハードウェアを求めて

オープンソースのハードウェアで低コスト・省電力を進めるFacebook

米Facebookが推進するオープンソースのハードウェア。同社はこの仕様に基づいたハードウェアを利用して、低コストと省電力を実現している。

/tt/news/1401/09/news04.jpg
米TechTargetが約400人を対象に調査

2014年は半数に昇給のチャンス、システム管理者が注目される理由

IT技術や製品・サービスの急速な進化は、従業員の生産性改善と業務コストの削減に貢献する。それを下支えするシステム担当者が今、脚光を浴びつつある。彼らの生態に迫ってみよう。

/tt/news/1401/09/news02.jpg
2013年 記事ランキング(入門記事編)

「入門記事」で振り返る2013年、読者がさくっと知りたかったこととは?

TechTargetジャパンでは、製品/サービスの技術や機能の基礎を解説する入門記事を多数公開しています。本稿では2013年公開の入門記事の中から、特に読者の関心が高かった記事をランキング形式で紹介します。

Loading