IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

10 月

/tt/news/1710/20/news03.jpg
オープンソース技術が約束するストレージの変革【前編】

OSSストレージは良いことだらけ? 商用製品との違いは

OSSのストレージは、既存ストレージインフラよりもコストを抑えることができ、高い柔軟性を提供することから、業界を一変させる可能性がある。

/tt/news/1710/19/news04.jpg
SANの導入以来の大きな変化

「ストレージコントローラーはもう必要ない」──実際にやってみた

今や、ストレージコントローラーがボトルネックになっているという。実際にストレージコントローラーを排除したシステムでパフォーマンスはどの程度向上するのか。

/tt/news/1710/17/news01.jpg
なぜストレージ変更でコストが下がるのか

SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減

HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?

/tt/news/1710/17/news05.jpg
オールフラッシュストレージの優位性

フラッシュとHDDの価格は今や同じ? 思わずうなずく3つの理由

フラッシュの価格が下がり、HDDに近づいている。だが、フラッシュの単価算出が非常に難しいため、購入担当者は頭を悩ませている。価格の優劣を容量当たりの単価で見ていたためだ。

/tt/news/1710/16/news03.jpg
調査から見えるユーザーの本音

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)でも、やっぱりSSDとHDDの性能は大事

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ベンダーロックインに対する万能薬と位置付けられている。しかし、ある調査によると、ITインフラのベンダーロックインは、一時期ほど重視されなくなってきているという。

/tt/news/1710/10/news03.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第13回】

Windows Server 2016の新機能をチェックする──ファイル共有プロトコルSMB編

Windows Server 2016の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコル。SMB 3.1.1の改良点や注意点をお伝えする。

/tt/news/1710/05/news02.jpg
廃止すると別の課題が発生

NVMeのストレージコントローラー、あってもなくても困る理由

NVMeによってスループットは大幅に向上したが、全てのトラフィックが集中するストレージコントローラーがボトルネックになる。しかし、ストレージコントローラーを廃止すればいいというわけにはいかない。

/tt/news/1710/03/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ハイパーコンバージェンスで企業のIT環境はどう変わる?

調査会社の最新統計を基に、過熱するハイパーコンバージド市場の動向について解説する。

9 月

/tt/news/1709/29/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ハイパーコンバージェンスのメリットとデメリット

ハイパーコンバージド技術に弾みがついている。だが自分の組織にとってはどんなメリットがあるのか。

/tt/news/1709/28/news11.jpg
時代はテラバイトからペタバイトへ

テープ新規格「LTO-8」は1カートリッジで32TBを実現、どこまで大容量、高速になるのか

次世代テープ規格「LTO-8」は容量倍増を予定しており、データアーカイブ用途として有力な選択肢になりそうだ。テープシステムは階層型ストレージで効果的な役割を発揮できる、と関係者らは語る。

/tt/news/1709/27/news06.jpg
選択の基準はデスクトップ端末の数

DellのVDI向けオールフラッシュストレージ、XtremIOとUnityを比較

Dell EMCは、VDIを導入する企業向けにオールフラッシュストレージのオプションを2つ用意している。1つはデスクトップ端末の導入数が500台未満の企業向け、もう1つはそれ以上の台数を導入する企業向けだ。

/tt/news/1709/27/news04.jpg
マルチクラウドで浮上するプロバイダーも

2017年クラウド総合力ランキング:AWSについに追い付いたIaaSとは?

Gartner 2017年ランキングでは、大手2社のクラウドプロバイダーが同率首位となった。この2社が素晴らしいクラウドを提供するのは間違いないが、今後は複数ベンダーのマルチクラウド化が重要だという。

/tt/news/1709/26/news03.jpg
バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第2回】

「クラウドをバックアップデータの複製先」とする場合の構成と注意点

クラウドをバックアップデータの複製先として利用する際の構成パターンと注意点を解説する。希望の構成パターンの実現可否をベンダーに確認することで、製品/サービス選定に役立てることができるだろう。

/tt/news/1709/25/news10.jpg
インメモリ処理のバックエンドストレージを考える

「NVDIMM」はなぜインメモリデータベースの“相棒”になり切れないのか?

高速なデータ処理を可能にする「インメモリデータベース」は、電源を切るとデータを保持できないのが一般的だ。そのためバックエンドのストレージシステムが重要になるが、技術選定は容易ではない。

/tt/news/1709/21/news09.jpg
「高い」の一言で製品選定やり直し

“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント

HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。

/tt/news/1709/20/news04.jpg
クラウド利用にも実は必須

「テープ」はその役目をまだ終えてはいない

クラウド全盛期ともいえる現在だが、これまで使われてきた技術が急に無くなるわけではない。アーカイブで活躍していたテープも、時代に合った進化を遂げている。

/tt/news/1709/15/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後

フラッシュメモリを搭載した高速に読み書きできるストレージの人気が高まり、各種ストレージネットワークも高速化している。各種ストレージネットワーク技術のこれまでの道のりと今後の開発予定について解説する。

/tt/news/1709/15/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ハイパーコンバージドインフラ調達のためのヒント

「ハイパーコンバージドインフラ」は一般的な用語になった。だがそれは何なのか。自分の組織はそれを必要としているのか。

/tt/news/1709/15/news04.jpg
NVMe対応ストレージアレイも次々登場

「NVMe over Fabrics」でストレージ環境が一変する――注目の技術革新を解説

Non-Volatile Memory Express(NVMe)はSSDストレージの接続規格としてSCSIやSASプロトコルに取って代わり、NVMe over Fabricsはハイエンドネットワーク環境のデータ転送用に採用されていく可能性がある。

/tt/news/1709/14/news02.jpg
データセンター担当者が称賛する機能とは

HCI製品、最も売れているベンダーは? 調査で分かった期待と現実

機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用する方針を取りつつある。実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について市場調査結果と併せて説明する。

/tt/news/1709/13/news01.jpg
コスト削減の観点からVMwareは除外

ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実現

英国の慈善団体は、HPEのサーバからHyperGridに移行したことにより、95万ポンド(1億3700万円)のコスト削減と大幅な処理速度向上を実現した。選定の条件は、「VMwareを除外すること」だった。

/tt/news/1709/13/news04.jpg
納得できるTCOとは

TCOと機能で比較 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)選びの勘所

どうしても価格が目についてしまうハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、特にVDIを検討している企業はTCO(総所有コスト)に注意が必要だ。仮想化製品の特長を比較しながらコスト管理のポイントを解説する。

/tt/news/1709/11/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第12回】

Windows Server 2016の新機能をチェックする──仮想ベースセキュリティ編

今やサーバ機能も仮想マシンで動く時代となった。しかし、物理サーバだろうと仮想サーバだろうとセキュリティは盤石でなければならない。仮想サーバのためのセキュリティ機能を確認する。

/tt/news/1709/11/news01.jpg
「EPYC」で復活を目指すAMD(後編)

“メモリと仮想マシンを自動で保護”するAMD EPYCのセキュリティ機能

Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。

/tt/news/1709/11/news06.jpg
コンテナ採用、新課金モデルの動きも

超速で進化するハイパーコンバージド(HCI)技術、次は脱ハイパーバイザー

ハイパーコンバージド技術が進化している。従来のハイパーバイザーではなく、コンテナ技術をサポートする製品も登場。新しい課金モデルが現れるなど市場の変化が激しい。

/tt/news/1709/10/news01.jpg
前世代よりも40%高速は本当か

Intel第8世代“ノートPC向け”プロセッサ、4モデル性能を比較

2017年9月からノートPCに組み込まれる予定のIntel第8世代Coreプロセッサ。ノートPC向けのUシリーズでも4コア/8スレッドを搭載するなど処理速度を高速化し、4K動画再生性能やバッテリー接続時間も向上している。

/tt/news/1709/08/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第11回】

Windows Server 2016の新機能をチェックする──Active Directory管理編

ユーザー管理を確実かつ容易に行うActive Directoryはサーバにとって不可欠な機能だ。Windows Server 2016ではその機能を強化した。今回は、その強化ポイントについて解説する。

/tt/news/1709/05/news05.jpg
コスト削減と柔軟性アップを実現

いまさら聞けないソフトウェア定義ストレージ(SDS)、その技術と主要製品一覧

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)とは、データストレージのリソースと機能を管理する技術だ。基盤となる物理ストレージとは依存関係を持たない。

/tt/news/1709/04/news03.jpg
IT部門の選択肢は

NAS置き換えを狙う「オブジェクトベースストレージ」の基本と主要ベンダー

多くのベンダーが、拡張性の高いオブジェクトレベルのストレージ製品を提供している。これらの製品はファイルインタフェースを備えることで、NASに代わる選択肢として手軽に利用できるようになってきた。

8 月

/tt/news/1708/31/news03.jpg
「ソフトウェア定義メモリ」がもたらすチャンスと課題

「NVDIMM」「DRAM」強化で“ソフトウェア定義メモリ”実現、驚きの性能とは?

NVDIMMとDRAMの役割が拡大し、ソフトウェア定義メモリが実現することで、今後、企業データセンターの柔軟性が向上することが予想される。ただし幾つか課題もある。

/tt/news/1708/28/news07.jpg
バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第1回】

クラウドをバックアップ/DRに活用するには? 目的別に要件を固める

「クラウドにバックアップデータを保存したい」「クラウドを災害対策(DR)に活用したい」場合に、幾つかの確認事項がある。クラウドを活用したバックアップ/DRについて目的や要件を整理する。

/tt/news/1708/25/news05.jpg
SSDの懸念は解消されつつある

もう“SSDの寿命”を心配する必要はない? 一般的な「SSDの耐用期間」とは

HDDやRAIDのメーカーは、ソリッドステートドライブ(SSD)のセルの寿命について不安をかき立てている。だが企業がSSDの採用を検討する際、劣化を心配する必要はそれほどないという声もある。

/tt/news/1708/24/news06.jpg
主要ベンダーと製品も紹介

いまさら聞けない次世代メモリ技術「3D XPoint」とは

IntelとMicron Technologyが共同開発した次世代メモリ/ストレージ技術「3D XPoint」。両社によれば、DRAMとNANDフラッシュメモリの間を埋める新しい技術になるという。

/tt/news/1708/23/news12.jpg
超高速ネットワークの挫折と復活【第2回】

25G/40GBASE-Tの普及を阻む「大きすぎる消費電力」

期待は大きいのに普及が遅れている“10Gbps級”ネットワークの問題克服への挑戦を記したこの物語。ようやく問題解決の道筋が見えてくる……はずだったが。

/tt/news/1708/22/news01.jpg
NVMeの性能を引き出す3つの実装方法(後編)

知らないと損をするNVMeの3つの実装方法とメリット/デメリット

ストレージプロトコルのパフォーマンスの問題を解決するために生み出された新しいプロトコルがNVMeだ。これを利用するための具体的な実装方法は3つある。どれを選ぶべきなのか。

/tt/news/1708/18/news03.jpg
Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ

主要8社の「オールフラッシュアレイ」製品を一挙紹介 ニーズに合うのはどれ?

大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。

/tt/news/1708/17/news03.jpg
「EPYC」で復活を目指すAMD(前編)

低コスト、ハイスペックを打ち出すAMD EPYCはIntel Xeonキラーか?

Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。

/tt/news/1708/17/news06.jpg
「Intel Optane SSD」など新製品を紹介

「3D NAND」「NVMe」の流れ強まる Intel、東芝など発表のSSDはここが違う

2017年の「Flash Memory Summit」ではIntel、Micron、東芝が新しい3D NAND製品について発表した。Intelは新しいSSDフォームファクタや「Intel Optane SSD」の新オプションを発売する。

/tt/news/1708/16/news04.jpg
今選ぶべきは“フラッシュファースト”ストレージ

SSDだけの「オールフラッシュ」が本当に正解? 再考したい次のストレージ購入

ベンダー各社が推奨するオールフラッシュのストレージアレイを選ぶより、フラッシュに最適化されたシンプルでコスト効率の高い製品で自社のニーズを満たすことを考えた方が良さそうだ。

/tt/news/1708/09/news09.jpg
価格差は平行線のまま

SSDとHDDの性能とコストを徹底比較、“王位継承”は起きるのか?

SSDはHDDと比べると桁違いに高速だ。データセンターではSSDの採用が増え、DRAMの導入も始まっている。それでも当面のところ、HDDは生き残っていきそうだ。

/tt/news/1708/08/news06.jpg
ライセンスや利用条件を比較

実は2つあるWindows Server 2016の中堅向け「Essentials」、違いを比較した

Microsoftの「Windows Server 2016 Essentials」を利用する際、違いが分かりにくい2つの方法がある。だがこの2つには、利用できる環境や条件に大きな違いがある。

/tt/news/1708/08/news03.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第10回】

Windows Server 2016の新機能をチェックする──コンテナ編

「Windows Server 2016」の新機能で多くの関係者が関心を寄せているのがコンテナ機能の導入だ。ほぼLinux環境限定だったコンテナ機能をWindows Server 2016で使うために確認しておきたいポイントを紹介する。

/tt/news/1708/07/news01.jpg
NVMeの性能を引き出す3つの実装方法(前編)

レガシープロトコル vs. NVMeで見えてくるNVMeの存在感

ストレージプロトコルのパフォーマンスの問題を解決するために生み出された新しいプロトコルがNVMeだ。これを利用するための具体的な実装方法は3つある。どれを選ぶべきなのか。

/tt/news/1708/07/news06.jpg
耐用期間やコストの問題もクリア

脱HDDのススメ、データセンターの“オールフラッシュ化”にもう制約はない

企業にはHDDを捨て、フラッシュストレージを完全に備えたデータセンターを設けることをお勧めする。耐用期間やコストなどSSDの昔からの課題をストレージベンダーは既に解決している。

/tt/news/1708/07/news05.jpg
かつての課題は解決されつつある

「プライベートクラウド、実はこんなに魅力的」と評価が変わる日は来るか

コストは低下の一途をたどり、パブリッククラウドとの相互運用性も向上し続けていることから、プライベートクラウドを実装するメリットはますます顕著になっている。

/tt/news/1708/06/news01.jpg
基礎がしっかりとした手堅い2-in-1デバイス

徹底レビュー:「Lenovo ThinkPad X1 Tablet」はノートPC代わりになる?

Lenovoの「ThinkPad X1 Tablet」は優れた2-in-1デバイスだが、価格の高さとバッテリー持続時間には物足りなさも残る。ノートPC分野市場のトップ争いに食い込めるだろうか。

/tt/news/1708/04/news05.jpg
SASやSATAに代わるストレージインタフェース

いまさら聞けないSSD向け次世代接続規格「NVMe」 仕組みと歴史を解説する

次世代SSDの接続規格「NVMe」の仕組みや歴史をひもとく。2017年のフラッシュストレージ導入を後押しすると期待が集まる最新技術「NVMe over Fabrics」についても解説する。

/tt/news/1708/03/news01.jpg
鍵を握るのはMicrosoftか?

オープンソースハードウェア技術「Open19」と「OCP」の微妙な関係

LinkedInがオープンソースハードウェア技術を策定するOpen19を立ち上げた。Facebookが主導するOpen Compute Projectと何が違うのか。両者の活動の今後を左右するのは、Microsoftなのか。

/tt/news/1708/02/news05.jpg
サーバの形態が大きく変わる

SSDは「NVMe対応M.2 SSD」が次の標準 サーバ搭載で起きる大変革とは?

「M.2」規格に対応したSSDがウルトラブックやタブレット端末で急速に普及しつつある。10TB以上の大容量やNVMe対応が進めば、サーバへの搭載も加速するかもしれない。

/tt/news/1708/01/news05.jpg
2017年度の比較表を大公開

徹底比較:Amazon、Azure、Google、IBMの機械学習機能 現時点の勝者はいるか

クラウドベンダーの機械学習機能を巡る戦いが激しさを増している。本稿では主要クラウドベンダー4社が提供する機械学習機能の比較表を掲載する。最適なプラットフォームを決める際の参考にしてほしい。

7 月

/tt/news/1707/27/news01.jpg
脳が情報を記憶する仕組みは?

脳をモデルにしたデータストレージは実現するのか

数PBの容量を持ち、シリコンメモリの100万分の1以下のエネルギーで動作する人間の脳。人間の脳を模倣できれば、効率的なストレージが実現するだろう。だが、そこに至る道のりは平たんとはいえないようだ。

/tt/news/1707/24/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 NVMe編

脱SAS&SATAへ、フラッシュ業界期待の通信規格「NVMe」の魅力と普及の壁

「NVMe」はPCIeを利用した新しい通信規格だ。NANDフラッシュメモリなど並列処理が得意なデバイスを利用する場合は、サーバ/NANDフラッシュメモリ間をNVMeで通信することで、フラッシュデバイスの応答速度を最大限に引き出す。

/tt/news/1707/21/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第9回】

Windows Server 2016評価版をインストールする──Active DirectoryでDNSの設定編

体験版=評価版のWindows Server 2016で「サーバーマネージャー」から「Active Directory」を設定する。今回はDNSの設定まで覚えてみよう。

/tt/news/1707/20/news03.jpg
問われるSSDのみか、HDDとの組み合わせか

オールフラッシュ vs. ハイブリッド、ハイパーコンバージドで採用するなら?

オールフラッシュ構成のHCIシステムはITインフラのパフォーマンス向上をもたらす。ただしIT部門はストレージの管理および分析ツールを刷新する必要がある。

/tt/news/1707/18/news07.jpg
見直されるデータストレージの概念

ハイパーコンバージドインフラ登場でさらに曖昧になるサーバとストレージの境界

コンテナ、ハイパーコンバージドインフラ、ビッグデータなどの新たなテクノロジーは、コンピューティングプラットフォームとストレージプラットフォームの境界を曖昧にし、従来のITのサイロを崩壊させている。

/tt/news/1707/18/news06.jpg
サーバ、ストレージ向けに「根強い購入意欲」

東芝が考えるHDDとSSDの“住みわけ”、新型高性能HDDの狙いとは

テープはまだ役割を終えていない。1万5000rpmのエンタープライズ向けHDDも同様だ。少なくとも、今のところは。

/tt/news/1707/12/news04.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第8回】

Windows Server 2016評価版をインストールする──Active Directory設定編

体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためにサーバーマネージャーの使い方を覚えたら、次はActive Directoryの設定だ。

/tt/news/1707/10/news02.jpg
エグゼクティブインタビュー

HPEのCTOに聞くメモリ主導型コンピュータ「The Machine」のビジネス展開

HPEが開発中の次世代アーキテクチャであるメモリ主導型コンピューティングはコンピュータの歴史を塗り替えるのか。同社のCTOに、現在進行している「The Machine」の応用と展開について聞いた

/tt/news/1707/10/news06.jpg
医療機関の事例で考える

ハイパーコンバージドインフラ vs. コンバージドインフラ、注目製品の長所と短所は

注目を集めるハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラ。医療機関の事例をベースに、それぞれの長所と短所を解説する。

/tt/news/1707/07/news07.jpg
サーバOSの運用管理を効率的に

Windows、Ubuntu、RedHatへのパッチ適用 “運用疲れ”を防ぐ快適ツールはこれ

OSのパッチ適用は車の整備士の仕事に似ている。ブランドやモデルごとに異なるツールが必要だ。「SCCM」や「Satellite」「Landscape」が、ITにおけるスポーツカーやSUVの維持に役立つ。

/tt/news/1707/06/news03.jpg
超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】

10Gbps通信の普及を阻んだ「高過ぎるエラー率」問題

ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。

/tt/news/1707/04/news01.jpg
ハイブリッドストレージではダメ?

“オールフラッシュ万能論”のウソとホント、HDDを捨てるのはまだ早い?

フラッシュ技術のコストが安くならないと、利用を制限せざるを得ない場合もある。データセンターにおいてフラッシュシステムはどのように使用されているのか。オールフラッシュを購入すべき理由とは。

6 月

/tt/news/1706/30/news01.jpg
応用できそうな分野は実に幅広い

フォルクスワーゲンが目指す、IT分野での量子コンピュータ利用

Volkswagenが量子コンピュータで交通流を最適化するテストプロジェクトを行った。だが、同社CIOが目指しているのは、さらにその先。量子コンピュータをITの主要分野全てに適用することだ。

/tt/news/1706/29/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

投資を最大限に活用できるストレージ構成

現在使われているストレージメディアの主な特徴と、ITリーダーがそれを最大限に活用するための選択肢および基本的な調整手順を紹介する。

/tt/news/1706/29/news04.jpg
まずはクラウド内部の依存関係を把握するところから

AWS障害に学ぶ、万一クラウド障害が起きても動き続けるシステムとは?

ダウンタイムをどの程度許容できるかは企業によって異なり、アプリケーションによって異なる場合も多い。ダウンタイムの許容範囲を適切に予測し、不要で好ましくないダウンタイムを回避することが大切だ。

/tt/news/1706/27/news03.jpg
製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】

「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法

バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。

/tt/news/1706/16/news07.jpg
最高のインフラが使われるとは限らない

トリバゴがDropbox Businessを選んだ理由、導入に成功した方法

ホテル予約サイト「Trivago」は、Dropbox Businessを全社導入した。数あるコラボレーションツールの中からDropboxを選んだ理由は何か。全社展開をスムーズに完了した方法とは何か。

/tt/news/1706/28/news05.jpg
ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【後編】

自分の会社に“ぴたり”とはまるオブジェクトストレージベンダーを探す

この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。後編では、可用性とデータ保護手法から有力ベンダーの適材適所の考察を紹介する。

/tt/news/1706/27/news02.jpg
ベンダー発表の性能は信じられるのか

フラッシュストレージの最適解「共有DAS」、本当に性能は向上するのか?

フラッシュストレージの性能を引き出すNVMe。ストレージを効率的に運用する共有ストレージ。両者の融合が共有DASだ。ベンダーはとてつもなく高いIOPS値をアピールするが、本当だろうか?

/tt/news/1706/26/news07.jpg
ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【前編】

徹底解説:オブジェクトストレージが複雑なファイル構造をシンプルにできる理由

オブジェクトストレージアーキテクチャは大量の非構造化データを保存するのに理想的なファイル構造を提供する。この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。

/tt/news/1706/26/news03.jpg
大規模環境でクラウドを安全に使うヒントがここに

「auでんき」にAWSを採用したKDDI、徹底したセキュリティ対策の中身とは

KDDIはAWS導入に当たって、さまざまなセキュリティ対策を実施した。システム開発のセキュリティ基準の全面的な見直し、ログサーバの使い分け、アクセス経路の一本化など、具体的な施策を紹介する。

/tt/news/1706/26/news04.jpg
「Windows Server 2016」の機能

Windows Serverコンテナ、Hyper-Vコンテナ、Hyper-V VM、3つ違いを比較

Microsoftの「Windows Server」コンテナと「Hyper-V」コンテナでは、分離レベルが異なる。Hyper-VコンテナではHyper-V VMを利用するが、この2つには大きく違う点が幾つかある。

/tt/news/1706/22/news02.jpg
ストレージの利用法が激変

3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ

次世代の不揮発性メモリの出現が、ハードウェアアーキテクチャを根底から変えるという。データベースの書き換え処理はどう変わるのか。

/tt/news/1706/22/news06.jpg
HDDと同じメンテはかえって悪化

SSD性能低下と短命化につながるストレージ設定の“常識と非常識”

SSDを採用する企業が増える中、ストレージを最適化する方法も進化する必要がある。デフラグの無効化やライトキャッシュの使用といった手法がどう役立つのか。

/tt/news/1706/21/news01.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第7回】

Windows Server 2016評価版をインストールする──サーバーマネージャー設定編

体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためのインストール作業が終わったら、「サーバーマネージャー」で設定に取り掛かろう。小規模システムならこれ1つで十分だ。

/tt/news/1706/20/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ストレージ高速化の決め手はいまだ過渡期

増え続ける需要がオールフラッシュアレイにのしかかる中で、ストレージに対する新たなアプローチの必要性を検討する。

/tt/news/1706/18/news02.jpg
テープやHDDとどう併用するか

データ保護にクラウド導入、納得感ある選択へ4つの質問

本稿では、バックアップや災害復旧といったデータ保護戦略に使用するクラウドサービスを決定する際に問うべき質問を紹介する。

/tt/news/1706/16/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

速度ニーズに対応するストレージシステムの進化

急上昇するデータ処理需要に対応するため、革新的なストレージクラスメモリ製品の開発競争が展開している。

/tt/news/1706/15/news06.jpg
メモリとストレージの混載でOpenStackが変わる

未来の規格「NVDIMM」がOpenStackローカルストレージを画期的に変える

OpenStackのローカルストレージの選択肢は多岐にわたる。依然としてHDDが適切な場合もあればNMVe準拠のSSDのニーズもある。ベストな選択肢について考える。

/tt/news/1706/15/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 NVMe編

I/O至上主義は危険? 見過ごしている、フラッシュデバイスの真の性能指標とは

SSDをはじめとするフラッシュデバイスの真価を発揮させるために必要な考え方とは。その中身であるNANDフラッシュメモリのこれまでの歴史、IOPSの有効性、本当に重要な性能指標とは何かについて解説する。

/tt/news/1706/14/news04.jpg
エンタープライズストレージに恩恵

NVMeにフラッシュDIMM、革新が続くフラッシュ関連技術と広がる用途

NVMeやメモリバスベースのフラッシュDIMMといったプロトコルの採用は、フラッシュストレージデバイスが高いパフォーマンスを発揮するための一助になっている。

/tt/news/1706/14/news02.jpg
ITインフラを変える新潮流【後編】

ハイパーコンバージドインフラに賭けるべきか? その答えは……

ハイパーコンバージドインフラの導入が増えている現状で、「導入しない」とする場合、代わりになる方法の妥当性を検討することになる。構成要素技術の将来性と併せて考察する。

/tt/news/1706/13/news05.jpg
ITインフラを変える新潮流【前編】

徹底解説:ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を構成する新技術をチェックする

ハイパーコンバージドテクノロジーは、ディスクストレージが抱えていた問題を解決し、さらなるメリットをユーザー企業にもたらす。それは構成する要素技術の組み合わせで可能になる。

/tt/news/1706/13/news06.jpg
クラウドのWebサービス機能の進化

IaaS展開の次の波を作る「サーバレス」、主要3社の動向を探る

IaaS市場が発展するにつれて、パブリッククラウドプロバイダーの間で巻き起こる次の競争の波は、価格ではなく、Webサービスとイベント処理関連のものになるだろう。

/tt/news/1706/12/news07.jpg
その理由は「メリットが明確」

“フラッシュファースト”なSDS急拡大で従来型ストレージは消滅?

スケールアウトSDSの急速な普及によって、従来型のストレージ製品やストレージアレイの収益が低下している。

/tt/news/1706/12/news01.jpg
OpenShiftとの統合も強化

分散ファイルシステム「GlusterFS」の高速化と自己修復機能強化

Red Hatが、同社の分散ファイルシステムを機能強化して実用度を高めた。メタデータキャッシュやコンテナでの展開などの新機能を紹介する。

/tt/news/1706/08/news05.jpg
クラウドバーストのメリットをフル活用するには

ハイブリッドクラウドの使い勝手はデータの“置き場所”でこんなに変わる

ハイブリッドクラウドでは、データを保存する場所がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。データ管理とレイテンシ問題を解決するのが「Storage as a Service」だ。

/tt/news/1706/07/news06.jpg
ワークロードと予算に合わせて

AWS、Azure、Google 主要クラウドで適切なインスタンスを選ぶ5つのポイント

パブリッククラウドにはさまざまなインスタンスがあり、どれを選ぶかはときに難しい判断となる。自社のワークロードにとって、最もコスト効率の高いインスタンスタイプを判断するための5つのポイントを紹介する。

/tt/news/1706/06/news04.jpg
簡単ではない「ソフトウェア定義ストレージ」の運用

ハイパーコンバージドの核となる「SDS」、その役割と技術の選び方

ベンダーは、マーケティング戦略で「ソフトウェア定義テクノロジー」という言葉をよく用いる。しかし、実際の実装では企業がソフトウェア定義を習熟するまでには長い時間を要する。

/tt/news/1706/05/news03.jpg
SDSの定義とトレンド【後編】

徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは

「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。

/tt/news/1706/02/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

VDIのセキュリティを高める仕組みとは? 〜ウイルス対策、認証強化を紹介

VDI(仮想デスクトップインフラ)の世界でも、ユーザー操作性とセキュリティのバランスは重要だ。SSOや2要素認証などの仕組みを用いて、その操作性とセキュリティを両立させる方法を解説する。

/tt/news/1706/01/news07.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第6回】

Windows Server 2016評価版をインストールする──操作画面編

体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためには必ずやらなければならないインストール。前回作成したインストールメディアを使って導入作業を進めてみる。

5 月

/tt/news/1705/30/news06.jpg
ストレージ投資動向調査

SSD vs. クラウド 世代交代を迎えるプライマリストレージ、次の選択肢は?

プライマリストレージとバックアップストレージに関する優先事項の中でも、クラウドは人気が高い。一方、ほとんどの人がプライマリデータストレージに採用しようとしているのがオールフラッシュアレイだ。

/tt/news/1705/29/news06.jpg
慎重に選びたいライセンス、CPU、ストレージ

“高すぎ”ハイパーコンバージドインフラ問題、原因はオプション?

ハイパーコンバージドインフラはあまりコストがかからないように思えるかもしれない。しかし、全体的にコストが増える可能性がある高価なオプションには注意したい。

/tt/news/1705/29/news01.jpg
メインフレームモダナイゼーション

コードを書き換えずにメインフレームアプリを移行する“リホスト”のススメ

メインフレームの維持やオープンシステムへの移行に悩む企業は多い。だが、最も手間とコストがかかるアプリケーションコードの書き換えが必要ないとしたら? この「リホスト」と呼ばれる手法を紹介する。

/tt/news/1705/25/news02.jpg
ブレインパッドに聞くGCP活用のコツ

「Google Cloud Platform」へ移行した企業に、使って分かった魅力を聞いた

オンプレミス環境で運用していた自社開発のシステム環境を「Google Cloud Platform」(GCP)へ移行した企業がある。クラウド移行やGCPを選択した理由について担当者に聞いた。

/tt/news/1705/23/news01.jpg
SANやNASとどう違う?

いまさら聞けないオブジェクトストレージ入門

オブジェクトストレージとは何か。オブジェクトストレージの特徴とメリット/デメリットをSANやNASと比較しながら解説する。

/tt/news/1705/22/news06.jpg
覚悟を決めて時間と労力を注ぐ価値はある

なぜ今「ソフトウェア定義ストレージ」なのか、SDSのメリットを存分に得る方法

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の実装を検討する際は、多くの選択肢がある。SDSのメリットを最大限に引き出す選び方とは。

/tt/news/1705/22/news04.jpg
マイナス成長へと転じたストレージ市場

ストレージ業界に荒波が打ち寄せる、「このベンダーなら安心」は幻想に

ストレージ業界に大きな変革が起きている。ガートナーの講演では「既存ベンダーだけでなく新興ベンダーにも目を向ける」「SDSやハイパーコンバージド、オールフラッシュのような新技術も検討する」などが提案された。

/tt/news/1705/22/news05.jpg
「競争力を高める」をどう評価するか

iPhone導入の投資対効果は? 従来手法では測れないEUCの導入メリット

サーバやストレージのようなインフラとは異なり、EMMやVDIのようなEUC(エンドユーザーコンピューティング)の投資は、ROIの評価が単純ではない。コスト削減以外の効果にも目を向ける必要がある。

/tt/news/1705/17/news08.jpg
Microsoftに続きAWSも

「EU一般データ保護規則」(GDPR)、AWSが施行日までの準拠を約束

欧州連合(EU)における個人情報保護の新しい枠組み「一般データ保護規則」(GDPR)について、AWSは2018年5月の施行日までに全サービスを準拠させると発表した。顧客のGDPR対応を支援するためのサービスも提供する。

/tt/news/1705/16/news04.jpg
現実味を増す“ソフトウェア定義メモリ”

徹底解説:次世代メモリ技術「NVDIMM」、不揮発性メモリはストレージをどう変える?

さまざまな次世代メモリ技術の発展により、ストレージとメモリを統合するハイブリッドアプローチが登場している。その結果「ソフトウェア定義メモリ」というアイデアが現実味を帯び始めている。

/tt/news/1705/15/news04.jpg
「SATA」が生き残り「SAS」が絶滅する理由

徹底解説:SSD向け次世代接続規格「NVMe」、存在感を増す新規格の全貌

NVMeプロトコルとPCIeインタフェースの組み合わせは、SSD台頭の必然的な結果だ。NVMeをファブリックに利用するのも同様に必然的な流れといえる。

/tt/news/1705/14/news01.jpg
SFTPとFTPSの長所と短所

ファイル転送サービスの使用で気を付けたいセキュリティポイント

無料のFTPツールは、企業のファイルをマネージドファイル転送サービスに送るのに役立つだろう。ただしセキュリティ要素については考慮が必要だ。セキュリティの専門家がそうした考慮すべき要素について解説する。

/tt/news/1705/12/news06.jpg
「この勝負は見ものだ」

「NVMe SSD」が高速ストレージの主流に、注目ベンダーはどう動く?

Tier 0は「高速」で「プロプライエタリ」だったが、「NVMe」(Nonvolatile Memory Express)が今後の主流となり、この2つ目の形容詞を変えようとしている。NVMeはPCIe SSDの標準プログラミングインタフェースだ。

/tt/news/1705/11/news04.jpg
新機能のメリットと導入リスクのトレードオフ

「Windows Server 2016」へのアップグレード、決断を後押しする新機能とは

企業は旧バージョンの「Windows Server」から「Windows Server 2016」へのアップグレードを検討し始めている。その場合の重要なポイントは新しいコンテナ機能とアプリケーションの互換性だ。

/tt/news/1705/11/news05.jpg
クラウドとは場所ことではない

いまだに誤解される「クラウドコンピューティング」、忘れがちな真の意味とは?

「クラウドコンピューティング」という用語の誤用が原因で、この技術に関する誤解が生じている。クラウドとは場所ではなく、ITサービスをもっとアジャイルに設計する手段を指すことを忘れてはいけない。

/tt/news/1705/10/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第5回】

Windows Server 2016評価版をインストールする──準備編

この連載は、体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を実際に試しながら覚えてもらうのが、そもそもの目的だ。しかし、その導入にはちょっとしたコツが要る。

/tt/news/1705/08/news04.jpg
次はSSDを採用するという回答が半数

SANやNASの購入計画は落ち込み気味――複数調査の結果

SSDはプライマリーストレージとして最も人気のある技術だ。一方で、容量を増強する場合、ほとんどの企業は今でもSANを中心にストレージを検討しているのが実情だ。

/tt/news/1705/02/news03.jpg
オーバースペックは避けたい

オールフラッシュアレイ導入ガイド、製品の決定前に確認したい5つの質問

オールフラッシュアレイを購入する前には、費用対効果を最大限に発揮するためにも具体的な導入計画が必要だ。事前に確認すべき5つの質問について解説する。

/tt/news/1705/02/news02.jpg
イマドキのIT管理者が使うべきツールは

重厚長大で手の掛かるメインフレーム、メンテナンスを楽にする5つのヒント

メインフレームのパフォーマンスを最適化するツールとその方針は多岐にわたる。キャパシティープランニングから、より効率的な仮想ストレージ管理まで、検討すべき領域は幅広い。

/tt/news/1705/01/news05.jpg
HDDと比べたSSDの速さとは

徹底解説:オールフラッシュアレイ 超高性能をたたき出す技術とのその用途

オールフラッシュアレイの購入に向けて投資対効果検討書を作成するには、まずアプリケーションで必要なIOPS、遅延、スループットについて把握する必要がある。

4 月

/tt/news/1704/28/news06.jpg
クラウドは管理不能という現実

痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」

Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。

/tt/news/1704/27/news01.jpg
フラッシュでも「RAIDの限界」が見えてきた

RAID vs. イレージャーコーディング──フラッシュに最適な保護技術とは?

大容量HDDの出現により、「RAIDの限界」が取り沙汰され、イレージャーコーディングという代替策が登場した。フラッシュ時代にもこれは有効なのだろうか。

/tt/news/1704/25/news05.jpg
仮想デスクトップの一元管理に変革

急拡大するハイパーコンバージド、各社製品の機能と特徴は?

コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムは、IT環境をシンプルにしてパフォーマンスを向上する。本稿では自社のデータセンターにハイパーコンバージドインフラが適切かどうか判断する方法を紹介する。

/tt/news/1704/24/news04.jpg
第二の収入源か

デジタルデータを“金のなる木”に変えるためにCIOがすべきことは?

最高情報責任者(CIO)は情報資産管理を怠りがちだ。だが、他部門はビジネス決定を左右する質の高いデータに関心を寄せている。

/tt/news/1704/21/news07.jpg
スケールアウト型に注目

拡大続くNAS市場、新システム導入の“3大用途”とは?

構造化されていないデータがストレージの成長を支え続ける中で、企業は現在と今後の需要に対応するため、スケールアウトNASに目を向けている。

/tt/news/1704/21/news02.jpg
ホワイトボックスの市場シェアは……

「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?

ホワイトボックスサーバやOpen Compute Platformへのシフトにより、大手サーバメーカーの売り上げが減少すると見られている。だが、ホワイトボックスサーバメーカーにも弱点がある。

/tt/news/1704/18/news01.jpg
どうデータアクセスを実現するか

ハイブリッドクラウド環境に最適なストレージの実装方法

ハイブリッドクラウド環境において問題となるのが、アプリケーションが使用するデータの配置とアクセス方法だ。これを実現するハイブリッドクラウドストレージにはさまざまな実装方法がある。

/tt/news/1704/17/news07.jpg
AWS、Azure、Googleなどがサポート

主要クラウドが提供する「GPUインスタンス」、本気を引き出す高負荷アプリとは?

AWS、Azure、Googleなどのパブリッククラウドは、高性能なコンピューティングリソースを集中的に提供する「GPUインスタンス」を用意している。そのメリットを享受できるアプリとは?

/tt/news/1704/14/news04.jpg
自動化と構成管理ツールで迅速に移行

増える“脱クラウド”、企業がオンプレミスに戻ることを決断した理由は?

クラウド利用が成熟化するにつれ、利用規模の縮小や、クラウドからオンプレミスへの回帰を考える企業が増えている。あるIT担当役員が経験した“脱クラウド化”の事例を紹介する。

/tt/news/1704/13/news06.jpg
対応は進んでいるが……

「Windows Serverコンテナ」普及の壁はバックアップ? 主要ベンダーの反応は

Windows Serverコンテナストレージのデータ保護に利用できるツールはいろいろあるが、よく探さないと見つからないかもしれない。どんな選択肢があるのだろうか。

/tt/news/1704/13/news05.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第4回】

「サーバコアと違うのだよ」というナノサーバを使う意味と使える場所

Windows Server 2016が導入した「Nano Server」(ナノサーバ)は、構成と機能を最小限に抑えた。そのメリットと必要性、そして、これまでの「Server Core」(サーバコア)と何が違うのかを解説する。

/tt/news/1704/12/news12.jpg
最適な利用場面とは

フラッシュストレージへのバックアップは“現実的な選択肢”か?

フラッシュストレージアレイは従来のディスク型ストレージアレイよりも電力消費量が少なく、バックアップにかかる時間やバックアップアプライアンスの数を大幅に減らすのに役立つ。

/tt/news/1704/12/news09.jpg
クラウドファースト時代にあえての決断

メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情

クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。

/tt/news/1704/11/news04.jpg
欠点を理解すれば大きな武器になる

「ベアメタルクラウド」の長所と短所、ビッグデータ分析の“現実的な選択肢”となるか

ベアメタルクラウドサービスは、物理サーバとパブリッククラウドのメリットを組み合わせたものだ。だが、全てのワークロードに適しているとは限らない。その長所と短所とは。

/tt/news/1704/11/news03.jpg
「Windows Server 2016」2つのコンテナ

「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?

コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。

/tt/news/1704/11/news01.jpg
低コスト・大容量キャッシュを実現

今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」

DIMMスロットに装着できるDDR4互換のフラッシュメモリ「Memory1」。この製品のメリットとは何か。ビッグデータ時代の今こそ、Memory1を再評価すべきかもしれない。

/tt/news/1704/07/news05.jpg
それぞれの一長一短

ハイパーコンバージドとコンバージドインフラ、パブリッククラウドを比較する

エンタープライズワークロードを運用するための選択肢は、ハイパーコンバージドシステムやコンバージドシステムだけではない。パブリッククラウドの方があなたの会社に適しているかもしれない。

/tt/news/1704/05/news02.jpg
備えがあり過ぎても困る

ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する

適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。

/tt/news/1704/04/news04.jpg
HCIベンダー囲い込みによる影響

「ハイパーコンバージド導入で技術革新に対応できない?」にどう答えるか

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、問題が起きた際にベンダー1社にだけ責任を問うことができるという便利さがある。だが新技術が登場してもベンダーが対応するまで利用できない不便さもある。

/tt/news/1704/04/news02.jpg
ネットワーク対応ストレージを比較

知らないとまずいことになるNASとSANの技術的な違い

SANアーキテクチャとNASアーキテクチャを使うならば、それぞれの違いを理解する必要がある。オブジェクトストレージとクラウドの台頭で違いへの理解が一層重要になってくる。

/tt/news/1704/03/news06.jpg
ARMプロセッサを採用

オープンソースオブジェクトストレージとは? 注目の新興企業OpenIO

オープンソースソフトウェアをベースとするオブジェクトストレージへの注目が集まっている。ARMプロセッサを搭載するOpenIO「SLS-4U96」の特徴とは?

/tt/news/1704/03/news05.jpg
似ているようで違う

AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?

パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。

3 月

/tt/news/1703/31/news10.jpg
2017年のフラッシュストレージの行方【後編】

20年ぶりの新メモリ技術「3D XPoint」が真に革新的な理由

多くのストレージメーカーのCTOは、新しいメモリ技術「3D XPoint」の登場に期待をしている。新しいメモリ技術の登場でシステムはどう変わるのだろうか。

/tt/news/1703/31/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

コンバージドインフラのメリットを引き出す

エンタープライズITの要素を組み合わせれば、運用上、コスト上のメリットを引き出せる。だが、リスクのバランス調整や導入には慎重さも必要だ。

/tt/news/1703/30/news12.jpg
データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】

単なる保険から「データ管理」の中核へ、バックアップ製品の未来像

「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。

/tt/news/1703/29/news08.jpg
適したアプリケーションは?

「サーバレスコンピューティング」活用法、パブリッククラウドのコスト削減効果とは

サーバレスコンピューティングはパブリッククラウドでアプリケーションを実行するコストを削減できる。ただしコスト削減をはじめとする各種のメリットを享受するには、適切なスキルセットが必要だ。

/tt/news/1703/29/news03.jpg
でもIntelはムーアの法則は有効と主張

ムーアの法則が破綻しても性能向上が続く理由

CES 2017で、Intelはムーアの法則が今後も有効であるとあらためて主張した。しかし、ムーアの法則はやはり限界に近づいており、そもそもムーアの法則は性能を語る際の尺度としては意義を失いつつあるという。

/tt/news/1703/28/news05.jpg
確かに管理労力の軽減が目的だが

「クラウドに仕事を奪われる」というIT管理者の危機感は杞憂なのか

企業が自社のデータセーターからパブリッククラウドにワークロードを30%移行するだけで、IT運用に関連した作業が減少する。この先、運用エンジニアの仕事はまだあるのだろうか。

/tt/news/1703/28/news07.jpg
代表的な製品も紹介

「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較

デスクトップを仮想化する方法を選ぶのは難しい判断だ。最良の選択をするには、効率とユーザーの操作性を考慮することが重要になる。「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較する。

/tt/news/1703/28/news02.jpg
キーパーソンインタビュー

HPE首席アーキテクトに聞く、次世代サーバ「The Machine」

HPが2014年6月の発表から3年弱、同社が「メモリドリブンコンピューティング」と呼ぶ「The Machine」はどうなっているのか? HPE首席アーキテクトにノイマン型の限界とThe Machineが目指すものを聞いた。

/tt/news/1703/27/news05.jpg
2017年のフラッシュストレージの行方【前編】

2017年は「NVMe over Fabrics」が本格始動、専門家が語るフラッシュの未来とは

大手ストレージメーカーのCTOは、「Non-Volatile Memory Express」(NVMe)SSDや「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)テクノロジーに注目している。果たして2017年フラッシュストレージはどうなるのだろうか。

/tt/news/1703/24/news03.jpg
AICを使うのはどんなとき?

AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー

NVMeは、AIC、M.2、U.2などのフォームファクタで展開されている。これらをどのように使い分ければいいのか。同時に使えるのか。そして注目すべきNVMe関連サプライヤーとは?

/tt/news/1703/23/news07.jpg
東芝のHDDにも動きが

HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録

ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。

/tt/news/1703/23/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】

バックアップツールの主要機能、重複排除、レプリケーション、DRを押さえる

バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。

/tt/news/1703/22/news09.jpg
データ転送ボトルネックの解消が急務

NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉

2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。

/tt/news/1703/22/news06.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】

クラウド/仮想化時代に知っておきたい、バックアップの種類、方法、格納先

企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。

/tt/news/1703/21/news11.jpg
頻繁なアップデートも確実に対応

「管理は難しいが役に立つ」、OpenStackを最大限活用するためのツールとヒント

企業は「OpenStack」に自由を感じているものの、管理の難しさに手を焼いている。しかし、ここで紹介するツールとヒントを使えばもっと楽に活用できるはずだ。

/tt/news/1703/21/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

データセンターエキスパートが時代に乗り遅れないようにすべきこと

データセンターを運用する組織がコスト削減のためコンバージドインフラに目を向ける中で、ITプロフェッショナルは自分のスキルを常に職場に合わせる必要がある。そしてその範囲はIT分野にとどまらない。

/tt/news/1703/17/news05.jpg
RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行

Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?

「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。

/tt/news/1703/15/news05.jpg
SDxのおかげ?

ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?

コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。

/tt/news/1703/15/news01.jpg
真の使用量ベースの課金を実現

サーバレスコンピューティングは複雑になり過ぎたクラウドの福音となるか

クラウドを使うには、あまりにも多くのことを検討しなければならない。これはクラウドが目指していた姿ではない。サーバレスコンピューティングがこの問題を解決するかもしれない。

/tt/news/1703/14/news04.jpg
ステップアップ方式で習得する

マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」

マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。

/tt/news/1703/13/news07.jpg
その安定した性能に信頼を寄せる企業多数

「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは

コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。

/tt/news/1703/13/news03.jpg
データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】

【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?

ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。

/tt/news/1703/13/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命

ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。

/tt/news/1703/08/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(後編)

「Hadoopの時代は終わる」 ビッグデータ解析で主役が入れ替わる“ストレージ的”理由

最高技術責任者(CTO)たちが予測する2017年のエンタープライズストレージ市場。後編ではデータ分析とセキュリティにおけるストレージの影響に言及する。

/tt/news/1703/07/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(前編)

「顧客は既に気付き始めている」 ハイバーコンバージドの次を考える

エンタープライズストレージベンダーの最高技術責任者(CTO)たちが2017年の技術動向を予測。彼らの見通しでは“幅広い分野”で混乱が広がるという。

/tt/news/1703/03/news05.jpg
弱点だったコストもTCOでは優位に

「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?

オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。

/tt/news/1703/02/news05.jpg
人工知能と機械学習もGPUで進化する

徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念

かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。

/tt/news/1703/01/news06.jpg
事前に綿密な計画を

AWS vs. Azure vs. Google、クラウドへのオフラインデータ転送サービス比較

データをクラウドへ移す際にストレージディスクを送る方法は、古臭いようで実は広く利用されている。AWS、Azure、Googleのサービスを比較してみよう。

2 月

/tt/news/1702/28/news15.jpg
複雑さ、コスト、パフォーマンスの壁

こんなはずじゃなかった仮想デスクトップ、失敗企業が見落とした3つの課題

IT部門がVDI(仮想デスクトップインフラ)の実装計画を実行する際には、複雑さ、コスト、パフォーマンスに関する問題に留意しなければならない。

/tt/news/1702/27/news05.jpg
無計画なIT投資は企業財務を破綻する

データセンターの寿命は延ばせるか? IT投資に関する5つのTip

ITの予算を適切に計画してコストを最適化すると、自社で運用するインフラの寿命を延ばせる。さらに、リプレースの判断を下す指針を得ればソフトウェア定義のアーキテクチャに備えることも可能だ。

/tt/news/1702/27/news04.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第1回】

いまさら聞けない、バックアップ技術の学習で欠かせない3つの基礎

バックアップ技術を学習する上で必要になる前提知識として、リストア、必要な資源、サービスレベルの3点について解説する。

/tt/news/1702/21/news05.jpg
Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視

今、話題の監視ツール「Sensu」とは?――基本的な構成、監視の仕組みを理解する

新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説。Sensuの基本的な構成や監視の仕組み、利用するメリットなどを紹介する。

/tt/news/1702/24/news02.jpg
オールフラッシュも夢ではなくなった

従来型フラッシュの限界を解決する「3D NAND」最新事情

フラッシュをもっと安く、大容量に。ユーザーの要求は限りないが、従来型のフラッシュでは限界が見えてきた。そこで注目されているのが「3D NAND」テクノロジーだ。

/tt/news/1702/23/news04.jpg
ベンダーの“希望的観測”を検証する

2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?

データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。

/tt/news/1702/22/news04.jpg
ポータブルデスクトップは仮想デスクトップの代わりになる?

Windows 10を持ち出す――「Windows to Go」が仮想デスクトップより優れている点

ポータブルデスクトップはフォームファクター次第で仮想デスクトップよりも高い性能とセキュリティを期待できる。ただしポータブルデスクトップも仮想デスクトップ同様に万能ではない。

/tt/news/1702/21/news02.jpg
ユーザー企業は「価格重視」志向

調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目

今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。

/tt/news/1702/20/news03.jpg
カスタムインスタンスも検討

徹底ガイド:Googleクラウドのインスタンスから最適なタイプを選ぶには?

「Google Cloud Platform」には幅広いインスタンスタイプがある。Googleクラウドが用意するインスタンスタイプの中から自社のワークロードに最適なタイプを選ぶためのガイドラインを提示する。

/tt/news/1702/15/news03.jpg
データバックアップに不備

データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視

DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。

/tt/news/1702/14/news03.jpg
平凡だが極めて重要な問題を解決

クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は

企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?

/tt/news/1702/14/news02.jpg
製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編

ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット

ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。

/tt/news/1702/14/news01.jpg
デメリットもあることに注意

本当にコスト削減になる? ソフトウェア定義ストレージのメリット/デメリット

コモディティハードウェアとソフトウェアで実現するソフトウェア定義ストレージは、専用ハードウェアよりもコストが削減できる可能性がある。しかし、デメリットにも目を向ける必要がある。

/tt/news/1702/10/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは

一部のアプリケーションとシステムは社内で管理しながら、それ以外のデータ管理を外部のパブリッククラウドに任せるハイブリッドクラウドに注目が集まっている。だが最初のステップであるクラウド移行で問題が発生することが少なくない。

/tt/news/1702/10/news04.jpg
最速プロトコルをネットワークに拡張

SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実

フラッシュストレージに最適化されたプロトコルであるNVMeをネットワークに拡張するNVMe over Fabrics。これにより、サーバから分離した共有ストレージでも高速なI/Oが実現する。

/tt/news/1702/09/news06.jpg
二者択一の選択ではない

「いざデスクトップ仮想化」、VDIとDaaSのどちらを選ぶか“5つの判断基準”

VDIとDaaSのどちらを選ぶかは重大な決断だ。多くの企業にとっては、管理のしやすさ、制御レベル、パフォーマンスニーズ、セキュリティ、コストが重要となる。

/tt/news/1702/01/news07.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】

Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する

最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。

1 月

/tt/news/1701/31/news09.jpg
プライベートクラウド構築で重要な特性は

プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド

企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。

/tt/news/1701/30/news09.jpg
2018年を笑って迎えたいあなたのために

CIOを解任されないためにやらなければならない宿題リスト 2017年版

2017年に大きな位置を占めるのは、分析、セキュリティ、データプライバシー、ITの専門化だ。CIOが新たな激動の1年を乗り切るために必要な「学ぶべき」「やるべき」リストを紹介する。

/tt/news/1701/27/news04.jpg
SATAとSASよりはるかに高速

フラッシュ専用プロトコル「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)の可能性

HDD時代のプロトコルであるSATAやSASでは、フラッシュストレージの性能を引き出せない。そこで生まれたのがフラッシュ専用プロトコルのNVMeだ。

/tt/news/1701/26/news02.jpg
データセンター設計に欠かせないスキル

仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格

データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。

/tt/news/1701/24/news07.jpg
商用ディストリビューションの価値とは

なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも

企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。

/tt/news/1701/23/news05.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】

NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。

/tt/news/1701/23/news07.jpg
米投資銀行の調査レポート

「オンプレミス vs.クラウド」論争が再燃――データの「ブーメラン現象」も

クラウドコンピューティングは期待していたほど費用対効果が高くないと感じているITベンダーや大企業が増えており、一部のアプリケーションをオンプレミスに戻した企業もある。

/tt/news/1701/23/news01.jpg
サーバ仮想化はターゲット外

アナリティクス&ビッグデータに最適な新世代フラッシュストレージ

フラッシュ市場の成熟とともに、アナリティクスやビッグデータ用途に最適なフラッシュストレージが登場してきた。従来製品との違いと各社の新世代製品の特徴を紹介する。

/tt/news/1701/19/news04.jpg
2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】

消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界

Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。

/tt/news/1701/19/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】

Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する

新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。

/tt/news/1701/19/news01.jpg
NetAppの問題はVSANで解決

導入企業がVMware Virtual SANに望む機能改善とは?

NetApp MetroClusterに起因するボトルネックに悩んでいた小売業者が、Virtual SANとフラッシュストレージに移行。導入効果に満足している同社だが、VSANにはまだ改善すべき点があるという。

/tt/news/1701/18/news05.jpg
そのメリットを理解できない企業は負ける

ユーザーニーズを超える「大容量・高密度オールフラッシュストレージ」が必要な訳

高密度・大容量のオールフラッシュストレージアレイは現時点では顧客の需要を超えるほどに破壊的な技術だが、いずれ企業はその必要性を認識するだろう。

/tt/news/1701/17/news04.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】

コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。

/tt/news/1701/17/news01.jpg
価格差はまだ50倍

HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージは過大評価」

ストレージ業界の大ベテランが、フラッシュストレージに苦言を呈す。HDDとの比較も不適切であり、価格にはまだまだ大きな開きがあるという。

/tt/news/1701/16/news07.jpg
ベアメタルを利用しない手はない

コンテナを動かすプラットフォーム選択、ベアメタルサーバ vs. 仮想マシン

「Docker」コンテナをベアメタルサーバで動作させれば、移植性と安定性が得られる。だが、コンテナの動作場所として仮想マシンの方が適している場合もある――専門家が説明する。

/tt/news/1701/13/news04.jpg
増えるハイブリッドなVDI環境にどう対応する?

2017年はDaaSの年になる――仮想デスクトップで押さえておくべき3つの動向

2017年、仮想デスクトップインフラ(VDI)分野はどうなるのだろうか。起きるであろう変化を紹介する。

/tt/news/1701/12/news05.jpg
2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】

変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?

主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。

/tt/news/1701/12/news04.jpg
高コストアプリケーションを見分ける

2017年版:クラウドコストを削減する5つのヒント

クラウドコンピューティングのコストは、リソースが無秩序に増加したり調整が不十分だったりすると、必要以上に高額になりやすい。そのようなコスト増を防ぐためのヒントを紹介する。

/tt/news/1701/11/news01.jpg
コストを掛けずにトラブルに強いシステムを構築する

新しいハードウェアいらずのITシステム“回復力”増進法

新しいアプリケーションアーキテクチャ、スナップショット、コンテナ化といったテクノロジーによって、サーバの台数を変えずに復旧しやすいITシステムを実現できる。

/tt/news/1701/10/news05.jpg
やはり目指すべきは“保護”より“解放”

SQL Server on Linuxプレビュー版公開で探るMicorosoft“オープン化”の本気度

MicrosoftはSQL Serverの導入を促そうと、「SQL Server Enterprise Edition」機能を幾つか「Standard Edition」にも広げ、「SQL Server on Linux」を投入する。

/tt/news/1701/05/news02.jpg
今や使うのが当たり前

企業に広がるオープンソースストレージ利用

OSやアプリケーションに続き、オープンソースストレージが企業に進出しつつある。多くのソフトウェアが既に利用されており、オープンソースストレージ利用は主流といえる状況だ。

Loading