TechTargetジャパン

リレーショナルデータベースの限界(前編)
RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システム
リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。(2017/9/21)

HadoopベースのRDBMS
RDBMSの新しい選択肢「Splice Machine」とは何か?
HadoopとSparkを利用したRDBMS「Splice Machine」のバージョン2.0がリリースされた。Splice Machineとはどのようなデータベースなのか。2.0の動向と併せて紹介する。(2016/9/12)

技術的には一長一短
RDBMSの牙城に食い込むNoSQLデータベース
急速な変化に応じてWebアプリケーションをスケーラブルに運用するニーズがWebサービス企業を中心に起こっている。それによって、かつて主流だったリレーショナルデータベース(RDBMS)に代わり「NoSQL」が脚光を浴びている。(2014/5/21)

データベース運用管理をクラウド化する方法
CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ
DBを整理し、運用管理が容易な統合DB基盤を作りたい企業に適したRDBMSが「Oracle Database 12c」だ。同システムを用いたプライベートクラウド構築のポイントを紹介する。(2017/12/5)

進化するDBMS市場【前編】
データベース市場の革命は可能か、明白になってきた課題と次の躍進を探る
企業がソーシャルメディアやビッグデータ、IoTから得られる非構造化データの管理に注目する中、データベース管理システム(DBMS)市場に新しい風が吹いている。(2016/9/20)

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【後編】
メルカリ&ソウゾウ、Google Cloudで得られた効果を率直に語る
メルカリの子会社として多数のサービスを提供するソウゾウもまた、「Google Cloud Platform」(GCP)の熱心なユーザーだ。「Google App Engine」(GAE)を中心に1年以上使ってみて期待した効果は得られたのか。(2017/8/21)

二者択一ではなく組み合わせが重要
「NoSQL」「RDBMS」を比べて分かる、ビッグデータに適したDBとは?
ビッグデータ活用を進める上で、まず理解すべきなのが「NoSQL」「RDBMS」の2大データベースの特徴だ。これらの違いを理解すれば、適切なデータベースシステムの姿が見えてくる。(2013/3/15)

Computer Weekly製品ガイド
SQLからNoSQLへ――そして再びSQL?
Webスケールのデータセットを整理するデータベースの台頭に関わるサプライヤー、そして「NewSQL」と呼ばれる新興勢力の動向について紹介する。(2016/10/27)

最適かつ着実な移行プランを立案するために
“独立系”技術者に聞く「OracleからSQL Server/Azure SQL Databaseへ」移行が進む理由と成功の条件とは
システム基盤の刷新は、コスト削減や新技術を採用できる半面、移行に伴うリスクもある。それ故に移行プロジェクトを確実に実施するには、事前の評価と検証が欠かせない。(2017/5/18)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回
IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

Azureの多彩な機能とも連係
システム構築のハードルを下げる、クラウドによる超高速開発
目まぐるしく変化する現代のビジネスシーンに追随するためには、IT企業でなくてもアプリケーションを迅速に開発する体制が必要だ。これを実現するクラウドサービスとは。(2017/3/30)

会員が注目した2016年記事ランキング(クラウド編)
“ビッグ4”の動きから目が離せない、読者が検索したクラウド記事トップ10
TechTargetジャパン会員は2016年、どのようなクラウドの話題に関心を寄せたのか。2017年の注目分野は。検索エンジン経由のアクセスランキングから探ります。(2016/12/31)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

開発コンテナと運用プラットフォームを選ぶ
「Docker」の次に注目したいコンテナツール5選
Dockerはコンテナの世界をリードしてきた。だが、今では他にも多数の選択肢がある。Dockerに代わる5つの頼りになるツールを、専門家が実践的なアドバイスと併せて紹介する。(2016/11/7)

動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第2回】
教育ビッグデータ分析「ラーニングアナリティクス」に必須な“4つの機能”とは?
膨大な学習履歴を価値に変える「ラーニングアナリティクス」。そのシステムはどのような仕組みを持つのか。教育機関にどのようなメリットをもたらすのか。詳しく説明する。(2016/9/28)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第2回
やっと分かった ビッグデータアナリティクスでHadoopを使う理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/6/30)

進化するDBMS市場【後編】
稼働率100%を目指すビッグデータ向けDBMS「NuoDB」と期待の新製品群
新しいDBMS製品の多くはダウンタイムに対処するために登場している。つまり稼働率100%の実現だ。大量トランザクション処理を目的に作られた新種のDBMS製品「NuoDB」とは。(2016/9/26)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第3回
データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/9/9)

Linuxやクラウドも選択肢に
Windows 10移行より難問? 「Windows Server 2016へ移るか、移らないか」問題
Microsoftの「Windows Server 2016」のリリース日が近づいている。あなたの勤務先では、Windows Server 2016へアップグレードするのだろうか。それとも別の方法を採るのだろうか。(2016/8/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
試行錯誤する価値があるオープンソースデータベース
コストが高く魅力のないプロプライエタリデータベースの代替として、多くの企業がよりアジャイルなオープンソース製品に目を向けている。自社のニーズに最も合ったものを選ぶためには試行錯誤が必要だ。(2016/3/23)

データベースセキュリティツールは必須なのか(前編)
意外にセキュリティは甘い? データベースのデータ保護に不安を感じる理由
企業のデータセンターに保存されているデータの保護において、データベースセキュリティツールが重要な役割を果たす理由について説明する。(2015/7/8)

Computer Weekly製品導入ガイド
商用製品の代替となるオープンソースソフトウェア
オープンソースと商用ソフトウェアとの戦いは第2ラウンドに入った。オープンソースソフトウェアは体重以上に良いパンチを繰り出している。(2016/3/11)

4つの用途で徹底解説
次に買うべき「データベースセキュリティ製品」はどれだ? 用途で分かる選定ガイド
データベースを保護する「データベースセキュリティ」製品の種類は実に多彩だ。製品選定をスムーズに進めるために、利用目的別に主要製品分野の特徴を整理しよう。(2015/7/1)

データベースセキュリティツールは必須なのか(後編)
機密情報“ダダ漏れ”データベース設計の共通点
企業のデータセンターに保存されているデータの保護において、データベースセキュリティツールが非常に重要な役割を果たす。企業のデータベースに不足しているデータセキュリティ機能を詳しく見てみよう。(2015/7/9)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第3回】
主要12製品を比較、ハイブリッドクラウド管理ツールの見極め方
ハイブリッドクラウドの運用で欠かせない製品、それはオンプレミスや他クラウドとの統合管理ツールだ。マルチクラウドに対応した管理ツールの中から、主要な製品を一覧表にまとめた。(2015/4/9)

Microsoft Azureスマート解説【第6回】
インフラエンジニア不要論も? Microsoft Azureのインフラサービスを一挙紹介
Microsoft Azureが提供するSQLデータベース、仮想ネットワーク、ロードバランサ、CDNの4サービスを紹介する。いずれもハードウェアやミドルウェアを気にすることなくインフラを利用することができる。(2014/8/28)

AWSの2大NoSQLデータベースサービス
「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」――あなたの会社には向いているのはどちら?
「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」は、アプリケーション開発の柔軟性向上とアプリケーション開発時間の短縮を実現する。これらのメリットを最大限に引き出すには、自社のニーズに合ったデータベース環境を選択する必要がある。(2014/8/27)

NEWS
いちよし証券がDWH専用データベースを採用した5つの理由
高速なデータ分析処理という観点で、処理性能やメンテナンス、運用コストなどを考慮してDWH構築に適したデータベースを比較。その結果、DWH専用データベースの採用を決めた。(2014/4/22)

データベース選定の常識を変える
「中小の業務システム向けDB」Oracle、SQL Server以外の選択肢
Oracle DBやSQL Serverは優れた製品だが、中小規模の業務システムにはオーバースペックな面もあり、何より高価だ。中堅・中小企業の製品選びでは、性能や信頼性はもちろんのこと経済性も大切な要素だ。(2014/4/7)

長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ
【技術解説】Oracle TimesTenのインメモリデータベーステクノロジーをひも解く
「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。(2012/6/11)

機能を徹底解剖! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第5回】
AWSの4大データベースサービス、特徴と使い道
AWS(Amazon Web Services)が提供するデータベースサービスには、「Amazon RDS」「Amazon DynamoDB」「Amazon ElastiCache」「Amazon Redshift」の4つがある。それぞれの特徴とユースケースを紹介する。(2014/1/22)

従来の分析アプローチの見直しを迫るビッグデータ
Hadoopがビッグデータの分析基盤として注目されるわけ
ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由とともに、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのかを解説する。(2011/11/18)

オープンソースこそ「最先端の」テクノロジー
「プロプライエタリ製品はダメ」、英公共テレビ局のビッグデータ導入記
英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。(2013/8/16)

ビッグデータのためのDWH基盤【第4回】
ビッグデータ対応のために進化するDWHアプライアンス
標準的なRDBMSとハードウェアレベルでの高速化技術を組み合わせることで、DWHのボトルネックを解消するDWHアプライアンス。ビッグデータ対応が注目を浴びる今、独自技術を採用する製品が登場している。(2011/12/22)

今こそ見直す「Webセキュリティ対策」【第1回】
Webサイトを脅かすセキュリティ攻撃、その傾向とは?
Webサイトを狙った攻撃が相次いで明るみに出る中、ユーザー企業はどう対処すべきか? 最近のセキュリティ事故から、対処すべき攻撃の実態を探る。(2013/9/24)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第1回】
AWSでできることって? AWSを導入する上で知っておきたい基礎知識
国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが特に多いAmazon Web Services(AWS)。今回はAWSの導入を検討するために必要な前提知識や操作方法を解説する。(2013/9/11)

NEWS
HadoopとDWHを組み合わせて高速分析、日本マイクロソフトがアプライアンス新版
日本マイクロソフトはDWHアプライアンスの新版を発表。HadoopとDWHのデータを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。加えて、Hadoopのクラウドサービスも提供する。(2013/3/21)

ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【前編】
【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景
なぜこれほどまでにビッグデータとそれを取り巻くテクノロジーが注目を集めているのか。ビッグデータ潮流の背景と、今現在企業が活用したいデータ、ビッグデータへの期待をガートナーの講演を基にまとめる。(2012/7/27)

ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【後編】
【事例】「意思決定に貢献する」データ活用法とビッグデータ活用に必要なスキル
ビッグデータブームに惑わされることなく、自社のデータ分析を成功に導くためにはどうすればいいか。求められるデータ活用手法の視点とスキルをガートナーの講演を基に紹介する。(2012/8/6)

NEWS
IBMが処理能力を約2.5倍向上したRDBMS最新版、Ruby on Railsにも対応
RDBMS「IBM Informix Dynamic Server」の最新版を発表。クラスタリング機能とワークロード管理機能を強化し、前バージョンと同等の稼働環境にした場合では全体の処理能力を最大約2.5倍向上したという。(2008/5/8)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】
ビッグデータは世の中を変えるか?
ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。(2012/7/18)

ITRアナリスト 浅利氏が解説
【技術動向】ERP製品選択で注目したい7つのテクノロジー
ERPを選ぶ上では技術的要素の確認も重要だ。技術はERPの使い勝手やコストに直結する。講演を基に製品選択で参考となる2015年までのERPの技術トレンドを紹介する。(2012/6/5)

ビッグデータのためのDWH基盤【第3回】
列単位格納でビッグデータの高速処理を実現するカラム型データベース
ビッグデータの高速処理基盤として注目されているカラム型データベース。代表製品は近年大手ベンダーが買収した製品が目立つ。カラム型データベースの特徴と、どのような場合に利用が適しているかを解説する。(2011/11/29)

人気講演を一挙に公開
動画で分かるビッグデータの基本と最新動向
次世代のIT環境、ビジネス環境で注目される「ビッグデータ」。本稿では2012年4月に開催された「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」からビッグデータの最新動向が分かる講演の映像を紹介する。(2012/6/11)

情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】
高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには
ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。(2012/4/11)

ホワイトペーパーレビュー
ビッグデータ活用のための分析基盤が分かる3つのホワイトペーパー
ビッグデータ活用のための分析基盤のアプローチは幾つか存在する。リアルタイムデータ活用の課題に対するエグゼクティブへの調査結果や、Hadoop、DWHアプライアンスなどの技術解説のホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/13)

DWH製品紹介:サイベース
Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ
カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。(2012/4/4)

NEWS:
XVL図面をサーチアプリケーションに統合、ウチダスペクトラム
図面、クレーム情報などの非構造化データを、サーチアプリケーション経由で統合管理できる製品が登場。XVL属性情報も丸ごと取り込める。(2012/4/3)

BI製品紹介:DTS
国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ
「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。(2012/3/1)

日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA
SAP HANAのパフォーマンスを最大限発揮するための日立の回答
SAPがビッグデータ時代に送り込んだインメモリデータベース「SAP HANA」。これまでのデータベースのパフォーマンスを1万倍高速化するというSAP HANAをアプライアンス提供するために、日立が導き出した回答とは?(2012/1/27)

ビッグデータのためのDWH基盤
「ビッグデータ」がバズワードとなった今、あらためてデータウェアハウス(DWH)に注目が集まっている。ビッグデータ時代に求められるDWH基盤の3つのアプローチを解説する。(2011/12/21)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

NEWS
アイエニウェア、リモート/モバイル環境でのデータ利用を促進させるRDBMS最新版
ミッションクリティカルな大規模環境向けにパフォーマンスや拡張性、データアクセス/分析機能など、200以上の機能が改善された。(2009/5/15)

ホワイトペーパーレビュー
医療機関のIT導入事例を紹介した3つのホワイトペーパー
他分野よりもIT化が10年遅れているともいわれる医療分野。しかし、政府のIT戦略本部が2010年、3つの重点戦略の1つとして医療分野を位置付けるなどそのIT化が今後急速に進むと考えられる。(2011/8/29)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【第5回】
OpenStack、商用への品質強化と“Everything as a Service”の方向へ
2011年4月に開催されたデザインサミットのトピックを中心に紹介する。技術的なトピックでは、必要な機能を全てサービス化するEverything as a Service、商用品質に向けた強化で幾つかの方向が示された。(2011/7/1)

BI製品紹介:ウイングアーク テクノロジーズ
現場で自在にデータ分析、全社利用を前提に作られた国産BI「Dr.Sum EA」
難しい、遅い、面倒といった理由で利活用率の上がらないBI。ほぼ事前準備なしにデータを高速分析できる独自のエンジン開発でその課題を解決した「Dr.Sum EA」。日本の業務スタイルに合わせた国産BIの実力とは。(2011/6/22)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【第4回】
OpenStack実用化への勢い 〜NASAは開発から使う立場へシフト
2011年4月に実施されたデザインサミットのトピックを中心に、その後のコミュニティーの動向と、OpenStackプロジェクトの今後について紹介する。(2011/6/23)

BI製品紹介:SAPジャパン
インメモリ型DBやiPhone対応で「誰でも使えるBI」を目指した「SAP BusinessObjects BI 4.0」
SAPによる買収以来、初のメジャーバージョンアップとなる「SAP BusinessObjects BI 4.0」は、全ての情報を全てのユーザーが統合されたプラットフォームで利用できるBIに強化されている。(2011/4/7)

ホワイトペーパーレビュー
BI(ビジネスインテリジェンス)の基礎が分かる3つのホワイトペーパー
TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、BIの基礎を解説したものをピックアップして紹介する。(2011/3/3)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
企業規模別データ分析環境構築
企業には早急なデータ分析環境の整備が求められている。中堅・中小企業のための手軽なBI導入による見える化、大企業のためのデータ分析環境構築方法など、企業規模別の分析環境構築に役立つコンテンツを集めた。(2010/11/1)

使われないBIを変革する「Business Analytics」
「データ分析」を企業の武器にするための基盤構築
見える化だけのBIでは真の情報活用にはならない。高度な分析と高精度の将来予測を実現する「Business Analytics」により、企業は予見力を手にできる。分析を競争力の源泉とするためのヒントとなるコンテンツを集めた。(2010/9/22)

BI製品紹介:マイクロソフト
「Microsoft SQL Server 2008 R2」+「Excel 2010」が目指すセルフサービスBI
マイクロソフトはSQL ServerとExcelの組み合わせでBI環境を提供してきた。そしてOffice 2010により、同社のBIはエンドユーザー自ら分析環境を構築できる「セルフサービスBI」へと進化した。(2010/7/30)

ミクシィ、楽天が採用するRDBMSの進化形
MySQL ABのディレクターが明かす「MySQL 5.1」の魅力
オープンソースソフトウェアのRDBMS導入に抵抗感を持つ企業は依然として多いが、機能的には着実に商用製品に近づきつつある。ここでは、Web系企業の業界標準となってきたMySQLの最新バージョンの魅力を紹介する。(2007/12/20)

米国TechTarget会員の皆さま、TechTargetジャパンへようこそ
会員サービスのご案内(システム開発/構築)
TechTargetジャパンは、企業情報システム担当者のための無料の会員制サイトです。「システム開発/構築」では、モデリングによる設計から開発言語、IDE(統合開発環境)などの開発ツール、テスト手法など、開発プロセス全般やアプリケーションサーバ、データベース(RDBMS)などのミドルウェアに関する情報を提供します。ぜひこの機会にメンバーシップにご登録ください。(2008/7/14)

NEWS
サイベース、「Sybase Replication Server」の新バージョンを発売
RDBMS「Sybase Adaptive Server Enterprise 15」に対応したほか、管理機能強化、パフォーマンス向上、セキュリティ向上などの機能強化(2007/9/19)

今こそ見直すID管理の効用
ID管理はコンプライアンス対策度の試金石
ID管理はセキュリティやコンプライアンスの観点で対策が必要視されているものの、導入する企業は大企業が中心。そこで多くの企業が得られるID管理の真のメリットを理解するとともに導入ポイントについて解説する。(2009/4/24)

DBMS導入事例:MySQL
mixiの生みの親“バタラ氏”が語るMySQLの意外な利用法
サービス開始から3年余りで会員数が1000万人を超えたSNSの「mixi」。そのシステムはOSSで構築されており、データベース管理システム(DBMS)には「MySQL」を使う。急増するトラフィックをさばくために負荷分散を重ねた結果、現在ではサーバ1000台以上が連なる超分散システムへ。その中でMySQLが果たす役割とは。(2007/9/12)

NEWS
国内ソフトウェア市場、2013年で2兆4264億円に──IDC予測
IDCが最新の国内ソフトウェア市場予測を発表。2008年の市場規模は推定2兆997億円、2013年まで同市場は平均成長率(CAGR)2.9%のプラス成長が見込まれる。(2009/4/10)

BIが実現する迅速な意思決定
企業内外のデータを蓄積・分類・検索・分析・加工してビジネス上の意思決定を促すBI(Business Intelligence)。基礎知識や導入事例をはじめ、BIに関するコンテンツをまとめた。(2009/4/2)

部長のためのBI活用講座【第2回】
失敗しないBIツールの選び方
BIツールの導入に失敗した企業の話を聞くと、どうやら社内展開の過程で問題が発生している場合が多いようだ。(2009/1/30)

NEWS
日本IBM、従来比50%の処理速度向上を実現するインメモリ型DBMS
スレッド単位で複数のトラザクションを並列処理できるように改良して、処理性能を向上させた。(2008/12/22)

部長のためのBI活用講座【第1回】
営業部長、SFAデータを本当に使えていますか?
営業部長と営業現場のリーダーたちとの会話を例に、企業内にたまり続けるデータを活用するためのBIの価値を解説する。(2008/11/27)

NEWS
LAMPからの乗り換えを狙う──MS、SQL Server 2008日本語版を提供開始
マイクロソフトはMicrosoft SQL Server 2008日本語版の提供を開始した。新たなエディション「SQL Server 2008 Web」投入により、Webアプリケーション分野での製品拡充を狙うという。(2008/8/1)

DBMS導入事例:IBM DB2 9
DB2が「XMLDBかRDBか?」の迷いからユーザーを解放
ネットプライスは、商品レビューサイト「monopedia」でXML対応の「DB2 9」を採用。ビジネス要件が流動的なため、多様なデータ形式を受け入れるDBを必要としていた。ここでは、XMLDBの導入事例を紹介する。(2008/3/7)

NEWS
サイベース、DBサーバ障害時の接続切り替えソフト「Sybase OpenSwitch 15.1」を発売
クライアントアプリケーションから複数DBサーバへの接続の自動切り替えが可能になったほか、ユーザーポリシーに沿ったアプリケーション作成を実現する。(2008/2/12)

企業の信用力にBCP(事業継続計画)が不可欠な時代が到来
リカバリ対策のコスト問題を回避する決め手は“ソフトウェア”
ソフトウェア方式によるレプリケーションツールの適用範囲が広がっている。特に「CDP(継続的データ保護)」機能を搭載した製品は実用性が高く、情報系システムのリカバリ対策が遅れている企業にとって魅力的な選択肢といえるだろう。(2007/10/19)

ハイブリッドデータベースで体験するWeb2.0【第1回】
Web日記(簡易ブログ)でのRSS生成
Web2.0時代においては、RSSやAjaxなどXML技術を用いるのが当たり前になった。ハイブリッドデータベースとしてリリースされた「DB2 9」は、RDBとネイティブXML DBの機能を併せ持つという。Web2.0時代にその能力をいかに発揮させるべきかを探る。(2006/12/13)

ROIが最も高い次世代情報基盤のつくり方【後編】
プロが教える導入効果を最大化するアプローチ
ROI(投資収益率)を最大化する方策を既存資産の活用を切り口に紹介する。現状を正しく把握し、その資産を有効に活用することができれば、無駄な新規投資を避けることができる。効果推定額測定のパターンをはじめとして、KPI(重要業績評価指標)の設定や測定方法を交え、コンサルティング経験から得た情報基盤策定の道筋を解説する。(2006/11/7)

ROIが最も高い次世代情報基盤の作り方【前編】
プロが教える既存資産を最大限活用するアプローチ
現状を正しく把握し、その資産を有効に活用することができれば、無駄な新規投資を避けることができる。ROIを最大化する方策を、既存資産の活用を切り口に紹介するとともに、Notesを使用しているケースを想定し、コンサルティング経験から得た情報基盤策定の道筋を解説する。(2006/10/3)