過去記事一覧 (2016 年)

12 月

/tt/news/1612/30/news01.jpg
会員が注目した2016年記事ランキング(ネットワーク編)

「802.11ac Wave2」に注目、ネットワーク仮想化の課題と可能性に依然として高い関心

TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2016年にアクセスが多かった記事の傾向から、需要動向を振り返り、2017年の流れを予測します。

/tt/news/1612/27/news05.jpg
いかにトラブルに対応するか

セキュリティチームの力を底上げする「インシデントレスポンスツール」とは?

セキュリティインシデントはいずれ必ず起こる。にもかかわらず、多くの企業が、インシデントレスポンスツールの導入はおろか、インシデント対応計画の文書化もしていない。この状況は変えるべきだ。

/tt/news/1612/27/news04.jpg
「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【最終回】

「セキュリティインテリジェンス」を生かし切る具体的な方法とは?

セキュリティインテリジェンスの活用は、セキュリティ対策の強化と、CSIRT/SOCの業務効率化の両立に力を発揮する。具体的にどう活用すればよいのか。

/tt/news/1612/27/news01.jpg
オープンソースハードウェア開発の問題を改善

「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft

Microsoftは、オープンソースソフトウェア開発の問題点に着目し、解決する取り組みに着手した。同社が立ち上げた「Project Olympus」とは?

/tt/news/1612/26/news06.jpg
Facebookが超高速ネットワークでも標準規格を策定

Facebookが新しいスイッチ仕様を公表、100Gbpsデータセンターが現実に

Facebookは技術コミュニティーに100Gbpsのデータセンターポッドに関する仕様書を提供した。この仕様書では、仮想化とシステム管理、そして、ストレージとネットワークの機能に言及している。

/tt/news/1612/26/news05.jpg
クラウド時代の「認証」再考論【最終回】

大事なはずの「特権ID管理」が、なぜ後回しにされ続けるのか?

強大な権限を持つ「特権ID」を管理する重要性を認識しながら、なぜ具体的な取り組みがなかなか進まないのか。現状を打破する解決策はあるのか。

/tt/news/1612/24/news01.jpg
2017年には一般利用も

レジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術”

IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。

/tt/news/1612/22/news07.jpg
高速化する無線LAN規格にも対応

既存配線のままで有線LANを最大5倍高速に、新規格「IEEE 802.3bz」とは?

ギガビットイーサネット(GbE)の新規格の登場で、企業は配線を入れ替えなくても無線通信性能を向上できるようになった。だがシステム管理者が考慮しなければならないこともある。

/tt/news/1612/16/news06.jpg
IoT化が先行する交通網の最新事例

「次のバスが来るのは何分後」から信じられないほどに進化した交通網のスマート化

街全域でIoTを活用して住民が快適に過ごすことができるようにする「スマートシティー」構想において、最初に始まるのが交通網のIT化だ。なぜ、交通網を優先するのかその理由を説明する。

/tt/news/1612/16/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法

ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑さを増してきた。ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。

/tt/news/1612/14/news01.jpg
アラブ首長国連邦とインドをつなぐブロックチェーン

銀行間取引への適用で見えてきたブロックチェーンの真価

UAEのEmirates NBD銀行とインドのICIC銀行がブロックチェーンを試験導入。国際送金と貿易金融取引を成功させた。ブロックチェーンを用いることで何が実現したのか?

/tt/news/1612/12/news08.jpg
次世代モバイル通信の構成要素は?

5Gの中心はIoT通信、「標準」をどう作るか

第5世代移動通信(5G)に求められるのは高速性と高信頼性、機械間通信の3つだ。「セルラーIoT(C-IoT)」はこれら全てのシナリオで使用されるだろう。そして、その接続の大半は機械間通信になるはずだ。

/tt/news/1612/06/news03.jpg
なぜ今「ネットワーク分離」なのか【第3回】

図解で分かる、「ネットワーク分離」を実現する製品/技術はこれだ

ネットワーク分離を実現するためには、どのような製品/技術が必要になるのか。具体的な製品/技術を挙げながら解説する。

/tt/news/1612/08/news02.jpg
コネクテッドカーが直面する最大の課題とは?

コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音

Gartnerのアナリストは、コネクテッドカーは利益を上げるチャンスだと言う。しかし、待ち受けるパラダイムシフトに悩むメーカーもある。彼らが抱える悩みやジレンマの正体とは?

/tt/news/1612/07/news04.jpg
懸念される重要インフラへの影響

「ランサムウェア」感染で運賃が無料に? 米市営交通局で何が起きたのか

米サンフランシスコ市交通局がランサムウェア攻撃を受け、運賃を一時無料化する事態に追い込まれた。身代金を払うことなくシステムを復旧させたものの、課題は残る。

/tt/news/1612/05/news04.jpg
「ダークWeb市場」掃討に挑む世界の法執行機関

匿名通信「Tor」ユーザーの身元は“ほぼ確実”にばれる――専門家が忠告

違法商品の売買のためにインターネットで闇取引をしたとみられる利用者が、世界各地の法執行機関によって逮捕され、取り調べを受けている。その背景には何があるのか。

/tt/news/1612/02/news03.jpg
「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第2回】

機械学習が「セキュリティ人材不足」解消の“特効薬”になる?

セキュリティ対策の中で困難なのが、セキュリティに精通した人材の確保だ。専門家の代替となる「セキュリティインテリジェンス」の仕組みと、その進化について解説する。

11 月

/tt/news/1611/29/news02.jpg
「シグネチャ」の限界に対処

「次世代エンドポイントセキュリティ」と「ウイルス対策ソフト」の“決定的”な違い

脅威の変化に応じて進化を続けてきたエンドポイントセキュリティ製品。昨今登場した「次世代エンドポイントセキュリティ」製品は、今までと何が違うのか。その可能性と限界を追う。

/tt/news/1611/22/news06.jpg
戦略を立てるために理解すべきこと

IoTのビジネスチャンスはどこにある? 素通りできない「5つの戦場」とは

IoTは「1つの市場」ではない。独自のチャンス、課題、キープレーヤーが存在する「5つの重要な戦場」と見るべきだ。まずは戦場の力学を知っておきたい。

/tt/news/1611/22/news02.jpg
続々発表される実証例

もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入

銀行を中心に、ブロックチェーンの実証テストや本格導入が進んでいる。ヨーロッパで行われているテストや導入例をまとめて紹介する。

/tt/news/1611/16/news03.jpg
主要なセキュリティニュースをピックアップ

“アンナ先輩”の「Mirai」がより凶悪に? DDoS攻撃を約50倍に増幅する手口が判明

一国のインターネットをダウンさせるなど、引き続き猛威を振るうマルウェア「Mirai」。その攻撃を増幅する攻撃手法が判明し、警戒は怠れない状況だ。他のセキュリティ関連ニュースと合わせて最新動向を解説する。

/tt/news/1611/16/news01.jpg
「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【最終回】

次世代エンドポイントセキュリティの2大製品「NGEPP」「EDR」を比較、何が違うのか?

次世代エンドポイントセキュリティ製品は目的に応じて2種類に大別でき、選定時に注目すべきポイントも異なる。適切な製品を選定するためのポイントをまとめた。

/tt/news/1611/15/news07.jpg
照明器具がIoT化を促進する

「不審者侵入の即時警報を」──学校の安全を可視光通信とIoTで守る

IoTの普及に当たっては全てのデバイスをネットワークで接続することが重要になる。これが意外と難しい。その活路として期待したいのが無線LAN……、ではなく照明器具を使う可視光通信だ。

/tt/news/1611/09/news06.jpg
CLIの時代は終わろうとしている

VerizonとYahoo!が語る「ネットワーク担当者はSDN、DevOpsに備えよ」

VerizonとYahoo!は2016年10月に開催されたカンファレンスで、企業はネットワーク担当者にSDNやDevOpsの実践に向けて準備させる必要があるとの見解を示した。

/tt/news/1611/08/news05.jpg
電波よりタフなワイヤレス接続

可視光通信がIoTの普及に貢献できる理由

可視光通信(VLC)技術は、「IoT」(モノのインターネット)を製造現場、オフィスビル、学校の教室で利用できるように後押しする。古くからある手法が最新のIoTに貢献できる仕組みを解説する。

/tt/news/1611/08/news01.jpg
ネットワーク機器を仮想化

なぜ今、ネットワーク機能仮想化(NFV)が必要なのか

ルーターやロードバランサーなどのネットワーク機器を仮想化し、通常のサーバ上で実行するネットワーク機能仮想化が注目されている。

/tt/news/1611/07/news08.jpg
ボットネットの大規模化につながる?

“アンナ先輩”が公開したマルウェア「Mirai」に専門家が震え上がる訳

大規模な分散型サービス拒否(DDoS)攻撃で使用されたIoTボットネットのマルウェア「Mirai」のコードが公開された。セキュリティ専門家は、さらなる脅威につながりかねないと警笛を鳴らす。

/tt/news/1611/01/news09.jpg
コネクテッドカーだけではない、その恩恵

5Gが普及をするとあの業界がIoTで得をする仕組み

第5世代移動通信システム(5G)は、転送速度、堅牢なセキュリティ、幅広い帯域幅といった面で、IoT(モノのインターネット)の普及に大きく貢献する……と、彼らが力説する“業界的”な理由があった。

10 月

/tt/news/1610/25/news03.jpg
失敗しない「学校IT製品」の選び方:不正侵入対策編【前編】

学校システムへの不正侵入が招く「最悪のシナリオ」とは?

システムやネットワークへの不正侵入事件は企業だけではなく、IT化が急速に進む教育機関でも起きている。不正侵入をどう防ぐべきか。侵入判明時にはどう対処すべきなのか。

/tt/news/1610/21/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

企業利用が期待される「OpenStack」、大躍進の陰に残る課題

オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」が徐々に支持を広げている。OpenStackの企業導入が拡大するためには、解決すべき多くの課題がある。その問題点を整理してみよう。

/tt/news/1610/21/news03.jpg
「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第1回】

セキュリティ対策を“対症療法”で済ませるのは、もう終わりにしよう

「従来のセキュリティ対策では不十分だ」という声をよく聞く。一方で“理想的”とされるセキュリティ対策の実現には、幾つものハードルがある。まずは現状を整理する。

/tt/news/1610/18/news02.jpg
OpenStack for Enterprise座談会【後編】

徹底討論:OpenStack導入を成功に導く、脱リニア思考&コミュニティー活用

国内でOpenStack導入に本気で取り組むベンダーおよび組織から有識者が集結。ユーザー企業がOpenStack導入を成功させるためのヒントやコミュニティー活用の利点を語った。

/tt/news/1610/17/news02.jpg
クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第3回】

「無線LANの通信速度が思ったほど速くない」、その原因と解決策は?

無線LANの通信速度の低下は、電波干渉、接続端末台数、何らかのボトルネックの存在に由来することがほとんどです。無線LAN接続の仕組みを基礎からおさらいして、問題の切り分け方と対処法を学びましょう。

/tt/news/1610/17/news01.jpg
OpenStack for Enterprise座談会【前編】

徹底討論:OpenStackの社内利用が現実的に? 成熟度を議論した

国内大手企業で導入事例が聞こえ始めている「OpenStack」だが、企業利用にはまだ課題が残る。現状の成熟度はどのくらいなのか。OpenStack導入のプロ5人が語った。

/tt/news/1610/17/news10.jpg
NFLでの実績が採用の決め手に

学校の無線LANはなぜつながらない? 分析ソフトで解決できるケースも

IT部門は、無線LAN分析ソフトウェアから、ネットワークパフォーマンスの可視性が得られる。競技場、学校、病院などの組織では、無線LAN分析ソフトウェアを活用している。

/tt/news/1610/14/news04.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第6回】

無線LAN規格「802.11ac Wave 2」編──次の無線LANは「ad」から「ay」に

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「Wave 2の次」に登場する次世代無線LANについて紹介する。

/tt/news/1610/11/news05.jpg
「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」

フリーのLinuxロードバランサー3つを比較する

「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」は、複数台のサーバを抱え高いトラフィックに対応するLinuxロードバランサーの選択肢になる。

/tt/news/1610/11/news02.jpg
明らかになった脆弱性の50%が「致命的」

深刻な脆弱性まみれの大手メーカー自動車、Wi-Fi経由で乗っ取られる恐れ

コンピュータ化が進む現代の自動車。これを調査した結果、深刻な脆弱性が多数発見された。Wi-FiやBluetooth経由で車載ネットワークやECUが乗っ取られる可能性もあるという。

/tt/news/1610/07/news04.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第5回】

無線LAN規格「802.11ac Wave 2」編──MU-MIMOとビームフォーミングを理解する

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回はWave 1とWave 2の比較からWave 2で注目したい新機能の“メリット”を解説する。

/tt/news/1610/04/news04.jpg
リアルタイム脅威分析に生かせるSIEMの条件とは

“役に立たないSIEM”をつかまされないための「3つの選定ポイント」

セキュリティ情報を収集、分析する「SIEM」製品をリアルタイムの脅威分析に十分に生かすには、適切な製品選びが不可欠だ。注視すべき3つの選定ポイントを伝授する。

9 月

/tt/news/1609/29/news10.jpg
2017年の標準化を目指す

超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット

400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。

/tt/news/1609/28/news12.jpg
衛星電話も「小さく」「安く」なった

「飛行機からインターネット」を支える「衛星データ通信」入門

衛星回線や衛星データ通信接続について、どこでも使えるメリットとそのコストを考えるために知っておくべきことを確認しておこう。

/tt/news/1609/26/news11.jpg
NFCタグでビッグデータの一部に

電源もネットワークもない“ただの箱”をIoTで利用する方法

あらゆるものをネットワークに接続してそこから得たデータを活用しようというIoT。今や「そんなこといっても段ボール箱は使えないでしょう、はっはっは」と笑っている場合ではない。

/tt/news/1609/19/news01.jpg
60GHzのエリア制約は問題にならない

2.16GHzの帯域幅に注目すべき──IEEE 802.11adが“Wave 2”より期待できる理由

もう1つの無線LANの標準であるIEEE 802.11adは、さらなる柔軟性と可能性をもたらすだろう。だが問題もある。

/tt/news/1609/15/news04.jpg
似通ってくるBluetoothと無線LAN

IoT拡大で新規格「Bluetooth 5」「Wi-Fi HaLow」登場、従来の相互補完は風前のともしび

IoT市場の急速な活性化は優れた無線通信規格を必要とする。それが、これまで補完関係で共存してきたBluetoothと無線LANの関係を変えようとしている。

/tt/news/1609/15/news01.jpg
大きなチャンスと大きな課題

ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと

ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。

/tt/news/1609/14/news02.jpg
「佐賀県情報漏えい事件」で再考する学校セキュリティ【中編】

佐賀県教育システム「SEI-Net」を情報漏えいの舞台に変えた“真犯人”とは?

17歳少年による佐賀県教育情報システム「SEI-Net」への不正アクセス事件では、実際に何が起き、同県はどう対処したのか。事件は本当に防げなかったのか。分かっている事実から検証する。

/tt/news/1609/13/news01.jpg
クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第2回】

いまさら聞けない無線アクセスポイントの選び方、クリニックで“安全”に増設するには

医療機関で使用する無線LANアクセスポイントは、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」わけではありません。認証方式はどれを選ぶべきか、設置場所はどこがいいのか、ポイントをおさらいしましょう。

/tt/news/1609/13/news06.jpg
仮想ADCも視野に検討を

低価格になった「アプリケーションデリバリーコントローラー」、最適の1台を選ぶポイントは

アプリケーションデリバリーコントローラーは、幅広い分野の企業に必要不可欠なデバイスへと進化している。しかし、ユーザー企業の規模に合わせた最適な製品を選ばないと「コストの無駄遣い」になりかねない。

/tt/news/1609/09/news03.jpg
「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第3回】

次世代エンドポイントセキュリティの大本命? CSIRTを救う「EDR」とは何か

インシデントレスポンスの重要性が高まるのに呼応し、エンドポイントセキュリティも進化を続ける。その具体像として充実し始めた「EDR」製品とはどのような製品なのか。

/tt/news/1609/08/news04.jpg
進化が速いクラウド基盤構築ソフトの運用ノウハウを共有

OpenStackのアップグレードで悩むサーバ管理者を救う「Ops Workshop」の“集合知”

OpenStackでは、開発者のコミュニティーの他にオペレーター側の運用ノウハウの共有と議論を深める場としてWorkshopを設けている。現場から挙がる運用事例と解決策の集合知を紹介しよう。

/tt/news/1609/07/news04.jpg
一筋縄ではいかない

OpenStackのスケーラビリティはIT担当者にとって“我慢大会”

OpenStackのコンポーネントは絶えず進化しており、そのことが返ってOpenStackのスケーラビリティ向上を阻害している。この問題が根強いのはなぜか、どうすれば克服できるのかを見ていこう。

8 月

/tt/news/1608/30/news09.jpg
人類と地球環境の調和を目指す

“スマートなビル”と1つの「アイ」(IoT)が地球を救う

建物はそこで過ごす人間の作業効率に影響するだけでなく、地球環境に対しても大きな負荷を掛けている。建物の進化は人間にも地球環境にも好ましい結果をもたらす。そのために必要な技術がIoTだという。

/tt/news/1608/29/news05.jpg
Watson IoT導入事例

インテリジェントビルを実現する「Watson IoT」導入計画

IBMの「Watson IoT」を導入すると何ができるのか。設備管理会社の計画から、その一端が見えてくる。無数のセンサー情報を集約・分析することで実現するインテリジェントなサービスとは?

/tt/news/1608/25/news02.jpg
さまざまなブロックチェーンに触れよ

あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない

ブロックチェーン技術が持つ特性は、さまざまな分野で応用されつつある。しかし、ブロックチェーン技術は1つではない。自社に必要なブロックチェーン技術を見つけるにはどうしたらよいのか。

/tt/news/1608/23/news02.jpg
準備が問題の大半を占めるネットワーク移行

次世代ネットワークに安全移行、失敗をしない3つのアプローチ

既存のネットワークインフラを次世代ネットワークに移行する場合、変更に伴うリスクの大きさを考えなければいけない。そのリスクを考慮した移行の方法を紹介する。

/tt/news/1608/19/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Windows 10の「明」「暗」──“高速起動”と“データ収集”を詳しく見る

Windows 10には、ユーザーが評価するポイントが多数ある。起動時間もその1つだ。Windows 10の「明」「暗」を分ける、正しい設定を振り返ってみよう。

/tt/news/1608/15/news09.jpg
フェイルオーバー計画が必要な理由

機械学習に起こり得る3つの障害、外部からの攻撃にどう対処すべきか?

機械学習モデルには脆弱性と障害がつきものだ。本稿では障害の発生原因と、障害発生時にもユーザーの作業を中断させないためのフェイルオーバー計画について説明する。

/tt/news/1608/08/news03.gif
なぜ今「ネットワーク分離」なのか【第2回】

ネットワーク分離で困る人が続出する「ファイル受け渡し問題」を解決するには?

ネットワーク分離は有力なセキュリティ対策ではあるものの、導入や運用に掛かる負担をどう軽減するか、従業員の利便性をどう確保するかが悩みどころだ。その解決策を探る。

/tt/news/1608/04/news04.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】

無線LAN規格「11ac Wave 2」編──acが2.4GHz帯を捨てて得たもの

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は無線LAN規格「IEEE 802.11」シリーズ全般を解説する。

/tt/news/1608/01/news12.jpg
5GHz帯がメリットばかりとは限らない

IoT時代に輝きを取り戻す「2.4GHz無線帯」、世界中で使えて安価

2020年までにIoT(モノのインターネット)市場は爆発的に拡大するだろう。このIoT時代のWi-Fiにふさわしい周波数帯は、実は2.4GHz帯だ。そう結論付ける幾つかの理由がある。

7 月

/tt/news/1607/25/news06.jpg
諸悪の根源は必ずいる

社内LANからクラウド──複雑怪奇なネットワークに潜むトラブルを「退治」する

スマートフォンをかざせば見えないモンスターが現れてゲットできるのは“なんとかGO”の世界。ネットワークのトラブル解決もそんな感じで解決できればいいのだが。

/tt/news/1607/25/news03.gif
クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第1回】

クリニックの無線LAN構築、まずはルーターを集約してネットワークを整理しよう

「無線LANルーターを入れたのに思ったような通信速度が出ない」という医療現場の声を解決するには、ベンダー任せだけでは限界があるものです。まずは院内にあるルーターの数と設置場所を見直してみませんか。

/tt/news/1607/22/news04.jpg
クラウド時代の「認証」再考論【第3回】

「IDaaS」は“パスワード認証の悪夢”から逃れるための救世主となるか?

ID/パスワード認証に関わる課題を解消する「フェデレーション」だが、自前でその仕組みを構築するのは骨が折れる。フェデレーションの恩恵を容易に享受できる「IDaaS」の実力に迫る。

/tt/news/1607/22/news02.jpg
2016年IT優先度調査

CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……

Computer Weeklyが毎年実施しているIT優先度調査。2016年はどの分野の投資が活発化するのだろうか? この結果から、CIOの不安や期待が透けて見える。

/tt/news/1607/21/news03.jpg
攻撃は容易。被害は深刻

専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ

モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。

/tt/news/1607/19/news02.jpg
データセンターのトラブルシューティング5選

速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは

かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。

/tt/news/1607/15/news03.jpg
なぜ日本の学校にITが必要なのか【後編】

なぜ学校は「タブレット」「無線LAN」の導入で満足してはいけないのか

ITが日本の教育に必要な理由とは何なのか。教育機関は今後、何を目指してIT活用やIT教育に取り組んでいくべきなのか。国内外の過去と現状を見据えて考察する。

/tt/news/1607/11/news07.jpg
光ファイバーは適材適所で

ケーブルを制する者は「10ギガ」ネットワークを制す

ネットワーク技術がどんなに進歩しても、基本となるのは有線ネットワークの知識だ。高速ネットワークを支えるギガビットイーサネット規格の「1000BASE」に加えて、多種多様のバリエーションをそろえる“10G”BASEイーサーネットについても解説する。

/tt/news/1607/11/news06.jpg
おとりで誘い込む脅威対策

“ハニーポット”を上手に使う「能動的多層防御」のコツ

サイバーセキュリティの多層防御の真の意味を理解するには、その起源となった軍事戦略「縦深防御(defense in depth)」を理解しなければならない。大事なのは、脅威は進入するものという前提を持つことだ。

/tt/news/1607/05/news01.jpg
現実はもっと微妙で複雑

危ない“IEEE802.11ac Wave 2”セールストークの見分け方

高速無線LANに多くのユーザーが注目しているが、一部の関係者は「Wave 2の宣伝をうのみにしてはいけない」と警告する。宣伝が与えるイメージと実際に使った性能はこれまでもけっこう違っていたはずだ。

/tt/news/1607/01/news08.jpg
それはもう人智を超えた領域

人類だけではもう無理──複雑怪奇なネットワークを「無線LAN分析」で制御する

無線LANの状況分析は、モバイル端末とエンタープライズネットワークの両方で管理方法に変化をもたらす。IT部門は分析結果を活用してネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。

6 月

/tt/news/1606/30/news02.jpg
期待が高まるネットワーク機能仮想化

ネットワーク機能仮想化に企業が群がる理由

NFVが普及すれば、スイッチやロードバランサーなどの専用ネットワーク機器は不要になる。今、このNFVに通信系企業が引き寄せられている。

/tt/news/1606/28/news01.jpg
IPv6をセキュアにする意外な技術とは?

「オールIPv6は危険!?」──あなたの知らないIPv6のセキュリティリスク

IPv4の限界を解決するために策定されたIPv6だが、全ての機器をIPv6化するとリスクが高まるという。IPv6の何が危険なのか? IPv6を安全に利用するために必要な、意外な技術とは何か?

/tt/news/1606/24/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?

共用のデータセンターやクラウドサービスにおいては、他の顧客がDDoS攻撃にさらされると、自社インフラにまで影響が及ぶ可能性がある。攻撃を完全に防ぐこと難しいが安全性を高めるために対策することは可能だ。

/tt/news/1606/17/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

大病院の診療もストップ、身代金ウイルス「ランサムウェア」の恐ろしさ

端末に使用制限を掛けて“身代金”を要求する「ランサムウェア」の被害が広がっている。実例を基に、ランサムウェアの実態を探っていこう。

/tt/news/1606/16/news04.gif
なぜ今「ネットワーク分離」なのか【第1回】

古くて新しい「ネットワーク分離」が“要注目技術”に返り咲いた理由

自治体を中心に採用機運が高まる「ネットワーク分離」。技術進化や脅威の変化、国の後押しといったさまざまな要素が、ネットワーク分離を再び表舞台へと引き出した。再注目の背景を探る。

/tt/news/1606/13/news08.jpg
普及を阻むのはベンダーの独善的拙速

「シンプルなファブリック」でSDNは「2016年こそ本当に」離陸できるのか

「企業はメリットのないものを決して導入しない」「従来技術によるネットワークアーキテクチャは終わりを迎えようとしている」と語るネットワーク技術者が、SDNが普及するために必要な条件を示す。

/tt/news/1606/13/news02.jpg
「自転車の乗り方は、本を読んでも分からない」

今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由

注目が高まるブロックチェーンにいつ着手すべきか? 技術標準が決まったら? 業界に普及したと感じたら? 答えは、「今」だ。

/tt/news/1606/10/news06.jpg
その手法はNVIDIA、Intel、AMDで三社三様

ゲームをやらないお堅いオフィスにもGPUの仮想化を勧めたい理由

GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。

/tt/news/1606/09/news02.jpg
なぜOcadoはロボットを作ったのか

小売業者向け倉庫管理ロボットシステムができるまで

Ocadoは、自社倉庫の課題を解決するためロボットを開発した。ネックだった制御用の通信システムも解決。これらとソフトウェアを合わせたソリューションの外販まで手掛けている。

/tt/news/1606/08/news03.jpg
あなたの全てが世界とつながる

IoTのセキュリティ守護神「ブロックチェーン」を信じてよいのか

デバイスとネットワークの進化によって身の回りのものから身に付けるものまで全てがインターネットに接続してユーザーの情報を世界中に流し始めている。こんな時代にユーザーを守る技術はあてになるのだろうか。

/tt/news/1606/07/news02.jpg
クラウド時代の「認証」再考論【第2回】

“パスワード認証の悪夢”から解放する「フェデレーション」の底力

ID/パスワード認証にまつわるさまざまな課題を一気に解決する可能性を秘める「フェデレーション」とは何か。その仕組みとメリットを整理する。

/tt/news/1606/03/news02.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】

「NFV」編──ネットワーク機器の全てをサーバで代替するNFVがなぜ普及しない

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「SDNとNFVの今後」を考えてみる。

/tt/news/1606/01/news15.jpg
学歴と資格まで評価対象

「できるネットワーク管理者」になるための条件

ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。

5 月

/tt/news/1605/25/news08.jpg
新規参入ベンダーが相次ぐ急成長分野

「とんでもない数の企業」がひしめくSD-WAN市場、2020年までの爆発的成長は約束されている?

ネットワーク専門家が注目している「SD-WAN市場の再編」「APIとSDN」「次期米大統領に望むサイバーセキュリティ政策」という3つのトピックを紹介する。

/tt/news/1605/25/news04.jpg
「機械学習」「ビッグデータ」が変えるセキュリティ対策【第3回】

「役に立たないSIEM」という“壮大な勘違い”はなぜ起こるのか

歴史の浅さや宣伝の曖昧さから、実力を正しく評価されない傾向がある「SIEM」。過大評価や過小評価に陥らないために、SIEMの現状をあらためて把握しよう。

/tt/news/1605/17/news05.jpg
「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第2回】

「次世代エンドポイントセキュリティ」は今までのウイルス対策と何が違うのか

巧妙化する攻撃を前に限界を迎えたエンドポイントセキュリティ。その課題を乗り越えるべく登場し始めた「次世代エンドポイントセキュリティ」は、今までとどう違うのか。

/tt/news/1605/17/news01.jpg
モバイルデバイスに革命か!?

「ムーアの法則」の復権──消費電力を1/100にする新トランジスタの可能性

IBMが研究を進めている「圧電効果トランジスタ」は、消費電力を大幅に抑える可能性を秘めている。CPUの高速化、バッテリー寿命の延長、デバイスの小型化などが実現するかもしれない。

/tt/news/1605/12/news06.jpg
私物ネットワークの業務利用(BYON)を評価する声も

意外に便利な“野良Wi-Fi”、それでも放置してはいけない理由とは

私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になり、今度は私物ネットワークの業務利用(BYON)が登場している。IT部門が好むと好まざるとにかかわらずである。

/tt/news/1605/11/news04.jpg
「ネズミがケーブルかじって全てダウン」は昔話でない

昔ながらの「機械の故障」が企業のセキュリティにとどめを刺す

セキュリティ対策のおかげで身動きが取れない組織は、物理的なセキュリティ対策を見過ごしてしまう。だが、この原始的な故障に対する優先度は依然として高いことを忘れてはならない。

/tt/news/1605/09/news06.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第3回】

「SDN」編──“ネットワーク管理に向いていない人類”を助けるはずだった

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、この一連の連載で主役となる「SDN」の登場経緯から派生技術までを解説する。

4 月

/tt/news/1604/20/news02.jpg
クラウド時代の「認証」再考論【第1回】

“パスワードがない世界”が目前でも「パスワード使い回し」が大問題になる理由

パスワード認証の代替技術が成熟し“パスワードがない世界”が現実のものになりつつある一方、パスワードの問題は重大さを増している。その裏にはオンラインサービスの普及と、急激には変わらない認証の現状がある。

/tt/news/1604/18/news05.jpg
「ビジネスを強くする格安SIMを探せ」【第2回】

ビジネスにおけるMVNOサービスの適材適所を理解する

仮想移動体通信事業者(MVNO)のサービスは通信費を抑えたい法人にとってメリットが多い。しかし、全ての業務を移行するのは無理がある。MVNOのビジネス導入では、その得手不得手の理解が重要だ。

/tt/news/1604/13/news06.jpg
押され気味なブレードサーバ

“元祖ブレードサーバ”であるハイパーコンバージドの弱点

ブレードサーバと似ている部分が多いハイパーコンバージド。ブレードサーバよりもコストメリットや柔軟性といった点で優れている一方、ハイパーコンバージドにもデメリットがある。

/tt/news/1604/12/news01.jpg
攻撃手法トップ10

最も利用されている攻撃手法はソーシャルエンジニアリング

セキュリティ業界で実施されたアンケートにより、使用頻度が高い攻撃手法トップ10が明らかになった。特に上位の手法に注目して、対策方法を紹介する。

3 月

/tt/news/1603/31/news10.jpg
「モバイルデバイスが全ての元凶」と力説する評論家は信じなくていい

モバイルセキュリティでIT管理者が優先すべき“神経の注ぎ先”

BYODなどの普及で、種々雑多なモバイルデバイスが企業中枢のデータにアクセスできる時代になった。セキュリティ担当者には非常に好ましくない状況だが、全てを自分で受け止めて深刻になる必要はない。

/tt/news/1603/31/news09.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第2回】

「OpenFlow」編──その実力以上に期待されてしまった救世主

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、VLANの泥沼から抜け出すために登場した「OpenFlow」について復習する。

/tt/news/1603/25/news05.jpg
超高速と超省電力、超遠距離がもたらすメリットとは

今後登場する無線LAN規格の全て、IEEE 802.11ac「Wave 2」は何をもたらす?

“ac”に代わる無線LAN新規格の策定作業が進んでいる。7GHzという高速データ通信が安定して使えるようになる一方で低速ながらも遠距離通信と省電力駆動が可能になる新規格も登場する。

/tt/news/1603/25/news04.jpg
JAWS DAYS 2016レポート

アンデルセン、ヤマハ発動機――地方企業はAWSをどのように使って生き残る?

AWSユーザーには、首都圏以外で活動する企業も多く存在する。ユーザーカンファレンス「JAWS DAYS 2016」では、アンデルセンサービスとヤマハ発動機の2社が、AWSによって得た変化を語った。

/tt/news/1603/23/news05.jpg
“無印”ネットワークスイッチのイノベーションを加速するか

Microsoftの意表を突くオープンネットワークソフトウェア「SONiC」とは?

Microsoftの「SONiC」は、オープン技術のネットワーク機能ソフトウェア群だ。ハードウェアベンダーから見ると、SONiCの登場は、MicrosoftがOSを搭載しないスイッチを求めていることを浮き彫りにしている。

/tt/news/1603/23/news03.jpg
無線接続500億台時代に備える

人力調整はもう無理、スマホユーザーが満足する無線LAN管理とは?

2020年には530億台のデバイスがインターネットに接続する時代が来る。その多くは無線でデータ通信を行う。新しいモバイルデバイスやIoT機器が急増するとIT管理者が取り組むべき課題も増えてくる。

/tt/news/1603/22/news07.jpg
「機械学習」「ビッグデータ」が変えるセキュリティ対策【第2回】

データ駆動型セキュリティの鍵、「SIEM」を見極める3つのポイント

対症療法的なセキュリティ対策が有効だといえた時代は終わった。根本的なセキュリティ対策には、社内外のデータの活用が重要だ。その現実的な手段である「SIEM」選定のポイントを示す。

/tt/news/1603/15/news03.jpg
必要以上におびえることはない

跡を残さず破壊する「ファイルレス」マルウェアの恐怖

新しいマルウェアの脅威は、システムにファイルを残すことなく攻撃できる。ファイルレスマルウェアはどのように機能するのか? そして、それを食い止めるセキュリティ対策はあるのか?

/tt/news/1602/17/news04.jpg
連載「ビジネスを強くする格安SIMを探せ」

MVNOが提供するビジネス向け「格安SIM」サービスをチェックする

仮想移動体通信事業者(MVNO)の安価な通信サービスが注目を集めている。「格安SIM」という言葉は通信費を抑えたい企業にとっても魅力的だ。しかし、“格安”なSIMが業務効率に悪影響を及ぼすことはないのだろうか?

/tt/news/1603/09/news03.jpg
マクロで捉える OpenStackソリューション選定【最終回】

OpenStackに深入りする前に読んでおきたい3つの論点

クラウド構築ソフトウェア「OpenStack」の活用を検討するときに押さえておきたい論点を、「技術」「市場」「人材」という3つの切り口でまとめた。

2 月

/tt/news/1602/26/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

無線LANセキュリティ――「あって当たり前」だからこそ忘れてはいけないこと

オフィスで、外出先で、無線LANは必要不可欠なインフラとなった。もはや使わないという選択肢はあり得ない。だからこそ安全を守るために知っておくべきことがある。無線LANのセキュリティリスクについて考察。

/tt/news/1602/26/news05.jpg
ケアレスミスほど解決が難しい

見くびっていると超難問、無線LANとWindowsの単純トラブル処方薬

IT機器管理者は多くの複雑な問題に遭遇する。しかし、無線LANに接続できないなど、基本的な問題を解決することもスムーズな運用には不可欠だ。

/tt/news/1602/24/news03.jpg
「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【最終回】

「サンドボックス万能説」を揺るがす3つの課題、その解決策とは?

今までのサンドボックス製品が抱えていた課題は、製品の進化や他製品との連係によって解消が進む可能性がある。具体的な解決策を見ていこう。

/tt/news/1602/23/news02.jpg
「機械学習」「ビッグデータ」が変えるセキュリティ対策【第1回】

「ビッグデータ」を制する者がセキュリティを制する時代へ

多様化し複雑化する脅威を前に、企業が取るべきセキュリティ対策にも変化が求められつつある。その重要な鍵となるのが「ビッグデータ」の活用だ。

/tt/news/1602/21/news01.jpg
「友達の友達」に個人情報が知られてしまう?

評価が分かれるWindows 10のWi-Fiセンサーとの“暫定的”な付き合い方

Windows 10の「Wi-Fiセンサー」は、ホットスポット共有を簡単にする機能だ。しかし、セキュリティリスクの可能性や実質的なメリット、他の共有方法と比べた安全性などに多くの専門家が疑問を呈している。

/tt/news/1602/18/news03.jpg
自動運転システムはドライバーの「守護神」たれ

Tesla Motorsは楽観的? 自動運転がどれほど進化しても残る“人の課題”

Googleの取り組みをはじめとする自動運転技術に対する注目と期待が膨らみ続けている。先進的開発関係者は、技術的課題は全て解決のめどがついたと主張するが、一方で、慎重な指摘をする関係者も少なくない。

/tt/news/1602/09/news06.jpg
その可能性と弱点と新しい技を習得すべし

モバイルアプリで知っておきたいHTML5の「完全無欠ではない」ポイント

HTML5を使用すると、モバイルアプリの開発プロセスをシンプルにできる。ただし、パフォーマンスがネイティブアプリに及ばないなどの弱点も、使いやすいアプリ開発のためには知っておきたい。

/tt/news/1602/08/news02.jpg
「標的型攻撃対策」の現実解【最終回】

“犯罪者目線”で考える、「標的型攻撃」に役立つセキュリティ対策はこれだ

標的型攻撃には、どのセキュリティ製品をどう生かすべきなのか。標的型攻撃で一般的な攻撃手順に沿って、有効なセキュリティ製品分野を紹介。併せて今後の標的型攻撃対策に求められる方向性を示す。

/tt/news/1602/07/news04.jpg
「for Business」の威力を知る

あなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う?

音声通話にインスタントメッセージなど連絡手段を統合した「ユニファイドコミュニケーション」の利用がビジネスで増えていえる。移行が容易で充実したサポートで注目のツールを確実に導入できるTipsをまとめてみた。

/tt/news/1602/03/news02.jpg
大原雄介の「最新ネットワークキーワード」

「VLAN」編──全てはVLANの混沌から

この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。まずは、現在のネットワーク環境ではこれを知らないと何も始まらない「SDN」からいってみよう。

1 月

/tt/news/1601/26/news05.jpg
「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第1回】

「エンドポイントセキュリティ」は標的型攻撃とインシデントレスポンスが変える

ネットワークセキュリティベンダーや新勢力のベンダーが、相次いでエンドポイントセキュリティ市場に参入している。なぜ今、エンドポイントセキュリティを取り巻く動きが活発化しているのか。

/tt/news/1601/21/news08.jpg
出荷台数は減少傾向にあるが

SSDで再ブレイク、ファイバーチャネルがいまだ健在である理由

ファイバーチャネル(FC)ストレージの時代はまだ終わっていない。さまざまな業界アナリストによる市場調査の結果を見ると、FCストレージはまだ広く使用されており、ゆっくりと減少しているようだ。

/tt/news/1601/21/news09.jpg
使いやすさと安全が両立

複数アプリ、サービスにスマートフォンで簡単ログイン、“SSO”は信用できる?

パスワードの適用場面を限定すればセキュリティの強度は増すが、使うアプリとデバイスが増えるほど使いにくくなる。その問題を解決するのが「シングルサインオン」技術、というが、果たして信用していいのだろうか。

/tt/news/1601/18/news03.jpg
4G LTEなら大丈夫といえるか

こんな時だからこそ気になる携帯電話のセキュリティ、安全性を高めるには?

4G LTEネットワークの進歩により、携帯電話でのデータ転送のセキュリティは強化されている。とはいえ、セキュリティは依然としてネットワークによって大きく異なるのが実情だ。

/tt/news/1601/15/news07.jpg
モバイル問題の解決策を探る

「Android」のセキュリティ問題が気になって仕方ない人に贈る5つのTips

2015年に米TechTagetで掲載したモバイル関連記事のアクセス数を分析すると、IT管理者たちは「Android for Work」「BYODデータアクセス」に注目しただけでなく、「社内アプリ開発」も気になったようだ。

/tt/news/1601/08/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

新種の「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は何が新しいのか

今や代表的なセキュリティ対策の1つとなったファイアウォール。その進化や多様化は現在も続く。主要な“新顔”である「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は、何が新しいのだろうか。

/tt/news/1601/05/news02.jpg
失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】

“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?

無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。

/tt/news/1601/03/news03.jpg
読者が選んだ、2015年「ネットワーク」記事ランキング

社内の立場と部署によって傾向は変わる? 2015年に注目されたネットワーク関連記事

TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2015年にアクセスが多かった記事から企業規模や職種の違いでどのような傾向があるのかを調べてみました。